歳の差のあるバツイチ男性とうまく交際していく方法

歳の差のあるバツイチ男性とうまく交際していく方法のイメージ画像

最近では男性も女性も離婚を経験している人が増えてきました。昔離婚を経験した人は、結婚に向いていない、欠点が多いと考えられていましたが、今はそうではありません。

離婚を経験した男性は、失敗を積み重ねているのでより魅力を増しているという考えをする女性が増えてきています。結婚生活を経験しているので、女性に対して強い理想像を持っておらず、一緒にいて楽であるということも一つの魅力です。

また結婚できない男性よりもバツがついていても結婚を経験している男性の方が魅力的な部分を多く持っているということでもあります。

バツイチ男性は本来の女性の姿を知っていますが女性として扱ってもらうことができないというわけではなく、過度な期待を持った女性像を求められないので、自分らしくいることができるという意味です。

現実的な部分とセンチメンタルな部分を併せ持っているバツイチ男性はやはり女性から見て魅力的なのです。しかしバツイチの彼はいろいろな地雷を抱えているので、付き合い方を間違えてしまうと地雷が爆発してしまうかもしれません。

ここではそんな地雷を抱えている年上のバツイチ男性とどのようにしたらうまく交際を続けることができるのか、というポイントを紹介していきます。バツイチ男性の魅力を思う存分楽しみながら、楽しい時間を過ごしていきましょう。

しつこく彼の過去を聞かない

バツイチの彼は過去をしつこく聞かれるのを嫌がります。離婚をするということは体力を使う事はもちろんですが、精神的にもダメージが大きいです。

すんなり離婚できたのならいいですが、揉めて泥沼離婚を経験した男性は、思い出したくもない過去として離婚を封印しているのです。

バツイチ彼と円満に交際したい人は、なるべく過去のことは聞かない事です。どうしても過去のことを聞きたいのであれば、交際をはじめる前にさらっと聞くようにするといいでしょう。

交際をはじめる前であればお互いのことをよく理解し、信頼を深めていく時なので過去のことについて聞いても彼は嫌な気分にはならないでしょう。

また数回であれば過去のことを聞いてもOK。しかししつこく聞いたり、彼が言いたくないところまで話を掘り下げていくのはNGです。

本当に聞きたい事だけを聞いて、興味本位で知りたいことは、聞かないのがベスト。今の彼を信じて向き合うようにすれば、彼も貴方のことだけを見てくれますよ。

彼の決めたことに対して口を出さない。

離婚を経験しているということは、前の奥さんやもしくは子供がいるということです。子供がいない場合は、前の奥さんと会うことはないかもしれませんが、子供がいる場合は話が別です。

子供がいる場合は、離婚をするときにいろいろな取り決めをしている場合がほとんどです。子供に支払う養育費や子供と面会できる頻度など事細かに決められています。その取り決めに対して貴方がとやかく口を出すことはよくありません。

バツイチなので、過去にいろいろな事があるのは承知の上ですよね。過去も大切にしたいと考える彼に貴方が余計な口を出してしまうと、彼は当然いい気持ちになりません。

過去を含めて現在の彼ですので、過去に取り決めが行われた部分に対しては口を出さずに受け入れることが賢明です。すっきりしない気持ちもあるかと思いますが、それを含めて彼ですので、彼のすべてを受け入れてあげてくださいね。

彼の悪いところを探してみる

離婚を一度経験しているからといって、彼を結婚不適合者と決めつけることはできません。結婚と離婚は一人ではできないものです。相手の女性に問題があったかもしれませんが、結婚していた当人にしかそれはわからないことなのです。

相手の女性に問題があって離婚しているかもしれませんが、もしかしたら彼に問題があって離婚することになったのかもしれません。それを見極める必要があります。そのために彼のいいところだけはなく、彼の悪いところを探すようにしてみましょう。

一度離婚をしているということは、何かしら彼にも問題があるということです。恋は盲目というように、相手のことが大好きな期間はいいところばかり目に入ってしまい、悪い部分には目をつぶってしまいがちです。彼の本性を知るためにも彼の悪いところを探してみましょう。

彼の悪いところを見ようとすると何かしら気になる部分があるはずです。バツイチ彼といつかは結婚したいと考えているのであれば、その部分がこれからの障害になりえる部分です。

元は他人である男性と結婚して一緒に生活をするということなので、誰と結婚しても意見の食い違いや気になる部分はあるものです。すべて価値観の合う男性と出会うことができるのは奇跡に近いことです。

バツイチ彼の気になる部分を見つけたからと言ってすぐに別れるべきである、ということではありません。それを受け入れ、許すことができるかどうかが重要なのです。

彼の悪いところを見つけて、貴方が彼との関係を続けたいと思うことができるか判断する材料として利用してみてください。

金銭感覚、女性関係、健康状態を確かめる

相手の悪いところを探す、と言っても実際どのように探せばいいのかわからない女性もいるかもしれません。結婚を考えている男性を判断するときに3つのポイントを確認しておきましょう。

まずは、金銭感覚です。お金遣いが荒いなど金銭感覚がおかしい男性とは結婚してもうまくいきません。

決まった額の中でやりくりができているか確かめましょう。毎月稼いでくる以上に趣味にお金を使ったり、貴方からお金を借りるようであればおすすめできません。

お金に対してルーズな人は、基本的にお金に対する考え方を変えることができません。本人が変わらない限りお金遣いに関しては変えることができないのです。貴方が彼にいろいろな意見を言っても考えを変えることはない、と思っていた方がいいでしょう。

またお金に対してルーズな人は、お金に関してだけでなくいろいろなことに対してルーズになっている可能性が高いです。

次に女性関係も見ておきましょう。

貴方以外の別の女性と連絡を取っている、浮気を繰り返しているなど女性関係にルーズな男性もおすすめできません。女性関係にルーズな男性は女性を軽く見ているところがあり、結婚しても辛い思いをすることになります。

最後に健康状態も確認しておきましょう。

特に若いときは健康状態など交際していく中で関係ないと考えがちですが、それは間違いです。暴飲暴食、ヘビースモーカーなど自分の健康管理ができない人は、精神的に弱く自分をコントロールできない人がほとんどです。

また結婚するとなると健康が第一になります。自分の健康も管理できない彼が、貴方や将来できるかもしれない子供を守ることができるでしょうか。

バツイチ彼は人気がありますが、バツがあり過ぎるのも問題です。結婚と離婚を繰り返すことができるということで、一応彼はモテます。しかし離婚歴が一回ではないということは、どこかに大きな問題があるということです。何個かバツがついている彼はやめておきましょう。

バツが数個重なっている男性は女性を惹きつける魅力はあるけど、問題は山積みという物件です。そのような物件は手を出さない方が賢明です。普通の女性が相手を出来る相手ではないのです。

しかしバツイチ男性は、貴方次第でどうにかなります。一回結婚して失敗したことを前向きにとらえている男性はたくさんいます。同じ失敗は繰り返さない、という強い意思を持ったバツイチ男性がたくさんいるのです。

彼の地雷を踏まないようにうまく交際を続ける事で、結婚という未来が見えてきます。一度結婚を経験し女性の本性を知っているバツイチ彼の前では貴方は素の自分を出すことができます。気負いせず楽しくバツイチ彼と向き合っていきましょう。