フィーリングは自分次第?波長が合わない人と付き合うといい理由

1

恋愛で人生について学べたらいいとは思いませんか?人が一番成長するのは、もしかしたら恋愛かもしれません。相手のことを死ぬほど考えたり、つらい思いをしたり、いろんなことを望んだり。

自分の汚い面や、今まで知らなかったことがあからさまになるのが恋愛です。心が強く動かされ、本気で反省したり、相手を思いやる気持ちが育ったりしますよね。

そういう時ほど人は成長しやすいのです。恋愛で気が合わない人と付き合うのは実は自分の成長にとても役立つのです。

しかし、恋愛は相手とずっと一緒にいる必要はありません。むしろ一人の時間によく考える傾向にあります。

なかなか好きな人が出来ない人の場合、学びの勉強素材として身近な男性と親しくなってみてはいかがでしょうか?

男性を見る目を養う

2
いろいろな気が合わない男性と付き合うと目が肥えますし、自分の限界が分かります。こういう人とは絶対に合わないというのを見つけられることが出来ますし、そういう経験をしてくと、多少、そのラインが広くなっていくこともあります。

あの人よりはマシだから、ま、いっか。と思えるようになるのです。下が入れば上がとびきり高く見える原理です。

女性はたくさんの恋愛し、男を見る目を養うことが大切です。最近は女性も社会で活躍し、男性並み、それ以上の給料を稼ぐ人もいますが、結婚し、出産するとどうしてもその期間、仕事からフェードアウトしなくてはなりません。

そうなった時に、どうしても「弱い立場」になってしまいます。サポートが必要な時期に旦那のこんな面を見ると、不幸になってしまいます。

  • ギャンブル好きだった
  • 浮気に走った
  • 全然気遣いをしてくれなかった
  • 家事を一切手伝ってくれなかった
  • 実は子供嫌いだった
  • マザコンで、姑と同居の場合、自分の肩を持ってくれない
  • とにかく気が利かない
  • 仕事第一主義で帰ってこない
  • お金に対してケチだった
  • 情緒不安定でDVだった

ですから、男の本質を見極める目を持つことが自己防衛になります。離婚するにも手間がかかりますし、大変な労力が必要になります。

沢山の人と付き合い、話を聞き、その人をじっくりと観察して恋愛力とともに男性を見る目を培っていきましょう。そうしていくと見た目に騙されなくなったり、本当に誠実な人と付き合うことができます。

人の本性は外見だけではわかりません。

知らない世界を知ることができる

23
これも、たくさんの男性や気が合わない男性と付き合うことでもたらされるものです。自分以外の考え方や物の見方、知識などが蓄積されます。

それは思いもよらぬ場面で役に立ったり、自分の基礎となります。高い自己啓発本やセミナーよりも勉強になります。

その人が何かに特化している場合、その知識を吸収することができるのです。しかも今まで知らなかった世界を知ることができるかもしれませんし、勉強できることはたくさんあります。

空気が合わない人と付き合うと、実はこんな素晴らしい利点があるのです。フィーリングが合わない、と早々に諦めるのではなく、つまみ食いするような気持ちでその人と付き合うのも有りかと思います。

人に寛容になれる

65656
空気感が合わないと、お互いの齟齬を感じ、息苦しくなります。一度そのような体験をしていると本当に合う人と巡り合った時の感動はひとしおです。

自分を知ることが出来ますし、プラマイの効果を実感できるのです。これは、合わない人と付き合った最大級の利点でしょう。

最低であればあるほど、人に対して寛容になれます。こんなに合わない人もいたのだから、これぐらいの合わなさ大したことないわ、と笑い飛ばすことができるのです。

それにはコツが必要で、イライラを付き合っている時に溜めず、相手にぶち当たるようにして付き合えばいいのです。そして、理解を求めないこと、相手は変わらない、と真に認めることが大切です。

期待をしない、というのはとても突き放した言葉ですが、そうした方が衛生的ですし、観察するような気持ちで付き合うのがいいでしょう。

この世界にはいろいろな思想、宗教、考え方、国の違いが存在します。今、時代は国際社会です。これからいくらでもそういう「違い」を感じる機会が多くなると思います。

その予行練習だと思って恋愛に励むのです。それはいつしか自分の血となり肉となります。なにがあるか分からない世の中です。たくましく生きるためにも、「人に合わせる力」は必要になってきます。

これは、どんな資格よりも役に立つ力です。それを恋愛で授業料はほとんどなしで手に入るとしたらとてもお手頃だと思いませんか?

打開策が見つけられる

shutterstock_1486851022
合わない人と付き合うと悩む機会が増えます。実は「悩む」というのは必要なことです。その悩みは相手を対照としてはいけません。「自分」に対する悩みではないとならないのです。

なんでこうしてくれないんだろう、という悩みではなく。私はなんであの人にイライラしてしまうんだろう、どうしてこんなに合わないんだろう。そうやって常に考える癖を付けておくといいでしょう。

恋愛、友情、仕事、で相手と上手く行かずに悩むとどうしても相手を敵にしてしまいがちですが、どんなに相手に願っても相手を変えることは出来ないのです。まずは自分から変わるべきなのです。

少ない材料の中でより良い人間関係を作る方法を編み出す。これは生きていく上でとても役立つ知識であり、方法です。ぜひ、フィーリングが合わない人と付き合って、こういう様々な事を学び、力をつけていきましょう。