彼氏に求めるのは「安定した仕事」シビアな現代を生きる女の選択

5
「結婚相手にはどんな仕事に就いていてほしいですか?」こんな質問を独身女性にしてみました。すると彼女たちからは、いたって控えめな回答が。

人から羨まれるような派手な仕事じゃなくてもいい。稼ぐために犠牲を払うような仕事はしてほしくない。

これが、多くの女性が彼氏や夫に望む働き方でした。貪欲さに欠けた「ゆとり」を感じる一方で、今後の「幸せの形」が見えてきました。

選ぶならこんな男!

3
仕事のために何かを犠牲にするくらいなら、普通でいいと話す彼女たち。

では具体的に、どんな男性を求めているのでしょうか。そこから理想のライフスタイルも垣間見ることができました。

年収は高くなくていい

彼は普通のサラリーマンで、年収は400万円くらいかな。私は300万円ほどです。そのうち一緒に暮らして、結婚資金などを貯めるつもりです。

上を見たらキリがないでしょうけど、私は特別不満に感じてません。ふたりの収入を合わせれば、生活していくのに問題ないですよね。

結婚したとしても、子どもができるまでは働くし産後復帰もしたいと思ってます。今どき共働きなんてあたり前だし、こんなもんじゃないですか?

残業は少なめで休みもしっかりほしい

私の彼氏は27歳で、ベンチャー企業に勤めてます。仕事はやりがいもあって楽しいらしいけど、私はちょっと不満です。

まず、人材が不足しているせいで一人あたりの仕事量が半端なく多いこと。残業で午前様なんてあたり前だし、時には休みを返上して仕事しに行ったりもするんですよ。

今はまだ若いから体力的に平気かもしれないけど、これから一生だと思うと無理がありますよね。それに結婚しても生活サイクルがバラバラで、すれ違いになりそうだし。

できれば安定した仕事に就いて、つまらなくてもいいから無理しないで済む仕事をしてほしい。やりがいも大事だけど、結婚するなら話は別ですもん。

野心家よりも「普通」の男がいい

元彼は若くして起業した、いわゆるやり手の男性でした。友だちとか周りには羨ましがられましたし、私も彼を尊敬してたんです。

だけど結局、同棲を始めて半年くらいで別れちゃいました。もちろん当初は結婚するつもりだったんですけど、一緒に暮らしてみたら大変だったんですよね。

起業家ってツテもコネも自分で広げていかないといけないじゃないですか。呼び出されれば何時でもどこへでも出かけないといけないし、電話は鳴りっぱなし。

とてもじゃないけど結婚なんて考えられなかったです。私が彼を支えることに徹底できればよかったのかもしれないけど、それは私の理想じゃなかったんです。

それ以来、結婚するなら普通が一番って思ってます。

平均レベルの男性を求めるワケ

2
結婚するなら仕事一筋なお金持ちよりも、何もかも平均的な男性のほうがいい。

一見すると欲がないように思えた彼女たち。しかしそこには働く女性ならではの理想と現実のギャップが関係していたようです。

贅沢よりも身の丈に合った暮らしがしたいから

お金があればできることにはキリがありません。夢に描いたような生活を送ることができるのです。それなのになぜ、女性は年収にこだわらなくなったのでしょう。

そのひとつには「諦め」が挙げられるでしょう。いつまでも夢みたいなことを言っていられるほど、世の中は甘くない。高収入があたり前でないことは、自分が一番よく知っているからです。

そして何よりも、お金に執着してガツガツしているさまが「みっともない」と感じるからではないでしょうか。確かに、好きな人を年収から探すような真似はなかなかできるものではありません。

お金で幸せは買えない。身の丈に合った暮らしが一番。よく聞くフレーズですが、今どきの女性にとってリアルな言葉であることに間違いはありません。

家庭は一緒に作っていくものだから

離婚理由の中で多いのが「夫婦のすれ違い」なのをご存知ですか?結婚しても同じように二人の時間をもちたいという理想と、現実とのギャップに悩む夫婦は多いものです。

結婚は共同作業なのだから、妻に任せっきりなんてありえない!女性も働いているのですから、この考えに至るのは当然です。

けれど男性の中には「仕事をしていても妻には妻として支えてほしい」そう思っている人が多いのも事実。実際、共働きをする妻の大半が自分の負担が大きい」と感じています

その挙句に、仕事を理由に家庭を疎かにする。これでは幸せな結婚生活など送れません。女性がパートナーと「協力しあうこと」にこだわるケースは、今後も増え続けるのではないでしょうか。

ストレスを家に持ち込んでほしくないから

寝ても覚めても頭の中は仕事でいっぱい。そんな「仕事大好き人間」は今、女性から敬遠されつつあります。それは家庭への理想が明確にあるからだと言えるでしょう。

働く女性にとって「家」は、家族の帰りを待つだけの場所ではなくなりました。自分も疲れて帰り着く場所であり、ようやくリラックスできる空間なのです

その空間にストレスを持ち込まれれば、心が安らぐ場所はどこにもないのです。それでは「生活を楽しむ」ことさえできなくなるでしょう。

外で様々な問題とぶつかっているのは男性も女性も同じこと。それをきちんと自己完結できないような男性なら、結婚したいと思えない。そう思うのは当然ですね。

あなたの幸せにはいくらかかる?

1
結婚するならこんな人がいい。あなたの中の理想もだいぶ固まってきた頃でしょうか。

そんな皆さんへ最後にお伝えするのは、ちょっと具体的なお金の話。今後の参考にしてみてくださいね。

今どきのお金事情

まずはある年の男性の平均年収を見てみましょう。

20代後半 371万円
30代前半 438万円
30代後半 499万円

続いて女性の平均年収です。結婚や出産により30代前半の平均年収が減っているのがわかります。

20代後半 295万円
30代前半 294万円
30代後半 297万円

共働きか専業主婦かの選択肢

独身女性へのアンケートでは、結婚相手に期待する年収は400万円から600万円が一番多いと言われています。控えめな結果なのは、自分の年収を考慮してのことでしょう。

先ほど挙げた男女別の平均年収によれば、30代前半の夫婦の年収を合計すると732万円です。

けれど実際には、ここから子どもを預ける費用を引かなくてはいけません。住む場所によっても大きく変わりますが、妻の収入の半分が保育費に消えることも珍しくありません

一方で理想の「世帯年収」は800万円から1千万と、現実とは少し開きがあるようです。誤解のないように言いますが、800万円の年収でなくても子供をもつ生活はできます。

毎日外食、休みには豪遊などの贅沢をしなければ、600万円で十分に暮らしていけます。もし専業主婦を考えているならば、ひとつの目安にしてもいいかもしれませんね。

幸せのカタチ

4
お金も仕事も普通でいい。多くの女性が求める幸せの形を、小さい理想だと笑う方もいるでしょう。

けれど普通を求めることは「足並みを揃えて一緒に歩いていく」というポジティブさの表れでもあります。彼との幸せな未来のために、悔いの残らない選択ができますように。