同棲を始める前に話し合っておきたい4つの事

shutterstock_209967049 - コピー

同棲を考えているカップルに知ってもらいたい事実。それは、「同棲は思っているよりも甘いものじゃない」という事。仲良しのカップルでも、一歩間違った同棲の仕方をしてしまうと一気に険悪なムードになり、「お別れ」という最悪のケースも。

幸せな同棲生活を送っていくために、今回は、同棲をする前に二人で決めておきたいことについてお話しをしてみたいと思います。

お金の事はシビアくらいでちょうどいい

同棲を始めて一番の喧嘩の理由。それは、「お金の問題」。彼氏、彼女という普通のデートをしている時は、彼氏がお食事代を負担していたカップルも多いかもしれません。

しかし、一緒に住むという事は、家賃や、光熱費、食費や雑費まで色々なお金が出て行くことになります。お金の事は、シビアに細かく決めておく事が同棲生活をうまく続けていくもっとも大切なヒントになります。

例えば、先ほど書いた家賃や、光熱費、食費などのお金の分担はどのようにするのか、彼氏が家賃や、光熱費担当で貴方が食費担当と言う風に割り振りを考えるのか、それとも一ヶ月で出費した金額を二人で割るのかを最初に決めておくことが大切です。

話し合いをしていないと後になって「家賃は貴方が払うと思ってた」というような食い違いが出てきてしまい喧嘩につながります。

金の切れ目が縁の切れ目とも言いますが、お金で喧嘩するほど情けなく、悲しい事はありません。お互いの納得する形でしっかりと最後までお金の割り振りを決める事が大切です。

未来予想図二人の意見は同じですか?

「同棲をしよう」という掛け声とともに同棲を決めたカップルも多いのではないでしょうか?同棲をするという事は二人にとって結婚を視野に入れたお付き合いに発展する可能性を秘めているという事になります。

しかし、男性によっては、「結婚はまだずっと先、でも一緒には住みたい」という気持で同棲をしている人も多くいるのも事実。

貴方が、同棲イコール結婚という考えで同棲を始めても、彼がなかなか結婚という2文字を出さない事に苛立ちを覚え喧嘩になるケースも結構多いんですよね。

こういった揉め事をなくすためには、二人の未来予想図の摺り寄せがとても大切になります。同棲をするという事は、それぞれの親にもその事実を話していく必要があるでしょう。

そうなると結婚という二文字は避けては通れないものになってくるかもしれません。結婚を話題に出すと、尻ごみしてしまう男性も多いものですが、同棲はお互いに色々な責任や周りの人との係わり合いもあります。

二人の未来予想図をしっかりと話し合い、意見をあわせて歩いていく決意と努力が必要なのです。

家事の分担も大切な事

同棲中に女性が感じる不満の第一位に「私は家政婦じゃない」というのがあります。男性は、家事全般が苦手な人も多く、出来る女性に押し付けてしまいがちになるのかもしれません。

しかし、出来ないからといって家事を全くしないというのはどうなのでしょうか。二人で暮らしていることですから、自分の事は自分でしなければならないのが本当の所です。ですから家事の分担は非常に大切な事なのですね。

家事の分担は、同棲を始める前に話し合っておく事がベター。

なぜなら、最初貴方が一生懸命家事をこなしている姿が「当たり前」だと思って過ごしている彼氏が途中から「家事をやってよ」といわれても不満ばかりが募り結果的に喧嘩になるケースが多いからです。

良い方法としては、家事一つ一つに金額をつけるのです。

例えば、掃除機をかける200円。洗濯を一通りする500円など二人で決めて、その家事をやった人はその分自分の出費分を減らせるとか、相手からその料金を徴収できるとかというルールを決めておくとゲーム感覚で男性も楽しく家事をやってくれるようになります。

また、お金は稼げるけど家事は絶対に無理という男性だと貴方のお小遣いがどんどん増えるわけですから家事をやっていても損は感じなくなるはずです。

お部屋選びも重要なポイント

同棲生活を始めようと考えているカップルは、基本仲良しでラブラブだから同棲を考えるものです。しかし、一緒に住むというのはとても難しいことで幸せだけどストレスも結構溜まるもの。

もし、これから同棲を始めようと考えているカップルなら、お部屋選びにも気を使うと良いかもしれませんね。

仲良しだし、家賃も安いからワンルームで良いか!とお部屋が1つのタイプを選んでしまうと、喧嘩をしたときの逃げ場がなくなり辛いんです。

仲良しの時はいいのですが、喧嘩をしている時って正直相手の顔も見たくないと思うのが本音ですよね。そうなるとどちらかが外に出て頭を冷やすという事になります。

その日は帰らないとか、どこかホテルを取るといってもお金がかかってしまいます。これからお部屋を選ぶカップルは、お部屋は2つある所を選んだほうがベター。

駅から多少歩いても、少し物件が古くても同じ家賃でお部屋が2つあるほうが結果的に同棲はうまく行きます

自分のテリトリーがあるという事は男性の精神安定上においても良いもので、イライラして貴方に八つ当たりなんていうこともなくなります。

いかがでしたか?今回は、同棲をする前に二人で決めておきたいことについてお話ししてみました。付き合っている彼氏、彼女の時と違って同棲はお互いの本性が少しずつ見え隠れしてくるもの。結構シビアな局面に立たされる事もあるものです。

お互いに、譲り合い、助け合う事でその難関も乗り越えていけると思います。同棲をする前に二人でしっかりとこの先のことを話し合い、この同棲が二人の未来の架け橋になるようにして行きましょう!