男性が信じられない…そんな恋愛に臆病な貴女から変わる方法

shutterstock_592320285
貴女は今、恋愛を楽しめていますか?それとも、恋愛を楽しみたくても、楽しむ気持ちにはなれずに悩んでいらっしゃるのでしょうか?

過去に男性に裏切られたり、傷つけられるような出来事があって、貴女は男性が信じられなくなってしまった…

もし、そういった事が原因で、貴女が恋愛に臆病になっているのであるならば、ちょっとずつでも貴女が恋愛を前向きに考えられるような、お手伝いをさせていただきたいと思います。

男性を信じられなくなった原因

shutterstock_100199597

例えば、お付き合いしていた彼が浮気や女性関係が激しくて、貴女を悲しませてしまったり、モラル・ハラスメントのような振る舞いや 暴力を奮って、貴女を傷つけてしまったという事が考えられます。

未だに思い出すと貴女の胸が痛くなるような、彼に誠意の欠片もないひどい振られ方をされたという事もあるでしょう。

また、男性にストーカーまがいの嫌がらせや、しつこく付きまとわれたり、あるいは、いじめのような陰湿な事をされて、男性が苦手になって信じられなくなってしまった女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

貴女を傷つけた相手本人だけではなくて、その心の傷の深さから男性全てに対して苦手意識や、恐怖心を感じてしまい、結果的に恋愛に臆病になってしまったんですね。

過去に男性と何らかの嫌な出来事があって、男性に不信感を持つ女 性は、不信感の程度や大きさの差はあれど結構いらっしゃいます。

ですから、自分が精神的に特別弱いから男性不信になったのではないかとか、被害者意識が強いのかもしれないなどと思って、自分を責めたりしなくても大丈夫ですからね。

男性不信を悩まない

35shutterstock_58471723

まずは、男性不信を克服しなくてはいけないと焦らない事です。男性不信を克服しなくては、相手を信じなくてはという考えをやめてみてください。

信じられない自分も肯定する

自分がもし、これからもずっと男性不信のままで、恋愛が一生できなかったらどうしようと焦ったり、自分はどうせ男性不信のままなんだなどと諦めて 悲観的になってはいらっしゃいませんか?

男性を信じられないけれど、男性を信じられるようになりたいと思うと、どうしてここまで自分は男性を信じる事ができないんだというような、無意識の内に自分を責めるような事をしてしまいがちです。

どうしても、「男性が信じられない自分自身」を悩みの対象としてしまうと思います。

ですが、貴女が男性をそこまで信じられなくなったのは貴女が悪いわけではありません。そして、そうなってしまったのには、それなりの原因があったからです。

ですから、貴女が男性不信になってしまうのは当然の成り行きなんです。もっと、開き直ったって良いんです。

まずは、男性 が信じられなくなった自分を責めるのはやめて、「自分はこれでも仕方がないんだ」という後ろ向きな考え方ではなくて、「こういう自分でも良いんだ」と肯定するように、男性を信じられない自分を自分で認めてあげてください。

過去を責めても苦しむのは自分

また、男性不信の原因となった過去の相手を責めてしまう事もあるのではないでしょうか。

どれだけ貴女が考えないようにして忘れたくても、男性が信じられないせいで恋愛ができないという現実に直面すれば、その原因となった出来事や相手を嫌でも思い出してしまう事もあるでしょう。

しかし、残念ながら、どれだけ責めても過去の出来事は修復できません し、相手には何のダメージも与えられません。ただ責めている貴女本人だけが、苦しいだけだと思います。

自分でもそれはわかっているけれど、どうしても責めたり憎んでしまう感情が湧き上がってきてしまうという女性もいらっしゃるでしょう。

ですが、責めたり憎んだりする感情に、人の心を癒す事はできません。貴女の傷ついた心を癒せるのは、安らぎや慈しみなどの優しい感情です。

貴女が責めたり憎んだりするのが、例え過去の出来事や相手に対してであっても、その嫌な感情で削られてますます傷つく事になるのは貴女の心です。

どうする事もできない過去に目を向けるのはできるだけやめて、それよりも、「辛かったね」「 そのままでも良いんだよ」と、自分自身に優しい言葉をかけて慈しんであげていただきたいと思います。

信じようとする事をやめる

会えない、さみしいと感じる時にやるべき5つの自分磨きのイメージ画像

男性を信じられない自分を認めてあげられたのならば、今度は無理に相手を信じようとする事をやめてみてはいかがでしょうか?

信じられるかの判断は難しい

男性不信に悩んでいる女性は、何事にも相手に対して疑念を抱きながら考えがちだと思います。

例えば、職場の男性が仕事で疲れている貴女に優しい言葉をかけてくれたり、男性から食事などに誘ってくるなどしてくれたとします。

「仕事頑張っているみたいだね、お疲れ様」
< div>「あんまり無理しないようにね」
「今度、食事にでも行きませんか?」

「君も○○好きって聞いたけれど、よかったら一緒に行かない?」

そういう男性の言動や態度に対して、貴女はまず疑問や疑念などが、頭に思い浮かんでいらっしゃるのではないでしょうか?

「今の言葉、本当はどういう意味だろう?」

「本当はそう思っていないのに、優しくしているふりをしているんじゃないのかな」

「どうせ、私じゃなくてもいいんでしょ、誰に対しても軽く誘うんでしょ」

「下心あるから誘ったのかな、体目当てなのかな」

そんな風に、男性の言動や態度を捉えてしまう事もあると思います。

つまり、 「この人は信じられそうか、信じられなさそうか」という事を、相手の言動や態度を見て考えてしまっているのです。

ですが、そんな事を頻繁にしていたら、貴女自身が疲れてしまいますよね。そして、「信じられそうか、信じられなさそうか」と判断している時点で、貴女は相手の事を信じていないので、その男性をあまり好意的には見られないのではないでしょうか。

その人が本当に心から信じられる人かなんて、普通の人でも判断は難しいと思います。

ましてや、心に常に疑念を抱えた貴女が、本当に心から信じられると確信できるためには、長い年月をかけて相手を見ながらでしかわからないのではないでしょうか。

信じる信じられないから離れる

それならば、いちいち相手の言動や態度を疑って考えるのは何か無意味な気がしてきませんか?無意味な事をして、自分を疲れさせているだけだなって感じないでしょうか?

相手を信じようとしなくても良いんです。無理して相手を信じる事なんて、誰であってもできません。また、信じるという事は、やろうと思って信じられる事でもありませんよね。

信じようとする気持ちは大切ですが、だからと言っ て、本当にそれで相手を心から信じられているかどうかは、自分でもわからないものです。

ですから、信じようとか信じなくてはいけないとなどという考えから、離れてみてください。

そして、相手を疑わなくても良いんです。

相手を疑ってしまうのは、自分がこれ以上傷つかないように少しでも、自分の心を守りたいからです。相手に何か期待や好意を抱いて、それがもし裏切られた時の可能性を考えると怖いんです。

ですから、相手を疑う事で、その人には何かあるかもしれないから気を付けようと自分に思い込ませて、そうやって自分の心に予防線を張っているのです。

相手を信じられないというよりも、もう二度と、傷つきたくないから相手を信じたくないともいえるでしょう。 いわば、心の防御本能のようなものだと思います。

ですが、結局疑っても相手の事で貴女がわかる事や得るものは、ほとんどないに等しいのではないでしょうか?

相手の言動や態度を疑って、どれだけ細かく分析したところで、結局は貴女の答えは、「よくわからない」「信じられそうにないかも」だと思います。無意味な事で自分の心を疲れさせてしまうのは、もうやめましょう。

信じようとしたり、疑ってみたり、そういう事から一度、離れてみていただきたいと思います。

素直に感じた事を受け入れる

分かっちゃいるけどできてない?男性を本気にさせるテクニックのイメージ画像

人を信じる事は簡単な事ではないですし、逆に疑ってもキリがないです。それならば、相手の言 動や態度について、そのまま素直に貴女が感じた事を受け入れましょう。

先ほどお話した男性の言動を、例にあげさせていただきますね。

  • 「仕事頑張っているみたいだね、お疲れ様」→「見ててくれて嬉しい」
  • 「あんまり無理しないようにね」→「優しいなあ」
  • 「今度、食事にでも行きませんか?」→「めんどくさい」
  • 「君も○○好きって聞いたけれど、よかったら一緒に行かない?」→「この人とは行きたくない」

貴女が、その男性の言動や態度に対して、素直に感じる事が大切です。良い感情でも、悪い感情でもどのような感情でも良い んです。余計な事は考えずに、ただ、ありのまま感じてください。

そして、その貴女の素直に感じた気持ちを受け入れていきましょう。

男性が信じられなくても、好きになってしまったかもしれないと思う事はあるでしょう。その時は、その男性を信じられるか信じられないかの判断は置いといて、素直に好きだという感情をしっかり感じていただきたいのです。

信じられなくても恋愛はできる

彼氏はもう私のこと冷めてるなと気づいてしまう態度TOP3のイメージ画像

世の中に、仲が良くて幸せそうなカップルはたくさんいらっしゃいますよね。ですが、その幸せそうに見える恋人同士でさえも、お互いの事を全て心から信頼し合えているかといったら、そうではありません。

彼 の事を全て信じられているわけではないけれど、信じられる部分もあって、何よりも好きだから傍にいるという女性も大勢いらっしゃると思います。

お互いに100パーセント信じあえるような関係の恋愛は理想ですが、それは完璧に近いです。人間は完璧な生き物ではないですから、完璧を求めようとすると辛くなってしまうのではないでしょうか。

無理して信じようとは思わずに、そして、貴女の心が疲れるだけなので疑いもしないでください。恋愛に臆病になってしまっている今の貴女は、自分の気持ちにも臆病になってしまっています。

そんな貴女に大切なのは、素直に感じて、自分のその気持ちを受け入れる事です。

大丈夫ですよ、 今の貴女にだって男性を好きになれるし、恋愛だってできるんです。自分の感じた気持ちを、大切にしていただきたいと思います。