デートが盛り上がること必至!デート中に彼を喜ばせる魔法の言葉

デートが盛り上がること必至!デート中に彼を喜ばせる魔法の言葉

大好きな彼とのデートはドキドキしてしまい否応なく気分が盛り上がるものでしょう。

しかしよりロマンチックなデートを求めるのであれば自分だけでなく彼のテンションを上げてあげることも重要です。

今回は彼が絶対に喜んでくれる魔法の言葉をいくつか紹介していきます。

男性がデート中に彼女から言われたら嬉しくなって思わず顔がほころんでしまうようなワードを覚えてデート気分をさらに盛り上げちゃいましょう。

上手に駆使して最高のデートを楽しんでくださいね。

男性は「初めて!」というキーワードに弱い!

女性をデートに連れていく男性の心理としては「彼女を楽しませてあげたい」や「喜ばれるデートにしなくては!」という気持ちが強いものです。

自分のデートプランで彼女がはしゃいでくれれば彼も楽しくなりますし、彼女が今まで経験したことのないような素敵なデートを演出したいと思っています。

なので彼女から「こんな楽しいデート初めて」とか「初めて来たけどここの景色素敵だね」などの言葉を言われたら途端にテンションも上がってしまうでしょう。

また、男性は彼女の知らない場所や知識を教えてあげることに優越感を感じるものなので「初めて知った」「物知りですね」などのワードもおすすめです。

女性を自分色に染めたいと考えるワイルドな男性も「初めて」の言葉には弱いものでそういった男性を落としたい場合は「初心な彼女に色々と教えてあげている」という印象を与えるといいでしょう。

間違っても「ここ前に元カレと来た」など言ってはいけません。例え表情には出なくても彼のプライドは深く傷付いてしまいます。

テクニックとしては前に行った場所であっても来ていない振りをするとか、嘘は吐かなくとも前は気が付かなかった点を見付けて初めて知って驚いたというリアクションをしてみましょう。

彼の気分も向上してきっとデートは盛り上がりますよ。

「ドキドキする」の言葉は彼にも伝染する!?

デート中はしゃぐ女性の姿に弱いという男性は多く、その無邪気な姿にプラスして使うと有効な魔法のキーワードが「ドキドキする」です。

デートの最中に「○○君といるとドキドキする」とか「今日のデート凄くドキドキして緊張しちゃう」などと言うと男性の方も「俺と一緒にいることでときめいてくれてるのかな!?」とテンションが上がってしまうものなのです。

デート中のドキドキは伝染するものなので彼の方も自然と貴女を意識し出しますし、ムードも一気に高まることでしょう。

ポイントはドキドキの前に「あなたの前だと」とか「一緒にいると」などのワードを付けたすことです。

そうすることで「あなたのことを特別に思っていますよ」というアピールにも繋がるのでそのデートをきっかけに二人の仲が進展する可能性もありますよ。

デート前の気持ちや行動を匂わせる言葉は高ポイント!

デートで大事なのはデート当日だけではありません。デート当日に至るまでどうやって過ごしていたかなども重要な要素といえるでしょう。

「緊張して昨日はよく眠れなかった」とか「楽しみ過ぎて今日はいつもより早く起きちゃった」などの言葉はデート前のわくわくしている女性の気持ちを覗かせるという効果があるのでおすすめです。

そういった言葉を聞くと男性は「今日のデートを迎えるまで自分のことを考えていてくれたんだな」と思うので自分のいないところでも自分のことを考えてくれている彼女に強い好感を持つのです。

男性は大切なデートの前は色々とシミュレーションをしたり雑誌を読んでデートスポットを調べるなど努力をしているものなので、女性の方も色々悩みつつ準備をしてデートに備えているというのは共感にも繋がります。

デート前のドキドキ感や準備を言葉で説明しにくいという女性はおろしたての洋服や靴をアピールするのもいいでしょう。

「今日のデートために買ったのかな?」と思わせるファッションを見ると男性としても嬉しくなりテンションも自然と上がってしまうものです。

ファッションでなくとも目的地の観光雑誌やデートスポットの載っている情報雑誌などを持っていけば「デートを楽しみにしていたよ」という意思表示になるので彼の気分を盛り上げる効果が期待できるでしょう。

次回を連想させる「また来たいね」などの言葉

その日のデートが楽しくても次に続かなくては恋愛は発展しません。

なのでデート中にさり気なく「すごく面白かったからまた来たいね」とか「次来た時はあれにも乗ってみたいよね」など次回のデートを連想させる言葉を混ぜてみましょう。

男性としては次回も俺とのデートを望んでくれてるんだなと安心しますし、「これからも一緒にいたい」という気持ちを匂わせる言葉は彼女との未来を想像することにも繋がります。

ずっと付き合っていきたい彼、結婚を考えている彼には共に歩く未来を連想させる言葉を意識して使ってみましょう。