好きな人ができない・・・アラサーが陥りがちな失敗パターン3例

好きな人ができない・・・アラサーが陥りがちな失敗パターン3例のイメージ画像

周りが次々と結婚や出産を経験する中、私だけが音沙汰なし。彼氏はもちろん好きな人だっていない。

迫りくるプレッシャーから、間違った選択をしてしまった女性たち。焦りは禁物、なエピソードをご紹介します。

行き当たりばったりな恋に走る女

彼のココが好き。そんな決め手がないまま、とりあえずアプローチ。一度二度はデートするものの、ちゃんとした交際に発展しない。

そんなことを繰り返しながらも「数打てばいつかは当たる」的な考えから抜け出せない女性の例です。

A子の不安

年に数回、学生時代の友人たちとの集まりがある。もう長い付き合いになる私たちの顔ぶれは変わらないけれど、ここ数年は話題が変わってきた。

ひとりに彼氏ができたと思えば、別のひとりは結婚が決まったり。数ヶ月後に出産を控えた、また別のひとりがいたり。自分と同じ歳とは思えないくらい、友人たちの環境は進展していく。

どうしよう。このままだと私だけが取り残されちゃう!一生独身なんてイヤだ・・・そんな不安で頭がいっぱいになる。

だから私は、出会いを大切にする。合コン・街コンと聞けば、第一優先。だって合コンがきっかけで交際、そして結婚なんて最近じゃ当たり前でしょ?

失敗例「つき合ってから好きになればいい」

将来のことを考えると、なるべく早く結婚相手を見つけたい。だって私、もう30になるし。体力があるうちに出産だってしたい。

正直、出会いはたくさんある。合コンに行けば話が合う人が一人くらいはいるし、いなかったら無理にでもターゲットを絞るから。生理的に無理でもない限りは、連絡先を交換してデートにつなげる。なんだか悲しいけど、もう慣れたもの。

気がつけば月に数回の合コンとデートを繰り返している私。そこまでしてるのに、一向に彼氏ができない。決して私の理想が高いわけじゃない。ただ、デートしてみるとお互いに「あれ?」なんだか合わない。

合コンのときは確かに盛り上がったはずなのに。こんな愚痴っぽい人だったっけ?とか、この人は全く私に興味がないんだなぁとか。また会う約束をすることは、ほとんどない。

不毛な努力だって思いますか?だけど、放っておいても好きになってもらえるような人たちにはわからないでしょうね。私みたいな見た目がイマイチな女は、いつか「当たり」をひくまでは続けなきゃならないんです。

短期集中!ファーストインプレッション重視型

合コンと聞けば必ず参加
声をかけられれば即OK
そろそろお見合いパーティーへの参加を考えている

恋には積極的で、いつでも出会いの場にいたいと思っています。合コンではその場の空気を楽しみつつも、目は真剣そのもの。

少しでも会話が盛り上がれば「脈アリ」と判断し、一気にスパートをかけます。男性側も悪い気はしませんから、案外簡単にデートまでこぎつけることができます。そのため成功率は悪くありません。

しかし、なかなか交際につながらないのが惜しいところ。相手をよく知らないまま関係を進展させようとするため、いざデートしてみると価値観などの食い違いが生じることもしばしばです。

友だちに頼りすぎてしまう女

「誰が紹介して!」久しぶりの女子会でも、真っ先に出る言葉がこれ。

贅沢は言わない、まともな人なら誰でもいいから・・・と必死になるも、なかなか出会いに恵まれない女性の例です。

B子の焦り

最近、出費が多い。ご祝儀に出産祝いと、お祝いだから仕方ないけど少し辛い。祝ってばかりで見返りがないことに加えて、自分には縁遠いイベントのような気がするから。

私からすれば「幸せな悩み」なダンナの愚痴や子育ての苦労話。会話についていけなくなってきたこの頃。なんとか明るく振る舞いながら話に加わり、家に帰ればグッタリ。顔で笑って心で泣く、まさにそんな感じ。

でも恋愛や結婚に成功した人の話を聞けば、なにか参考になるかもしれないし運気も上がるかも。そう思うから、もはやママ友化してきた集まりにも顔を出すようにしてる。

失敗例「誰でもいいからお願いします」

そもそも私、どうして彼氏ができないんだろう?自分では高望みしているつもりはないし、誰とでも恋愛するつもりはあるのに。なぜか出会いがないのよね。

一度だけ友だちが仕切った合コンに呼んでもらったけど、それっきり。参加してた男子メンバーが、たまたま全くタイプじゃなかったから誰とも盛り上がらずに終了。いくらなんでも少しくらい好意をもてないと、次また会いたいって思えないもの。

これに懲りて合コンには行かないことにした私。友だちですら把握してない男子メンバーに期待したのが間違いだったのね。それより有力なのは、顔も中身も知ってる友だちの「友だち」でしょ!

そう気づいてからは、とにかくアピール。「誰か知り合い紹介してよー」よく集まる友人たちにはもちろん、久しぶりに会った友だちにも懇願。なのに、一向に話がこない。どうして誰も紹介してくれないの?もう友だちだけが頼みの綱なのにー!

友人のツテだけが頼み!他力本願型

・「誰か紹介してが口癖
出会いがないと悲観している
男なら誰でもOKと言いつつも好き嫌いアリ

恋愛することを望んでいるのに機会がない、このままじゃマズイ!とかなり真剣に焦っています。ターゲットにしているのは友人たちの知り合い。

結婚している友人の話や恋愛話を聞くのが好きで、自ら話題をふったりします。しかし、ひとしきり盛り上がった後で一人ふさぎこむことも。祝福し切れない罪悪感が、さらに彼女を苦しめます。

そんな彼女を見る周囲の目は冷ややか。それは「誰でもいい」と言いつつも実は選り好みすることを、皆が知っているから。誰も真剣に知り合いを紹介しようとはしていません。

新しい恋に臆病になる女

ずいぶん前に別れた彼のことが忘れられず、楽しかった思い出ばかりが頭をよぎる。

事実と向き合う勇気が持てず、次に進むための「気持ちの切り替え」がなかなかできない女性の例です。

C子の諦め

私C子は、どちらかというと内気なタイプ。仲のいい友だちも限られているし、もちろん男の友だちなんて皆無。

そんな私も最近は結婚や出産を意識するようになってきた。きっかけは友だちに子どもができたこと。結婚前の妊娠だったから、いろいろ大変だったみたい。だけど無事に入籍した彼女はとても幸せそう。

「できちゃった婚はオススメしないけど、子ども産むなら早いほうがいいよ」彼女にそう言われると、急がなきゃいけない気もする。ぼんやりと、だけど・・・

失敗例「やっぱり彼じゃなきゃ」

私が結婚はおろか恋愛に前向きになれない理由。それは元カレが忘れられないから。引きずっているというより、未だに片思い中と言ったほうが正しいかも。

数少ない友人の結婚が決まり、私が仕事終わりや休日に出かける機会は激減した。けれど決して暇なわけじゃない。最近になって彼が始めたSNS。それを欠かさずチェックするようになったから。

一日に何度か投稿されることもあれば、全く音沙汰がないまま数日が経ったりする。彼が友だちと飲んでいるところや、フットサルの練習風景だったり。彼が今、誰とどんな風に毎日を過ごしているのか気になって目が離せない。

だけど一番の関心は「彼に女の影がないか」ということ。もし誰ともつき合ってないなら、また私とやり直してくれるかもしれない。可能性が1%でも残されてるうちは、別の誰かを好きになれるはずがない。合コンなんて無理。そんなわけでフリーのまま、2年が経とうとしている。

他の男に魅力を感じない!元カレ依存型

ひとりでいると元カレを思い出す
合コンには参加したくない
元カレのSNSをチェックしている

出会いの場に出ていくことが苦手で、大勢でわいわい騒ぐのも得意ではありません。仕事帰りに飲みに行くこともなく、無理に予定を入れようともしません。

暇さえあればスマホに向かい、チェックするのは元カレのSNS。最近の投稿はもちろん、交友関係までくまなく目を通すことは日課になりつつあります。

「好きな人ができないのが悩み」そう友人には言いつつも、実は深刻に捉えていません。気になるのは元カレのことばかりで、あわよくば復縁したいと願っています。

明日のことより1年後を見すえて

まわりの人の幸せな話を聞くと、ひとり取り残されたような気持ちになる。けれど焦りは禁物、手軽な恋や終わった恋に未来はありません。

少しくらい人から遅れたとしても、自分だけの幸せをつかむことが恋愛の本質です。恋人作りを1年後に設定し、じっくり取り組むのもいいのではないでしょうか。