自分に酔いすぎ!?実は引かれている間違いキラキラ女子

shutterstock_147796814 - コピー

外見もキレイで性格もよくて仕事や恋に全力で挑んでいるキラキラ女子。

自分を持ってて輝いている人ってすごく魅力的に見えるけど突っ走りすぎて間違ったキラキラ女子になってない?

努力して輝こうとしているのに何で男性は引いていしまうの!?

何でもかんでも、ちょっとした知識を持っている

何事も一生懸命なキラキラすぎ女子は色々な職種、ニュース、流行っているもの、習い事など何でも色々やりすぎて突き詰めたものがあまりない人が多いです。

そりゃそんなにいっぺんに全ての事は覚えられないのはしょうがないのですが中途半端な知識を身につけてひけらかされても結局あなたは一番何がしたいの?と思われちゃうかも。

自分でも全部私は頑張っていると酔っているけど男性からすれば「飽き性で、継続性がない」と思われて本当の彼女にはなれない可能性大。

色んなことに意欲的なのはいいけれど本当に好きなものは何なのかきちんと見極めて行動しましょう。


無駄にアクティブ

そんなにはまっているわけでもないのに海、BBQ、ホームパーティなど皆が集まっていて騒いでいるような女性って友達が多くてよく見えると感じてしまいますが実際男性からすれば友達としてはいいけれど付き合うと考えると、そこまでアクティブだとヤキモチ焼いてしまいますよ!

また、間違いキラキラ女子はたいして仲良くない人たちでもパーティや遊びに行ってしまいます。こんなに色々な人と輝いてる私素敵!と自分に酔いすぎです。

たまにならいいと思いますが、あまり頻繁にやりすぎると本当に好きな人・友達は誰なのか?分からなくなってしまいますよ。

すぐに集合写真を撮りたがる

間違いキラキラ女子は「私はこんなに友達もいて人生楽しんでるのよ!」アピールを過剰にする傾向があります。TwitterやFacebookなどでのSNSに皆で写真を撮ったものをアップしてリア充を演出します。

また、人数が多ければ多いほど、たくさんの友達と遊んでいるアピールを周りに発信したがるので、出来るだけ集合写真を撮ろうとせがんできます。

自分は誰かといつも一緒にいるから寂しくないし友達もたくさんいて、日々充実していると誰かに発信して、客観的にもそう思ってほしいのです。

このようなタイプは本当は自分に自信がないか学生時代は友達が少なかった人に多くいる傾向です。

でも本当に大事な人ってそんなにたくさんいません。広く浅くでもなく、深い友達を見つけることも人生において醍醐味ではないでしょうか。また、男性にしてもいつまでたっても本当にあなたのことを好きになってくれる人も見つからないですよ。

メイクやファッションを周りに合わせる

間違いキラキラ女子は最近流行のものを意識する、でも過剰にやれば目立ってしまうので周囲に合わせた平均のメイクやファッションを心がけます。

また、年上にも好かれるようなナチュラルメイクかつ少しポイントを入れて濃いメイクは大半の人が好きではないのでしません。

もう癖になってしまっているのでしょうが、あなたの本当に好きなものは何ですか?適度に突出したいが、あまり突出はしすぎたくないので平均より少し上ばかり狙っていませんか?

周りの事を意識し過ぎてて、自分というものを見失っている人が多いのが間違いキラキラ女子。

本当のキラキラ女子とは自分の好きなことを全力でやっていてなおかつ見た目にも気を使う女性の事です。自分というものをしっかり持っていきましょう。

中途半端に読書家気取り

自己啓発やライトノベルのものをよく読んで読書してますアピールをよくします。

自己啓発やライトノベルが悪いというわけではなく流行っているからという理由で読み、好きな作家は?と聞くと大概有名な作家しかでてきません。

本当に読書家の人が「あの~~ところどう思った?」なんて聞いてもちゃんと読んでいない、読んだふりをしているだけなので「泣けたー」とか「あそこいいよねー」と当たり障りのないことしか言いません。

男性で読書が好きな人は本を読みこんでなぜあの場面ではこうなったかなどを考えるのが好きなのでその答えだと「あ、この子よく分かってないな」と思われます。

例えばもしその本を読んでよく分からなくても「~~~のセリフって結局どういうことだったんだろう」などと言うと読書好きの男性は大概食いついてきます。

男性は「俺が教えてあげている」感が好きなのでそれならいっその事分からなかったので教えてほしいと素直に言ったほうが何倍も可愛い女性になれますよ。

間違いキラキラ女子に共通するのは「本当は自分に自信がない」「色々なものに手を出し過ぎ」「みんなで一緒に」というところですが意外と男性はこういうことはすぐに見抜いてしまいます。

なぜなら女性だけならまだしも、男女とも共通して仕事でも信用性が低い人間の特徴でもあるからです。

まず自分の芯は何なのか、本当に好きなものは何なのかをしっかり見極めて「自分」を持っている素敵なキラキラ女子になってくださいね。