【円満の秘訣】彼氏といつまでも仲良く過ごすための3つの掟

【円満の秘訣】彼氏といつまでも仲良く過ごすための3つのイメージ画像

彼は大切な人。本当は仲良くしていたいのに、最近なぜか上手くいかない。昔のふたりに戻りたい!

交際期間が長くなったカップルの8割が感じている「つき合った当初との違い」決して大喧嘩したわけでもないのに、感じるのは彼の冷めた視線や態度だと言います。

けれどその不仲の原因、実は彼女側にありました。あなたも自覚がないまま「3つの掟」を破っているかもしれません。

1 彼の母親になってはいけない

shutterstock_255680404

恋人であるパートナーに対して気をつけたいこと。まずは彼への接し方の変化についてです。

知らず知らずのうちに、彼はあなたを「女として」見なくなってしまうかもしれません。

ついつい母性が顔を出していませんか?

飲み物をうっかりこぼしたり、ちょっとした言い間違えをしたり。つき合っている彼のことを「可愛い」なんて思うシチュエーション、よくありますよね。

そんなとき、さり気なくフォローするのであれば全く問題ありません。けれど、まるで小さな子どもと接しているような振る舞いをしてしまうことはありませんか?

女性には相手への愛情を母性に置き換える傾向が見られます。これにより相手の失敗は「可愛い」や「しょうがないわね」になり、一気に許容範囲が広がるのです。

ついつい出てしまう「母性」こんなことに心当たりはありませんか?

・彼のファッションに口出しして嫌がられた
・仕事のアドバイスをしたら不機嫌になった
・話し方が「上から目線だ」と言われた

彼が彼女を女として見続けるには

彼女とはつき合って2年になります。どんな存在か?まぁ自分にとってはいつまでも変わらない「可愛いやつ」ですね。拗ねたり怒ったりはしますけど、基本的にはこっちのことを尊重してくれますし。たいしたことじゃなくても、いちいち頼ってくれるって嬉しいもんですよ。

彼氏はあくまでも「大人の男」可愛がられるよりはカッコイイと思われたいし、頼られたい

その気持ちを満たしてあげるのも母性のなせる技です。単なる子ども扱いだけでは、彼のプライドを傷つけることにもなりかねません。

2 彼に鈍感になってはいけない

shutterstock_217147789 (1)

交際期間が長くなったカップルが気をつけたいこと。続いては彼への関心度の変化についてです。

このままでは彼はあなたに「冷めてしまう」かもしれません。

ついつい雑になっていませんか?

職場での出来事や友人と出掛けたときのこと。彼には彼だけのエピソードがあり、時には誰かにその話を共有したいと思うのは当然ことです。さてあなたは昨日の夜、彼が何を話していたか思い出せますか?

彼の一言一句を聞き漏らさないよう集中して話を聞いていた、つき合いたてのあの頃。聞くことに夢中になれましたよね。話の内容はもちろん、会話を楽しむことができていたのではないでしょうか。

では今はどうでしょう。あの頃と同じように彼の顔を見ながら話を聞き、相づちをうっていますか?楽しく笑い声をあげているでしょうか。

ついつい雑になりがちな彼への態度。こんなことに心当たりはありませんか?

・スマホに目を向けたら彼が話を途中でやめてしまった
・聞いているのに「聞いてる?」と言われた
・彼の言葉を聞きもらしてもう一度聞き返すことが増えた

彼が彼女に冷めるのを防ぐには

彼女とは同棲してます。はじめは他人と一緒に暮らすのって大変そうだと思ってましたよ。たまに喧嘩はありますけど、結構うまくいってるんじゃないですかね。話もよくするし、彼女も楽しそうなんで。家の中が明るいのっていいですよね。

一般的に男性は、聞くことよりも話すことが苦手とされています。それでも彼氏があなたに話しかけるのは「あなたに聞いてもらいたい」と思っているから

それを聞き流す。もしくは耳だけで聞く行為は、相手をとても落胆させます。彼の気持ちが離れるのも時間の問題。世の中には聞き上手な女性がいくらでもいます。

3 彼の前で気を抜いてはいけない

10444

心を許せる存在である恋人に対して気をつけたいこと。最後は彼から見られることへの意識の変化についてです。

気を抜いている間に、彼はあなたに「幻滅して」去って行くかもしれません。

ついつい女を忘れていませんか?

彼があなたの家に来て過ごす週末。デリバリーのピザを注文し、着なれた部屋着で映画鑑賞。他の誰に見せるわけでもない、ふたりだけのリラックス空間です。

思い返せば、外でのデートがメインだったおつき合いしたての頃。服にメイクにヘアセットと全身くまなくチェックし、完璧な状態でなければ彼の前には立てませんでした。

今では少々のだらしなさはあたり前。愛されているという自信からでしょうか。少しでも可愛く見られるように、そう頑張っていたあの頃が嘘のようです。

ついつい女をサボりがちなこの頃。こんなことに心当たりはありませんか?

・コンビニに行こうとしたら身なりを注意された
・部屋を見渡して「少し片付けたら」と言われた
・何も言わずに彼の飲み物に手を出したら嫌な顔をされた

彼が彼女に幻滅するのを防ぐには

女ってつき合いたてと変わりますよね。お互いの家を行き来するようになると、あっという間に気を抜いてきません?だらしなくなるっていうか。実は前につき合ってた彼女が、まさにそのタイプで。その点、今の彼女はいい女だと思います。見た目に気を使ってるし、部屋は綺麗だし。

どんなにつき合いが長くても、彼女にはいつまでも可愛くいてほしい。それが男性の本心です。それゆえに、女性の残念な変化が男性に与えるダメージは大きいもの。

たとえ性格が変わっていなくても、外見に気を使わなくなったらアウト。リラックスしているから、と恥じらいがなくなったらアウトなのです。

女性の変化は男性を失望させる

shutterstock_233493142

女性はパートナーの至らないところも愛することができますが、男性には無理だと言われています。

男性にとっては、つき合った当初の彼女が100点満点。あとはそこから引かれていくばかりなのです。食い止めるなら今ですよ!