同じシーンでもこんなに違う!男の感性、女の感性を知っておこう

同じシーンでもこんなに違う!男の感性、女の感性を知っておこう

男と女の違いってバカになりませんよね。

私自身はどちらかというと、女性的な性格ではないので、占い師として女性の恋のお悩みを聞いている時などは、実の所、お相手の男性に共感することもしばしばだったりするのですが、それでも、

「そりゃあ、彼もあんまりだよねぇ」

と、男性の不器用っぷりに、やきもきしてしまうことも。

女同士ならすんなり伝わることも、男相手だと、とんでもない方向に解釈されてしまったりして。

今日はそんな「男と女の、ああ勘違い、すれ違い」を読み解いてみたいと思います。

男は直線、女は曲線

男と女の違いの最たるものがコレでしょう!

男は思考にしても行動にしても、シンプルでストレート。行動がそのまま気持ちを表していることがほとんど。

女はオブラートで包み、しかも変化球。含みを持たせてやんわり本音を伝えます。

特に顕著なのが、相談。

女が使う「相談」の意味は、十中八九、「話を聞いてほしい、共感してほしい、自分は間違ってないと肯定してほしい」です。

といっても最初からそれを望んでいるわけではなく、むしろ本人も、話しはじめた当初は、自分が何を求めているか、つかめていないことが多いんですね。

だから相談という言い回しを使うわけです。

女性同士ならその感覚は苦も無く理解できるから、話を聞きながら、そうだよね、分かるよと、相槌を打ち、話をしながら、本当はどうしたいのかを引き出していきます。

しかし男は言葉通り、問題を解決するために意見を求められている、と解釈します。そこで悲劇が起こります。

頼りにされてると思い、張り切って問題解決のためのアドバイスをしはじめますが、女はそんなことは望んでないので、一方的に意見を押し付けられている、ダメ出しされてる気がして、どんどん不機嫌になっていきます。

男は一所懸命考えてアドバイスしてるのに、何故、女が不機嫌になるのかわかりません。

「だって、相談でしょ?問題解決のための話し合いでしょ?なのになんで不機嫌になるの?」

と、途方に暮れることになるのです。

男は結果を望み、女は経緯にこだわる

よく、男は単純、女は複雑といいますが、女を複雑に見せている要因の一つはコレでしょう。

先に書いた相談の例でもわかる通り、女性は経緯の果てに結論にたどりつく生き物。故に、結果が同じでも、経過次第で受け入れられたり、許せなかったりするんですよね。

男性はまず目的ありき。経緯は結果に辿り着くための手段に過ぎないわけです。

男は、女性にとって、経緯がいかに重要かを分かっていないし、女は、男性にとって、要点が不明でまとまりもない話は困惑の材料にしかならないってことが理解できません。

これらはとても感覚的なものなので、頭では分かっていても気持ちの面で納得しにくいのがネック。

喧嘩をしても、ちゃんと経緯を話して、一言ごめんといってくれれば許せるのに、という女性はとても多いんですよね。

けれど、男性は、言い訳はかっこ悪いし、謝罪は屈辱と思い込んでる人も多いようで、事情もろくに説明せず、謝りもせずで、些細なことが大事につながるケースも。

男は最初の男になりたい、女は最後の女になりたい

男が決定的に弱い言葉に、「あなたがはじめて」というフレーズがあります。

例えば、「こんなに好きになったのは、あなたがはじめて」とか、「こんなに大切にしてくれたのは、あなたがはじめて」とか。

それを言葉にして伝えたなら、男としてのプライドや優越感を満たしてくれたあなたに、言ったこっちがびっくりするほど、甘く優しくなることでしょう。

男性は女性に比べて征服欲が強いので、「他の誰も到達できなかったけれど、俺だけが達成した」というシチュエーションにはきわめて弱いのです。

だからこそ、最後の男ではなく、最初の男になりたがります。そして同時に、好きな女に使いがちな台詞でもあります。

女は普通、最後の女になりたいので、効き目のほどは今一つかもしれませんが。

もし男性が「あなたがはじめて」、というフレーズを使ったなら、それは彼なりの愛情表現かもしれません。

男と女は視点も感覚も違うからこそ、難しくも惹かれあい、ぶつかり合いながらも、補い合えるもの。

感覚としては分からなくても、男の視点を学ぶことで、これまで見えなかった彼の愛情や思いやりに、気付けるかもしれませんよ!