SNS上の彼氏にムカっ!フェイスブックで喧嘩になる原因7選

shutterstock_208869178

フェイスブックは、実名登録とはいえ現実とはちょっと違うコミュニケーション世界ですよね。そこでの彼氏の行動に、イラっとしたことはありませんか?

フェイスブックが原因で喧嘩になってしまうパターン7つを集めてみました。あなたもこんな経験、ありませんか?

元カノが友達の中にいた

もっともありがちなパターンですね。「まだつながりがある」ということが可視化されている状態は、気分が悪いもの。彼にしてみれば、ただ意識せず放置していただけかもしれませんが、「まだ元カノのことが気になるから残してるの!?」と思ってしまいますよね。

相手の写真やプロフィールが詳細に分かってしまうのも、ムカムカする原因。彼氏の近況を元カノがリアルタイムで知ってしまうのも許せないですよね。

それが原因で喧嘩になってしまったら、すみやかに削除してもらいましょう。その時は、あなたも元彼を削除しないと、もっとひどい喧嘩になってしまうのでご注意を。


女の子と映った写真がタグ付けされていた

「恐怖のタグ付け」。例え複数いる飲み会の写真だとしても、女の子の隣で彼氏が笑顔だったりする写真を見ると、条件反射で腹が立ってしまうものですよね。

筆者も、遠距離だった彼氏が両脇を女の子に挟まれて映っている写真がタグ付けされたのを見て、ブチギレてしまった経験があります…。

「ただの同僚or友達」?そんな説明、火に油。ただそんな写真が存在するのがイヤなんですよね!?

連絡してこないのに、フェイスブックは更新している

「私のメールには返信してないのに、フェイスブックは更新してる!」

「忙しいって言って連絡が途絶えがちだったのに、フェイスブックを更新する暇はあるの?」

と、喧嘩になった経験がある人は多いよう。彼氏としては、「君も見ると思ったから」と、彼女への近況報告を兼ねて投稿している事もあるようですが、

「その他大勢と一緒に報告なんてしてほしくない!自分だけに伝えて!」

こう思うのが女心です。

自分の知らない行動がアップされている

「え、聞いてないよ…」

彼の投稿を見てそうつぶやいてしまった事はありませんか?真っ先に彼女である自分に教えてほしいのに、知らないうちにこんな事してたんだ…と疎外感を感じてしまいますね。

○○を食べた、○○の映画を観た、飲み会へ行った、くらいならまだ可愛いもの。「仕事をやめました」なんて、シャレにならない投稿を見て、冒頭の言葉を絶叫した人を知っています…。

投稿に、自分の知らない女の子が馴れ馴れしいコメントをしている

これも、なかなかムカっとしてしまうもの。特に、

「昔からそう言ってましたよね♪」

など、自分の知らない部分を知ってます的なコメントや、

「こないだの飲み会楽しかったね!」

など投稿と関係ない個人的なやりとりを織り交ぜてくるコメントにイラっとした!という声が多いようです。

投稿内容と現実がズレている

「フェイスブックはリア充自慢、幸せ自慢の場」なんて見方もあるくらい、自分の生活の華やかな部分だけを少し盛って投稿しているケースも多いフェイスブック。

彼氏に対しても、自分を実際以上にかっこよく見せようとしている投稿にちょっと引いてしまう場面があるようです。

ただの友達2人との飲み会なのに、

「異業種交流会で刺激を受けて、仕事へのインスピレーションを得ることができた。常に己を磨いていきたい」

なんて熱心なビジネスマンアピールをしていたり、現実はうだつがあがらない生活をしているのに、やたら哲学的な名言めいた投稿が多かったり…。一番近くにいて素を知っている彼女なだけに、なんだかな…と思ってしまうことも。

中には「彼氏が虚言症で、アラブの石油王とコネがあるとか、スカウトされたとか嘘をアップしていた」なんて話もあります(笑)

自分とのデートが投稿でスルーされている

一生思い出に残るような素敵なデートをした日。そんな時は、別に幸せアピールしてほしいわけじゃなくても、彼氏が「自分との事を投稿してくれるかな?」とちょっと期待したりしませんか?

それなのに、その日の投稿が「巨人が勝った!」だけだったりしたら…「え?あの幸せな二人の時間は一体何だったの?!」と思いますよね。

この場合、彼氏が記憶喪失になっているわけでも、あなたとの1日より巨人が勝ったことのほうがはるかに重要だというわけでもないでしょう。ただ、のろけを投稿するのが照れくさかったり、本当に心にしまっておきたい大切なことはネット上に書くものではない、と考えているからだと思います。

まあ分かってはいても、女心は複雑ですよね…。

こうしてみると、付き合っている二人の間でフェイスブックは利点がないような気がしてきます。「恋人とはSNS上で繋がりたくない」という人の割合も高いよう。

喧嘩の原因になるくらいなら、彼氏とフェイスブックで繋がるのをやめるというのも合理的かもしれませんね。