イライラが止まらない?!同棲中の彼のここが我慢できない!

イライラが止まらない?!同棲中の彼のここが我慢できない! のイメージ画像

大好きな彼氏との同棲は恋する乙女の夢が一杯詰まったドキドキとワクワクのライフスタイルです。

特に実家暮らしが長かった箱入り娘ちゃんは親元からのエスケープ、女としての賞味期限が気になるアラサーちゃん以上のお姉さま方も同棲によって結婚への大手をかけることができるのです。

しかし実際に同棲を始めてみたら楽しい事よりも彼への不満で毎日イライラする女性が後を絶たないのです。二人の関係をより良いものにするために始めた同棲も、知らないうちにストレスが蔓延するダークな生活に変わってしまうのです。

そんな同棲中の女性のイライラはどこのカップルも抱える共通の問題です。彼氏への不満をただ胸の中に押し込めていては何の解決にも繋がりません。同棲カップルが抱える彼氏の「ここが我慢できない!」点を分析して夢見たラブラブ同棲生活を取り戻しましょう。

彼氏のここが我慢できない!その1.家事を全くしてくれない

同棲していると1番にもめてくるのは、やはり家事分担についてではないでしょうか。

イライラシチュエーション

同棲を始めたカップルに一番初めに降りかかってくる問題、それが家事の分担です。しかしどんなに話し合って決めた約束も、時間が経てば女性が率先して大半の家事を担当せざるを得ないのです。

同棲をし始めた頃は愛情もマックスで喜んで彼氏のために家事をしていた女性も、ふと気が付けば彼氏専用の家政婦状態になっていたことに気が付き急に絶望感や怒り、彼氏への不満が芽生えてくるのです。

しまいには自分の脱いだ服すらも片づけない彼氏のお母さん代わりになってしまってはいませんか?!

このタイプの彼氏の特徴

家事をしてくれない彼氏の多くは一人暮らしの経験がまったくゼロか、女性へのサービス精神が能動的に起こらない、もしくは彼女に頼りきっている場合です。

たまに「家事は女の仕事」なんて思っている偉そうな男もいますが、決して口に出すわけではないので同棲中に見極める事は難しいでしょう。このような亭主関白男は彼氏のご両親の普段の関係性を知ることで大体の考え方を判断できます。

あまりに家事に対する価値観に違いがある場合は【一緒に暮らす】というレベルでは相性が合わないと判断するしかありません。

彼氏が掃除に重要性を感じていない、彼女に強要するくらい潔癖症、などといったものは恋人同士では問題無くても一つ屋根の下で暮らす者同士としては上手く機能しないからです。

対策

家事をしてくれない彼氏の多くは、彼女が先にすべてを済ましてしまうことが原因です。男性は女性よりも学ぶ速度が遅く、効率よく動けるようになるのに数週間はかかってしまいます。

そんなに待っていられない!と女性が彼氏をおしのけて家事をしてしまうと男性の出番は一切無くなってしまいます。彼氏に家事の分担を望むのであれば【決して自分から動かない】ことです。

(例)彼氏がお皿洗い担当の場合

彼氏に毎食後のお皿洗いをしてもらいたい時に、ついつい横から口を出してしまってはいませんか?!洗剤の量や水の節約、洗う順序まで言い出したらキリがありません。

しかし一度注意した後は絶対に口出ししてはいけません!!男性はプライドがあるのですぐに人から言われた通りに動くことはありません。何日か我慢して見ていればそのうちに一人で学んで効率よくこなせるようになっているのです。

彼氏のここが我慢できない!その2.お金にだらしがない

少ないお金で頑張ってやりくりしている中で、浪費癖のある彼だと、しんどいものです。

イライラシチュエーション

同棲で避けられない問題がお金の使い方です。生活費をしっかりと折半しようと決めていても、小さな出費をどちらかが重ねるうちに二人の間に見えない緊張感が生まれてくるのです。

同棲前にしていたデートで見られるちょっとしたお金の出し合いも一緒に暮らす事で感謝の気持ちも薄れてしまいます。特に彼氏が積極的にお金を出すタイプの男性でなければ必然的に女性がお財布を開け閉めする役目になってしまうのです。

このタイプの彼氏の特徴

お金に対して寛容な発言をする男性には要注意です。デートで奢ってくれていた男性が同棲を始めてみればケチな性格だった、というのはよくある話です。

「男としての自覚」がある男性は同棲でよくある【割り勘する程でも無くどちらかが少額出さなければならない状況】では積極的に自分から出そうとしてくれます。

逆に「ここは払っておいて」や「後で返すから」と彼女にすべてお任せする男性は、単純に「少額だから」と思っている場合と全く払う気が無い場合に分類されます。

もちろん男性にお金を出してもらう事に重きを置いていない女性も沢山います。自分の彼氏のお金に対する同棲への意気込みを知りたい女性は、【少額の買い物】の際の彼氏の対応に注目しましょう。

対策

お金問題は大きな金額の時に出てくるものではありません。少額が重なった時にそれがストレスと一緒に爆発するので収集がつかない事がほとんどなのです。

男性に少しでも頼りたい、男らしく経済的に支えてもらいたい、と思う女性は、少額を支払うシチュエーションになったら【常に可愛くお願いする事】を繰り返しましょう。

育ちの良い女性はいちいち「私が出すよ!」などと気を遣うやり取りをしてしまいますが、男性に頼りたい願望があるならそんな小芝居は一切不要です。

時は既に遅し、かなりの額を常に払わされている「後で返すよ」彼氏を持つ女性は、二人で少し値の張る食事などに行った際に「じゃあ今回はご馳走になっちゃおうかな」と可愛くカマをかけてみましょう。

その時に「あ、いつも出してもらってるもんね」と対応できる彼氏は素敵です。「え、俺まじで金ないんだけど」や「ってか割り勘って決めたじゃん」などと自分の事を棚に上げて発言する彼氏は放っておくとヒモになる可能性もあるので要注意です。

少額の買い物の際にいちいち10円単位で請求するのではなく、彼の対応を観察できる良い場面だと心得て同棲生活の続行性を判断しましょう。

彼氏のここが我慢できない!その3.エッチの重要性の違い

付き合いが長くなってゆくに連れて問題になるのが、「性生活」ですよね。

イライラシチュエーション

同棲を始めると多くのカップルの間で深刻な問題となるのが【エッチ事情】です。女性は一緒に暮らす事でより一層精神的な繋がりを求めるようになり、エッチの重要性が男性よりも低くなる事が多々あります。

しかし男性は今まで通り彼女に頻繁に求めてくるので、女性は若干うっとうしい、なんて思って夜の関係が終わってしまうカップルも沢山いるのです。

このタイプのカップルの特徴

エッチをするしないの問題が出るカップルは、主に女性の方が精神的に大人な場合に起こります。同棲を二人の関係のステップアップ、結婚に向かう上での修業期間などと真面目に考えていると性欲よりも信頼関係を求めるようになってしまうのです。

男性はいくつになっても好きな女性と肉体関係を持ちたいと常に思っているので、彼女に拒否されているうちに気持ちまで離れて浮気に走る男性も続出します。

しかし彼女は自分に非がある事を知っているのでなかなか彼氏の浮気を全面的に否定することができないのです。

対策

【エッチ事情】はなかなか口に出して話すことが躊躇される繊細な問題です。しかし一緒に暮らす男女において決して避けては通れない大事な課題なのです。

女性の精神的な言い分や男性の生理的な事情を考慮するにはお互いが気持ちを開いてこの問題について話し合うほかに解決策はあり得ません。

関係が安定しているのに別れるカップルの多くがエッチへの価値観の相違が原因です。腹を割って話し合えばより一層にお互いの事を深く知れるのに、怖さが邪魔をして問題に触れずに関係を続けた結果残念な結末を迎えてしまうのです。

エッチが原因で別れるカップルの多くが男性からの決断によるものです。本能で女性を求める男性からすると女性のナイーブな精神論は話し合わなければ決して理解してもらえません。

恥ずかしい話題ではありますが彼氏の事が大好きであるならば、女性から【エッチ事情】に触れる事で自分自身も呪縛から解放され相手の男性の理解も得ることができるのです。

彼氏のここが我慢できない!その4.彼氏は只今求職中?!

同棲している彼がヒモだったことが後から発覚?!

イライラシチュエーション

同棲をする上で決して見過ごしてはならないのが【彼氏の仕事】です。しっかりと生活費を折半できるだけの経済力が無い男性と同棲するメリットはありません。

しかし女性はその寛大な心で「求職中」もしくは「バイト君」ならぬ経済力ゼロな男性と一緒に暮らす事を選ぶのです。このような状況を「同棲」とは呼びません。

経済力の無い男性との同棲は【ヒモ養成所】と呼びます。

このタイプのカップルの特徴

経済力の無い彼氏と同棲に踏み切る女性は「人生に焦っている」タイプの女性です。男性と一緒に暮らす事で自分の人生の支えを見つけたような感覚になりますが、ヒモよろしくな彼氏ではまさに「藁をも掴む」焦り具合なのであります。

もちろん男性の方はプライドなど持ち合わせていない女性に依存して生きて行く「人生ケセラセラ男」なのです。

対策

彼氏が毎日必死に仕事を探していたりバイトを掛け持ちしてなんとか生活費を工面する努力家男性であるならば見守ってあげましょう。その一方で家でのらりくらりとしている居候男への対応は彼女の気持ち次第です。

自分でヒモ男を養えるだけの経済力と懐の深さがあるならば問題ありませんが、どこか不満を感じているのであれば今すぐにでも同棲を解消しましょう。

女性の働く姿を見て腰を上げない男性というのは生まれた時からヒモ体質の男性です。

ここ最近では「働く女とヒモ男」という新しい男女の関係も一般的になってきました。そんなニューエイジな恋人関係を受け止める度量がある女性はヒモ男を養っていくことが可能です。

しかし「彼氏には働いて欲しい」、「せめて家賃くらいは出して欲しい」という気持ちが消えない常識人のあなたは、しっかりとネクタイを締めて働く大人な男性にシフトチェンジすることをお勧めします。