男運がない女子必見!ダメ男の後にダメ男が寄ってくる理由

1

ダメ男と聞いて、どんな男を想像しますか?

ギャンブル好き、DV、無職、借金、女性好き・・・などなど。あげたらキリがないですが、こんなものとは無縁の人とお付き合いがしたいものです。

しかし、何故か別れても別れても新しい彼に欠点が見つかるって人、多くないでしょうか?

あなたが放っているダメ男を引き寄せるオーラ

5
筆者の周りでもダメ男専門の友人がたくさんいます。彼女たちに共通して言えることは、優しい女性であることです。そして意外にも美人が多いです。周りからは「もっといい人できるよ」と言われても、優しいが故別れません。

そしてダメ男は、人を見る目があります。優しい女性を見つける能力は人並み外れています。あなたが放っているいい人オーラを、いち早く見抜いて近づいてくるのです。

まず、ダメ男専門の人が声をそろていうセリフが「私には男運がない」ですが、それは違います。ダメ男が人を見抜く能力があるのに比べて、あなたにその能力が欠けているのが大きい要因です。

しかも付き合いが長くなれが長くなるほど、ますますあなたの優しさが仇になっていきます。男運がないと思っているのであれば、出会った男性をまずは疑うことから初めて下さい。

見栄っ張りかどうかをチェックしてみましょう

8
出会った頃のデート代は、たいてい男性がおごってくれることが多いです。ここで、明らかに背伸びをしたお店に連れて行ってくれるような人は要注意です。見栄を張る男性は金銭感覚があまりないことが多いです。彼のお給料相応かどうかを見極めて下さい。

素敵なお店に連れて行ってもらえるとそれだけで愛されているような感覚になりますが、そういう男性は借金こそなくても貯金はあまりないでしょう。先々を考えて、割り勘にしようとするくらいの男性の方が倹約家でいいかも知れません。

ギャンブル好きの彼のギャンブルに付き合う

パチンコや競馬が好きな彼ってけっこういますよね。止めて欲しいという女性は多く、ガミガミ言っているのをよく耳にします。しかし、止めろと言われると黙って行くようになるだけで逆効果です。

なら、一緒に行ってどういう風にギャンブルにお金をつぎ込んでいるかを確認して下さい。なぜなら、上手にギャンブルを遊びにしている人も多いのです。きちんと自分で決めたルールの中でやっているようなら問題ないですよね。

ただ「もう少しで当たると思う」と言って、根拠のない理由でやり続けるようなら要注意です。一緒に行けばどういうタイプの人が分かってきますよね。普段は見えない人間性まで見えてきます。ギャンブル自体を批判するのではなく、自分の目で確かめて判断するのが一番です。

親との関係性を探る

知りあって間なしに、彼の両親に会うことはなかなかないと思います。でも、さりげなく両親の話を振るのは簡単ですよね。そこで、しっかり見極めて下さい。片親であろうがそうでなかろうが、親の悪口を言う人は要注意です。

悪口っぽく聞こえて結局仲がいいんだという関係も多いでしょうが、不幸な生い立ちや過去に暴力を受けていたりすると、その彼も同じことを繰り返す可能性が出てきます。

家族はそれぞれだとは思いますが、子が親を憎んだり脅えたりしている状態は普通ではありません。同情して「この人に本当の家族を教えてあげたい」というあさはかな感情は捨てて下さい。最後に残るのは苦労のみです。

逆に母親に異常に可愛がられている男性も要注意です。俗に言うマザコンってヤツです。大人になっても子離れできない母親がいると、何にもしない癖が付いています。仕事や勉強ができても、プライベートで女性に抑圧的になる傾向があります。

親は選べないとよく言いますが、どんな親であろうと自立して何でも言い合える関係であれば問題ありません。憎んでいたり、マザコンだったりと親に依存していないかをしっかり見定めましょう。

それでも別れられない人の為のダメ男調教法

6
今までダメダメ人生を送ってきた彼でも、あなたと出会ったことで変わる可能性ももちろんあります。筆者の友人で、見事に彼を変えさせた人がいます。

付き合って1年で、彼に多額の借金があることが分かりました。それが原因で一度は別れたものの、ダメ男の典型的なパターンで彼女にすがりついてきました。彼女も彼のことは好きだったので、彼に課題を与えました。

借金を返し終わってそれを証明できるのものを持って「寄りを戻したい」と言って欲しいという課題でした。3年近く掛かりましたが、彼はそれを実行してくれました。その後2人は結婚して、今では幸せに暮らしています。

同情するなら金をくれ!愛情あるなら突き放せ!

筆者の他の友人の例でいうと、彼女が借金を肩代わりしてあげたり、デート代は払ってあげたりしてあげている人が多かったのですが、結局その彼は変わらず最後は疲れ果てて別れに至っていました。

彼に同情して目の前の問題を1人で解決させなかったことが原因だったのでしょう。どんな人でも大切な人の為なら変われるのです。甘やかすのではなく、彼自身が自分の力で解決できるようあなたが導いてあげればいいのです。