振られたら後がない!アラサー女子の年下彼氏を絶対逃さない方法

1

20代の頃は年下なんて絶対無理と思っていた人でも、アラサーになってくるとまんざらでもなくなってくるもの。最近では1才2才差なんて普通で、「私が小学校6年生の時彼は1年生」なんてことも増えてきていますよね。

年下彼氏との恋愛ってどんな感じ?メリットとデメリット

2
今まで同年代や年上と付き合ってきた人だと、年下彼氏との恋愛は新鮮に感じるでしょう。しかも相手は恋愛対象に見てもらおうと必死になってきます。猛烈アタックを受けて付き合うようになったカップルも少なくないのではないでしょうか。

許せないことも許せちゃう

年下彼氏だと「まだ若いし」という感じに、おじいちゃんが孫を可愛がるような症状に陥ります。それがいいのか悪いのかは別として、喧嘩に発展しにくいメリットは大きいです。

同年代だとどうしても張り合ってしまったり、年上だとバカにされているような気がしてしまうようなことでも、年下彼氏には何とも思わなくなります。

しかも、相手はこちらを尊敬さえしてくれます。女性でも頼られるのは嬉しいですよね。男女平等の社会で、女性も認められる快感を感じたいもの。会社では不甲斐ない扱いを受けていても、プライベートで男性に認められていたら多少のことは我慢できそうです。

結婚はまだまだ?彼は働き盛りの20代

最大のデメリットは結婚についてです。そろそろ結婚って考えた時に、彼はまだ20代。男性の方が結婚への意識が薄い上に、年下だと結婚の話を持ち出すのも気が引けますよね。話を持ち出して気まずくなるかも知れません。仕事だって若ければ若いほど、これからって人が多いはずです。

しかも、今別れたらまた一から探さなければなりません。アラサーで結婚を焦っている上に、年下の彼氏と付き合うこと自体が結構な冒険ってわけです。

しかし、今の彼氏と仲良くやっていければ、何の問題もなくいつかは結婚になるのではないでしょうか。そこで、年下の彼氏と仲良くやっていく方法をお教えします。

「年の差なんて関係ない」はウソ!年下彼氏をうまく操る方法

1
年の差が大きければ大きい程、男性は卑屈になります。こちらが若い女性に負けるのじゃないかと不安になるように、彼にも不安はたくさんあるのです。年上の彼女に包容力を求めるといいますが、きちんと細かい所まで包んであげるようにしましょう。

絶対禁句!元カレ話

彼と自分で絶対的に違うのは、恋愛経験の差です。個人差はありますが、5歳差であれば5年分はあなたの方が多く恋愛を経験しています。自分に恋人がいなかったとしても、同年代の友人の話を聞いたりと、大人の恋愛を知っていますよね。

しかも元カレが自分より年上の大人の男性だと思うと、それだけで負けているような気になるのです。デードで行ったことのある場所もあなたの方が多いはず。

元カレ話は絶対にしないで下さい。彼とのデートで恋人と行くような場所に行くのなら初めてのふりを、誰とでも行けるような場所なら友人と行ったふりをしてあげて下さい。

年の差を口にしない

こちらが気にするのと同じくらい彼も年の差を気にしています。音楽やテレビ番組でのジェネレーションギャップ話くらいならいいですが、仕事や人間関係の悩みで「若いなあ」は禁句です。年の差を感じないくらいしっかりしてる、といちいち口にして言ってあげて下さい。

もちろん彼はあなたの大人な部分に惹かれたのだと思いますが、長く付き合っていく為にはやはり男性を立てなければいけません

いくら年上女性が包容力があるからといって、それだけではいつかは捨てられます。もしくは、母親みたいになってしまって、何もしないダメ男になってしまいます。

男性には女性を守る本能があることを忘れないで下さい。たまには彼に甘えるようにして下さい。あなたが「年下のくせに」と彼のしっかりしている部分に惚れ直すように、彼はあなたの「年上のくせに」というギャップにやられるでしょう。大人な部分と甘えたな部分をうまく使い分ける必要があります。

外見を綺麗にする

年の差カップルが一番気になるのは見た目です。2,3歳差ならあまり分かりませんが、離れれば離れる程親子みたいに見えたりします。外見で選ばれたわけではなくても、気をつけている態度が大切です。あからさまにアンチエイジングをアピッて下さい。自分の為に綺麗になろうと努力していることが、男性にとっては嬉しいのです。

たいてい年下彼氏と付き合っていると、自然と外見に気を使うようになるのもです。彼の周りには若い子たちがうようよしています。毎年毎年彼の職場には更に若い子たちが入社してくるのです。

若さにはかないませんが、自分と同年代の女子には努力しだいで勝てるはずです。そして彼の為ではありますが、きっとあなたの自尊心にも繋がるでしょう。

周りなんて気にしない!彼とあなたの時間を大切に

2
周りになんて言われようと彼とあなたは恋人同士です。彼もあなたのことを大切に思っているのであれば、あなたの年齢のことも含め将来のことまで考えてくれているはずです。焦って失敗する可能性を考えると、今は彼との時間を楽しく過ごすことを考えてみてはいかがですか?