いじられキャラを上手く使え!モテる女へ変身する為のひと工夫

shutterstock_2326024683

男女関係無く皆から好かれる最強なキャラクター、それは「いじられキャラ」です!飲み会はもちろんその子がいると盛り上がる上、何よりその場の雰囲気が明るくなります。

誰とでもすぐに仲良くなれて、ワイワイと楽しめて…印象としては「感じの良い子」と思われているのは間違いないのですが、なかなかモテないのが困ったところ。

わざと天然を装ったり、ぶりっこをしていても女性からは嫌われてしまいますし、男性だって見抜きます。嫌いな人はいじるよりも無視をする人が多いですよね?

そう、「いじられる」と「愛される」はイコール なのです。愛されているキャラだと言うのなら、あと一歩工夫して「モテる女」へと変身したくはないですか?

いじられキャラの特徴と、モテる女へなるためにプラスで行うひと工夫をご紹介しますので、「女芸人のようなポジション」は脱出しましょう!


いじられキャラは愛される為の天性の才能を持っている!

shutterstock_2257652025
いじられキャラって何だか一緒にいて楽しいですよね。見ていて可愛いし、本人は何も狙っていないので真似をしようと思ってもなかなか出来るものではありません。そんないじられキャラって、そもそもどんな所が好かれているのでしょうか?

愛嬌があって明るい!一緒にいて楽しくなる

ダントツの人気はこれ!いつも場を和ませてくれてその子が一緒にいるととっても楽しいので、皆で遊ぶ時には一番に誘ったり、その子の予定を聞いてから来られる日で計画を立てるという人も珍しくありません。

笑顔はもちろん、くるくる変わる表情が可愛い

一緒になって笑うので、その子といる時はつられていつも笑顔!喜怒哀楽の感情を隠さずに発信する為、くるくる表情が変わるのが可愛くて、つい構いたくなってしまうとの意見が多いようです。

リアクションが大きい!可愛いおバカさも人気

皆が知っていることでも恥ずかしがらず、知らなかったことは素直に「えー?知らなかった!私だけ??」と見栄を張らないところが人気です。リアクションも大きいので話していて気持ちが良いし盛り上がるところも好印象です。

どんな人とも仲が良い!男女関係無く好かれている

男性からも女性からも好かれていて、まんべんなく誰とでも仲良くすることが出来ます。性別、年齢を問わずに場が盛り上がるのを、とても羨ましく感じている同性も少なくありません。

ただのバカではない「やる時はやる」人だと皆が分かっている

いじられキャラは、仕事は責任を持ってやっていたり成績は普通から上位だったりする場合がほとんど。誰にも迷惑がかからないプライベートの時にオフモードなので、誰からも苦情が出ることなく「面白い奴」として認識されています。

オープンなので、気を使わないし素を見せることが出来る

いじられキャラと一緒にいると気を使わないし、絶対に人に嫌がることは言わない。リラックスして接することが出来るので、相手のオープンさにつられて、自分も素を見せることが出来てとても楽ということからまた遊ぼうと思われます。

ただ一言、「いじられキャラ」と言っても色んな愛されポイントがつまっていますよね?これが計算しなくても出来ているのだから、本当にいじられキャラはお得です。

一緒にいて楽しいと思われるなんて、女性として恋愛は一歩リードしている と言っても過言ではありません!

実は人知れず傷つくことも多い、いじられキャラ…

shutterstock_9925170477
皆から好かれて、いつも話題の中心にいて羨ましいと思われるいじられキャラですが、実は結構傷つくことだってあるのです。しかも、場の雰囲気を壊さないように明るく接することが多いものだから、余計に誰にも気付かれず1人で苦労していることも珍しくありません。

「いじる」と「いじめ」を履きちがえている人からも標的になる

いつも明るくて、その子をいじると盛り上がるものだから、つい標的になってしまういじられキャラ。時には「言いすぎ!もはやいじめ」レベルのキツイいじりの相手をすることも…。黙ってしまうと「ノリが悪い!冗談じゃん」と悪く言われる為、自分を下げるかバッシングを受けるかでストレスが溜るという人も少なくありません。

見下されて「何を言っても良い相手」と勘違いされる

いつも盛り上げる方向に持って行ってくれるので、「何をいっても良い相手」と勘違いをされることもしばしば。特にあまり仲良くない人や、場合によっては年下などからも何故か失礼な態度でいじられたり、なめられたり…あなたとはそんなに仲良くない!と思う場合も多いのです。

真剣な時もネタにされたり、話を聞いてもらえなかったりする

真剣な相談や話をしている時にでも、「何?今日真剣だね?似合わなーい」とネタとして処理されたり、「あんたがこんなこと言うなんて」等、スルーされてしまったりする時に真剣に聞いて欲しいのに!ととても悲しい思いをすることも珍しくありません。

女として意識されず、彼氏ゲットから遠ざかる

盛り上がり役としてとても人気もありますし、男性からもいっぱい親しげに話してもらえるものの…「男友達の延長として」「女芸人のような」扱いで、彼氏ゲットの道からはかなり遠ざかってしまいます。

お得なことばかりだと思っていたいじられキャラも、人知れず苦労はしています。特に共通して言えるのは「多少失礼なことも許してくれるのではないか」 という、いじり側の甘えからエスカレートしていく場合も少なくありません。

場を壊したくないのは分かりますが、あまりに度を過ぎた時は、「本気で嫌がる」「辞めて欲しいと言う」対応も遠慮なくして下さいね!

女として見られないポジションは脱出!モテる女へのひと工夫!

shutterstock_25611446115
「話しかけやすい雰囲気」「話していて楽しい」「表情が可愛い」「構わずにはいられない」とせっかくモテる要素がたくさんあるいじられキャラ。

男性はプライドが高い人が多いので、「いじってくる女性」は生意気、ウザイと感じる人が多いようです。それよりも自分がいじってついつい可愛がりたくなる「いじられキャラ」の方が好印象を持っています。

それなのに、ただの「女芸人ポジション」でいるのは非常にもったいないことです。この、愛される「いじられキャラ」を上手く使いつつ…もう1つ工夫して、モテる女に変身しましょう!

ギャップを見せて、「あれ?この子意外と…」と思わせる

いじられキャラが女芸人のポジションを脱出出来ないのはなぜでしょう?それは「こいつはこういう奴」という無意識に培われる固定概念があるからです。

そこを逆手にとって、気になる彼には「実は私、●●って思われるけど…」とか「さっきのアレ、結構傷ついた」等、ただ明るいだけではなくて色々考えていることや、弱さを見せることも大切です。

人間は、予想外のことに非常に弱い物です。「何を言っても気にしない奴」と認識していいた相手が自分だけに相談してきたら、「え?」っとドキっとすること間違いなしです。

オープンなキャラを利用して軽く気持ちを伝える

「あははは!●●君といると本当に楽しいね!」「やったぁ!●●君も飲み会行くの?」等、いじられキャラにある「人懐っこいオープンなキャラ」と言うイメージを上手く利用しましょう。

「おいおい調子良いんだから」なんて突っ込みが来て、全然ムードは無いかもしれませんが男性としては悪い気がしないものです。

あまり重い雰囲気にならずに好意を伝えられるので、困られることなく「アレ?もしかして…」と意識してもらうことが出来ますよ。

突っ込まれる為の隙は「笑いだけではない女の隙」も作る

女芸人のポジションになってしまうのは、「笑いの隙」しかないからです。例えば、持っているハンカチや小物等はとても可愛い女の子らしいものを持っていたり、「男かよ!」なんていじりかたはされたりしないように気をつけましょう。

性格がサバサバしていて「男か!」と言われるのは良いですが、ハンカチを持っていなくて手を服で拭いたり、持ち物が汚れていたりというのはNGです。

笑いだけではなく頼りにしている一面を見せたり、胸元がチラっと見えたりするるよう工夫して、「女として意識させる隙」を少し作っておきましょう。

たまには真剣に、自分の考えを伝えてみる

バカ話をしたり、軽いノリで楽しく話したりするのも良いですが、たまには自分の考えを熱く語ってみましょう。もちろん、無理に相談内容を作らなくても自分の好きなことについてでも良いのです。

「私はこう思う」「こうしたらもっと良くなるかなぁ?」「こういう時ってこうかな?」等色々話すうちに、「結構色々考えているんだな」と新たな一面を発見してもらえます。

元々、いじられキャラは「素で接しやすい」と評価されているので、彼の方から「実は俺もそう思っていて…」と心を開いて本音を言ってくれる可能性もありますよ。

もうお気づきの人もいるかもしれませんが、モテる女へ変身する為のひと工夫とは、ズバリ「皆の前と彼の彼の私」を使い分ける ことです。

自分にだけは少し違う態度の女の子って、男性からしたら「もしかして…」と少なからず気になってしまうものです。その「もしかして…」を定期的に作り、ただの盛り上げ役から「恋愛対象」としての枠も広げて下さいね!

いじられキャラは、工夫して変身すると無敵になる!

shutterstock_146202530 (1)
いじられキャラは、最初に説明した通り、性別や年齢に関わらずほとんどの人から好印象を持たれています。

男性は中学生から高校生くらいだと男友達のような、一緒に笑えるノリの良い彼女を選ぶことがありますが、大学生くらいから「女性らしさ」「上品さ」を兼ね備えた「良い女」を求め出し、いじられキャラは親しみやすい反面憧れられるチャンスが減ってしまいます。

でも、25歳を過ぎた頃から大逆転するチャンスがやってきます!仕事に疲れた男性は、「良い女」で気を使うよりも「素の出せる一緒にいて楽しい女」を求めるようになるからです。

その時が変身の見せどころ!!元々持っている明るい愛され要素に女性としてのひと工夫をしてみると、きっと恋愛のチャンスは広がるはずです。

「素を見せられてリラックス出来る」「誰からも好かれて皆と仲良くしている」「一緒にいると楽しいと感じられる」が揃っている女性なんて、彼女として無敵だと思いませんか?

いじられキャラのあなたはもうモテる要素の半分までたどり着いています。是非、このひと工夫を実践し、「モテる女」へ大変身しちゃいましょう!