男友達を好きになってしまった!彼女になれる確率を上げる方法

shutterstock_104447363

男友達を好きになってしまった…。親しい相手だけに、そういうこともありますね。友情が恋に変わった時のときめきはとても甘くていいもの。でも、色んなことで悩んでしまうと思います。

あなたは彼とそのままの関係でいたいですか?それとも付き合いたい?もし後者なら、彼女になれる確率を上げるための方法をお伝えします!

ビジュアルや雰囲気を変えてみる

まず、彼に異性として見られないと始まりません。友達だと思うからこそ、女スイッチもオフにしてとりつくろわない付き合いをしてきて、それが都合がいいと思っていた。けれど、急に恋愛感情になってしまった時に今までの事が悔やまれますね。

だけど、逆にギャップを見せるチャンスとも言えます。彼の前で、今まであまりしなかったフェミニンな服装や髪型で会ってみる。いつもおちゃらけたり、憎まれ口をたたいてばかりいたならちょっと下がった態度を取ってみたり、しとやかなふるまいを心がけてみる。

とにかく、小出しでいいので「女」を見せていくようにしてみましょう。それだけで、彼も意識し始めるはず。


彼が、友達から恋愛に発展できるタイプか見極める

男性によっては、「友達か恋愛対象かは出会ってすぐに仕分けされて、それが変わることはない」というタイプがいるのも事実。彼がそういうタイプで、もしあなたが友達ポジションで長年固定されてしまっているなら逆転は難しいかもしれません。

もし判断ができないなら、直接彼に訊いてみてはどうでしょう?気持ちがバレそうで訊きにくいなら、「友達にこういうタイプがいるんだけど」と間接的に言ってみるといいと思います。

だけど、彼がそういうタイプでも、出会った時にどっちかに彼氏彼女がいたなどの事情で恋愛対象に入るけれど友達でいる、というケースも。その場合、彼の他の女友達とあなたへの接し方は違うはず。

よーく今までのことを思い返して、「もしかして?」と思うことがなかったか考えてみてください。

彼が落ちているタイミングを見逃さない

どっちかが失恋したり、彼氏彼女とうまくいっていなくて落ち込んでいる時に優しくされて、付き合うことになった…友達から恋愛に発展するケースで多いパターン。

人は、落ちている時に受け止めてもらったことは忘れないもの。「いつも辛い時にそばにいてくれた」という実績を積み上げることが大切。

連絡をとったり会ったりする機会があれば、彼に最近悩みがないか聞き出し、全力でなぐさめましょう。もし今彼女がいても、それを積み重ねることでこちらに気持ちが向かう確率が上がります。

筆者も、そうやっていつも辛い時に助けてくれた男友達と、当時の彼氏と別れて付き合うようになったことがあります。思い返してみれば、その男友達は私が落ち込んだ時をチャンスだと捉えていた気が。

「ちょっと悩んでるんだけど」と切り出したときに、なんだかやけに生き生きして「何?俺に話してよ!」と前のめりだったので…。

チャンスだと思っても、あまりあからさまに態度に出さないほうがいいかもしれません(笑)

もし自分がいなくなったら、ということを想定させる

子供のころ、友達はいつまでもずっと一緒にいるものだと漠然と思っていませんでしたか?大人になるにつれ、進学や就職、引越しなど色んな事情で会わなくなって疎遠になることがあるなんて考えてもみなかった。

だけど大人になった今も、友達に対してはどこかそういう感覚を持っているもの。「今の心地よい友達関係を壊すのが怖い」と思って恋愛に踏み出せないのは、「友達ならずっと変らず関係が続く」という前提で考えているから。

だけど友達だって、どちらかが転職や引越しをしたり、結婚したりすると会えなくなったり、疎遠になる可能性のほうが高いですよね。

周りでよく聞く、友達から恋愛に発展したケースでこんなものがあります。

「『そのうちどっちかが結婚して、こんなふうに一緒に遊んだりできなくなるんだね』と言われて、はっとした。それで初めて恋愛感情に気づいた」

「いつも一緒にいられることが当たり前だと思っていたけど、お見合いすることになったときいて、失うことを意識した時に本当に大切な存在だと気づいた」

彼にもし自分がいなくなったら、と想定してもらうのはかなり有効な手です。

直球でないとダメなケースも

もし彼との関係が、「過去に恋愛関係になりかけたけど流れて今は友達」とか、「過去に相手の好意に気づいたけどスルーして今度は自分が好きになった」とか一筋縄ではいかないややこしさを含んでいる場合。直球で自分の気持ちを伝えるしか方法がない事もあります。

失うのが怖くて言えないと思うかもしれないけど、いつか彼が結婚すればどのみち友達ではいられなくなります。もうこんな人はいないと思うなら、賭けてみましょう。

長年の友情から発展する恋は、土台が強いもの。切ないけど頑張ってくださいね!応援しています。