気持ちが冷めたらさよなら!ダメ男と上手に別れる為の8つの方法

一緒に歩けない?!服がダサい彼氏を持つ女の子のための解決法のイメージ画像

ある瞬間から、突然彼のことが嫌いになってしまった。それは彼のダメな部分に気がついてしまったから。

もうこれ以上無理!耐えられない!と思って、別れを切り出しても、素直に「はい、わかりました」と言ってくれる男性は少ないものです。

無理に別れてストーカーになってしまっては困ります。なんとか、後腐れなく穏便にお別れしたいところ。そこで、今回はダメ男とわかってしまった彼とうまくお別れする方法をご紹介します。

1、直接話し合う

イライラが止まらない?!同棲中の彼のここが我慢できない! のイメージ画像
彼のことを好きでなくなってしまったのであれば、素直に告白することも大事です。うやむやにすると、自分を納得させてくれる理由がほしくなるのが男性。

であれば、直接話し合って、嫌いになった理由や今後付き合ってもうまくいかない理由を理路整然と説明するのです。

彼を傷つけるのが可哀想、彼が怒ってしまいそう、と恐れていてはいけません。別れたいという自分の気持ちを押し殺して偽善で付き合っていく方が可哀想です。

メールや電話ではダメ

なぜ直接話し合うことが大切なのでしょうか。メールや電話でもいいじゃない?と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

メールや電話は、多くの男性は情報をやりとりするツールとして考えています。情報はあくまで情報なので、感情や自分の思いを伝えるものではないと考えているのです。

女性としては、もう会いたくないし、メールで別れてくれれば面倒なことはないのですが、恐らくそれだけでは納得できないのが男性。

面と向かって質疑応答をしないと満足できないようなのです。メールや電話でいくらやりとりをしても堂々巡りになる可能性が高いので、初めから直接会って話す方が早く決着がつきます。

必ず他の人がいる場所で

ただし、密室で話し合うのは危険な場合があります。彼が暴力をふるうなど、感情に任せて行動してしまえば女性が不利になることがあります。

直接会うことの前提としては、ファミレスや喫茶店など、他にたくさん人がいる状況であることが大切です。他人の視線のあるところでは声を荒らげにくいからです。

彼が密室での面会を希望したとしても、そこは無理を言って外で会うようにしましょう。彼があなたを言いくるめようとしても、固い意思で立ち向かうことが、結果、あなたにも彼にも最善の方法となると思います。

2、徐々に一緒にいる時間を減らす

彼に会いたくない…と思っていると、自然と会う回数が減ってくることは事実です。無理して会いに行く必要はありませんし、自分の都合を優先して正解です。

ただ、彼は恐らくあなたとまだ会いたいと思っているうちは、あなたを待っている状態です。待っている彼は、余計にあなたへの思いを募らせて行きます。

自然消滅は難しい

ここでの注意は、彼があなたを好きである以上、自然消滅は難しい、という点です。自然消滅というと、徐々に会うことがなくなって、知らぬ間に連絡をお互いとらなくなっていた、というものです。

しかし、あなたが彼を放置していても、彼からメールや着信が一方的にあるようなら諦めて、直接彼に素直な気持ちを話す方法がいいでしょう。

また、自然消滅を望んで放置していたら、彼が家の前で待っていたり、職場まで迎えに来たりと、今度は彼から実力行使をしてくることに繋がり、酷いとストーカー化してしまいます。

そこで、自然消滅ではなく、あくまで彼に「あんまりあなたに会いたくない」「あなたに会う時間を作れない」という意味をこめて、彼との時間を減らすことを提案します。

しかし、彼はもちろんそれだけでは納得できないはずなので、やはり最終的には直接会って別れを切り出すことが大切です。今までの会えない時間の理由がわかれば、スムーズに納得してくれるかもしれません。

3、借りているものを全部返却する

shutterstock_134639396

彼に別れたい意思をそれとなく匂わせておくことも大切です。何の兆候もなしに切り出されるよりは、いくらか心穏やかでいられるはずです。

そこで、彼に借りているものは全て返却してしまいましょう。別れた後から、また連絡をとって返さなければならないという手間を省くことにもなります。

本やCD、お金も返す

借りていた漫画本や、CDという物質的なものはもちろん、彼が覚えていないかもしれない精神的なものも返しておく方がいいでしょう。

精神的なものとは、お金です。あまりお金の貸し借りというのは恋人間ではしないかもしれませんが、いざ別れるとなると、男性としては

「あの時立て替えた千円返せ」
「食事代は割り勘のはずだ」
「タバコひと箱あげたんだから、タバコ代返せ」

という感じで、自分が損をした状況=金銭的に返却してもらおうという感覚になる人もいます。なので、もし覚えているもので、彼に返せるものがあるのであれば、先にお金で返しておくことも手でしょう。

あとから「あの時のあれを返せ」というのを口実に、何度もしつこく連絡をとろうとする男性もいます。
先手を打って全て返却しておけば、断る理由にもなります。

メモにして残しておく

また、上記の男性のように、物質的なもの、精神的なもので返却を口実にしつこくつきまとう男性の場合、借りたものと返したものをメモにして残しておくことが効果的です。

これは最終的には法的手段に訴えますよ、という無言の圧力でもあり、また実際に法的にやりとりすることになった際も、記述して残しておくことが重要だからです。

できるなら、借りた日時、返した日時を明確に残し、証拠になるもの(写真など)もあるのなら残しておくことが大切です。

恋人とは言っても、別れてしまえばただの他人です。貸し借りのない状態でお別れする為にも、別れる前に様々なことを清算しておく方がいいでしょう。

4、嫌われる

あなたも気づいたらダメ女!?ダメ男を選んでしまう女性の特徴のイメージ画像
こちらから嫌いになってしまったのであれば、彼からも嫌いになってもらえば、すんなり別れられます。別れても彼から連絡がくることもなく、一番さっぱり別れる方法かもしれません。

しかし、今まで好かれる努力はしてきたけど、嫌われるってどんな方法があるのでしょうか。それは、今までと逆の行動をすることです。

彼の嫌いな女のタイプになる

男性が好きな女性と言えば、清潔感のある女性、誠実な女性、頭のいい女性、などがありますが、この「彼の好きそうな女性像」を根本から揺るがすことが大切です。

  • 不潔さを演じる…彼の前でおならをする、鼻をほじる、下ネタを連発する、身だしなみを整えない、汚い食事の仕方をする、など。
  • 不誠実さを演じる…彼の前で他の男性へボディタッチ、友人知人の悪態をつく、浮気を疑われる行動をする、突然イライラしたからと言ってそのへんにあるものを蹴る、など。
  • 頭の悪い女性を演じる…計算を間違える、不思議ちゃんキャラになる、話を聞いていない・覚えていないふり、約束を守らない、時間に遅れる、など。

彼から「この女、なんなんだ」と思ってもらえば、こちらの勝ちです。別れてしまえば、二度と連絡は来ませんので、すっきり別れられます。

ただし、彼の好きの条件が異なれば、いくら演じたところで何とも思ってくれないこともあるので注意が必要です。

別れを切り出さない

この「彼から嫌いになってもらう」方法を使う場合は、こちらから別れを切り出さないことも重要です。こちらから別れを切り出しつつ、嫌われそうな行動をしても「嫌われる為にやってるんだな」とバレてしまいます。それでは効果はありません。

あくまで自然に、「今まで知らなかったけど、実はこの女、こういう奴だったんだな」と幻滅してもらえるように、努力と観察が大切です。

こちらから嫌いになるのは一瞬でも、彼に嫌われる一瞬を作り出すことは難しく、また長期戦になることも覚悟しておく方がいいでしょう。

5、ウザイ女になる

わがままな彼女は本当に可愛い?それとも内心は許せない?のイメージ画像
もう一つ、彼に嫌われる方法があります。それは、ウザイ女になるというものです。男性は逃げる者は追いたくなりますが、逆に追われるとウザイと感じることがあるようです。

それもただ、好きでしょうがない、という程度のものであれば「あいつ、俺のこと好きなんだな、しょうがねえな」で終わってしまいますが、その執着度が異常なものであると、途端に「怖い」と思うのです。

常軌を逸した行動

好き好きアピールも、常軌を逸したものであれば、彼はあなたを今までどおりには好きになれなくなるでしょう。例えば、

  • 起きている間、可能な限り、自分の行動を逐一メールで報告する
  • 今何してる? 質問メールばかり
  • 一日に何十回もの着信とワン切り
  • 彼への手紙を毎日大量の文字数で送りつける
  • 彼の家の前で待ち伏せする

など、逆に「ストーカーじゃね?」と思われるくらいの行動に出ると、彼の気持ちも急激に冷めていくでしょう。

試されるのは演技力です。女性の「好きだから思わずしてしまう行動」には悪意がありませんが、その分底なしの恐怖があります。これを利用すれば、きっと彼から嫌いになってくれるのではにでしょうか。

6、レズビアンを装う

246
実は意外と効果があるのは、この方法です。付き合っている女性が実はレズビアンだとわかったら…男性は「自分には興味がないのだな」と諦めがつくようなのです。

もし女性も付き合っている男性が、実はホモセクシャルだとわかったら、自分とは恋愛できないんだな、と納得がいくと思いますが、それと同じです。

別れる為に、納得の行く理由がほしいものなので、その理由として大きく動かしがたいものであればいいのです。

やるなら徹底的に

しかし、これは大きな賭けでもあります。「今まで黙っていたけど、実はレズビアンなの」という演技を周囲を巻き込む形で行うからです。

もちろん、彼と職場恋愛だったり、同棲している場合は難しいでしょう。また、家族ぐるみの付き合いだったり、共通の友人が多い場合も難しいです。

あまり長い付き合いでない、友人もそんなに紹介していない段階で、彼と別れたい場合に限られるでしょう。

少なからず、嘘をつくわけですから覚悟が必要です。もし、彼と別れてから他の男性と付き合う時、その状況が彼の耳に届くようなことは避けたいです。

ただ、この精神的な部分に関しては、深く追求しずらいですし、彼も実際どういうものなのか理解はできないはずです。

プライベートで繊細なものだから追求しないでね…という空気をまとって、誠実に(見えるように)説明をすると効果が高いと思われます。

もし彼が「なぜ今まで黙っていた、騙していたのか」と言ってきた場合は「最近、気がついた。好きな女性ができた」と告白すれば反論できないでしょう。

これはあくまで彼がしつこくて別れてくれそうにない、彼と自分の生活が切り離された状態、など、条件が重なった場合にのみ有効だと思うので、最終手段として考えておくのも手かな、と思います。

7、スキンシップをはぐらかす

shutterstock_203483539
彼があなたを好きなのであれば、スキンシップを求めてくると思いますが、流石にそれを拒み続ければ彼も嫌気がさして他の女性へ目移りしてくれるのではないでしょうか。

手をつながない、キスをしない、そもそも触ることを拒否する、など。会って食事はするけど、話をして終わり。それ以上をさせてくれない女性とは長く続くとは思えません。

また、今までは普通にスキンシップできていたのに、急にさせてもらえないとなると、流石に誰でも不安になり、薄々嫌われているのでは、と察するはずです。

何ヶ月も体の関係がなければ…

最初から手も繋いだことがない、というのであれば「落とすのに時間のかかる女」と思われるかもしれませんが、今まで手は繋いでいたのに急に繋いでくれなくなった、というのであれば、おかしいと気が付くはずです。それに、

  • 今までは彼の部屋や女性の部屋で会うこともあったのに、大勢の人がいる場所でしか会えなくなった
  • 食事をしたらすぐ帰る
  • 用事があって忙しいなど言われてしまう
  • 触らないで、と真顔で言われる

など、鈍感な彼でも「自分が蔑ろにされている」と理解できるでしょう。これらの事柄は、女性側から「拒否できる権利」があるから行うことができます。

彼のことが生理的に無理だったり、体調が悪いなどの理由で拒否できて、彼も強制できないことです。別れるかどうか、となると話し合いが必要ですが、遠まわしに彼と距離を置きたいという無意識的な行動は咎められません。

遠まわしに彼を傷つけてしまうことにもなるので、あまり平和的とは言い難いですが、彼と別れるきっかけを作る、という点に置いては一つの方法と言えるでしょう。

心が離れれば、自然と別れに繋がりますので、女性として意識できない状況を長い時間をかけて作り出すことができれば、彼が自ら、他の女性へ気持ちが移るかもしれません。

8、いざという時の為の情報収集

【元彼との復縁】ちょっとまって!業者に依頼する前に考えたい事のイメージ画像
もし、別れを切り出して、彼が納得できずにストーカーになってしまったら。毎日のように携帯電話には彼からの着信があり、家の前では彼が待ち伏せしている。

それならまだいいですが、エスカレートして、夜帰宅したら殴り掛かられたり、部屋に侵入され暴行されたりなど。

想像しても恐ろしい出来事が実際に起こり、また本当に事件として報道されています。殺人事件に発達しているケースも、今や珍しくありません。

ストーカーになってしまう男性

そこで、彼に別れを切り出した後、もしストーカーになってしまった時のことを想定して、今から準備しておくことをここで紹介します。

はじめは好きで付き合っているので、彼がそんなことをするはずがない、と思っていますが、いざとなると優しい彼も豹変することがあります。

今まで優しかった人、というのは他人に優しいばかりでなく、弱い自分を守る為に優しくしている場合もあり、つまりは弱い人間=何かあったら悪いことを人のせいにすることもあります。

自分が傷ついたのはお前のせいだ、と言わんばかりに、怒りをそのまま女性にぶつけるタイプの男性もいます。

ここまでくると、ヨリを戻したいわけではなく、女性に復讐してやろう、という考えに至りますので、警察沙汰になってもおかしくありません。

酷い時は、女性側が引越しをしたり、仕事を変えなければならなかったり、怯えて生活しなければならず、不利なことばかりです。

ストーカーの彼への対応

万が一、そうなった場合、法的に訴える必要があります。警察へ相談しても、警察の対応の仕方によっては彼が逆上して行為が悪化したということもあります。

怪我をさせられた、物を壊された、という事実があれば警察は動いてくれますが、そうなる以前では、せいぜい注意したり、見回りを強化してくれたりという程度です。

そこで、彼の付きまといに対して「やめてほしい」とまずは声に出して彼に伝えましょう。電話でもいいので、はっきりと伝えます。そして、電話した日時と内容をメモに残します。

そのあともなくならないようなら、警察にも相談します。実際動いてくれるかどうかにかかわらず、相談した内容と電話した日時を同じくメモに残します。

その後、できれば専門家へ相談することをおすすめしますが、行政書士などにお願いして、内容証明郵便彼の両親・家族あてで発送します。

彼本人へ送ってもいいのですが、本人に直接送ることによって彼の感情を逆なでですることにもなりますし、彼以外の関係者に彼の行動を把握してもらう為にも両親への送付がいいのではないかと思います。

この郵便の内容は、まず彼がストーカー行為をしていること、このまま続ければ法的に訴えること、法的に訴えれば彼が不利なこと、またやめてほしい旨を伝えているにもかかわらず続けていることなどを明記します(専門家に相談の上)。

また、これでもなくならない、許容範囲を超えた行動に彼が出た場合は、本格的に告訴することをおすすめします。順序としては

  • 彼へ直接やめてほしいと伝える
  • 警察に相談する
  • 内容証明郵便を送る
  • 告訴する

この為には、証拠となる写真や動画、自分の日記(メモ書きでも可だが、日付などが必要)、彼の本名と住所、彼の両親の自宅住所などが必要となります。

彼の状態や状況などから、この方法が必ずしも有効ではない場合もありますので、一概におすすめはできないのですが、もしストーカーになってしまった時の為に、上記の証拠や住所など、準備しておくことも大切かもしれません。

誰が悪いわけではない

男女の好き嫌いは、誰が悪いものでもありません。好き同士で付き合い始めたものなのに、彼に突然興味がなくなる、好きじゃなくなる、嫌いになる。これはよくあることです。

嫌い同士で付き合うことはありませんから、それぞれ自己責任ということになります。しかし、嫌いになったからと言って、彼の気持ちも考えずに、メールで「別れよう」と一言送って終わる、というのは人として礼儀がないのかもしれません。

彼を傷つけたくない、できれば穏便に別れて、それぞれ新しいスタートを切りたい。彼が悪いわけでも、あなたが悪いわけでもなく、恋の道のりは自然の成り行きというものです。

人の気持ちはコンピューターではないので、複雑で、時に理解しがたいものもあります。しかし、人であるがゆえにパターンが存在します。

全てそのとおりとは行きませんが、彼を深く観察し、行動を把握したならば、彼の好みや嫌いなものまでわかるはずです。

複雑に絡まってほどけなくなる前に、彼とスムーズにお別れしましょう。それにはやはり、あなたの「彼には幸せになってほしい」という誠実な想いが必要なのかもしれません。