勝ち組女子になるための、5つの合コン必勝法とは

勝ち組女子になるための、5つの合コン必勝法とはのイメージ画像

合コンは、いわば短期決戦です。2~3時間という限られた時間の中で、いかにして「もう一度会いたい」と思わせられるかがとても重要となります。合コンは単なる飲み会ではなく、出会いを求める男女が集う場ですから、まずはその事を忘れてはいけません。

そして、合コンへ行くと必ず男性と連絡先を交換している女性がいる一方、男性からなかなか声が掛からない人もいます。顔も決して悪くはないし、性格も明るいのにどうして?と思うケースも多々見掛けます。この違いは一体どこで生まれるのでしょうか。

合コン初心者も、合コン経験はあるもののデートには至らずひそかに焦りを感じている人も、これを読めばきっとあなたも合コンで勝ち組になれる、そんなとっておきの必勝法をこれからお教えしましょう。


必勝法その①服装は清潔感と女性らしさを心掛ける

服装の趣味というのは本来、自由であるべきだとは思います。しかし合コンにおいては、その認識を少し改める必要があります。

稀に合コンに個性的な格好や自分の趣味を全面に押し出した服装で現れる人がいますが、これは基本的にはNGです。と言うのも、初対面の相手と会った時、記憶として最後まで残るのが、顔と服装だと言われています。

中でも男性はワンピースやスカートといった女性らしい服装を好む場合が多く、さらに白やパステルカラーといった優しく清楚な印象を与えるものに惹かれるようです。

このような事から合コンでは、黒系のパンツスタイルよりも、やわらかな印象を与える服装がベストと言えるでしょう。

また、綺麗に整えられた爪は好印象を与えるものですが、女性の中では「かわいい」と思われているネイルアートは、実は男性の心を萎えさせてしまう事が多いようです。

アクセサリーも同様で、ネックレスや指輪を複数身に着けていたり、派手なものを好む女性は金遣いが荒いと思われてしまうので注意した方がよいでしょう。

男性が好きなのは、鎖骨部分にさりげなく光るシンプルなネックレスであったり、耳元で小さく揺れるピアスです。これらは顔の近くにあるので、自然と男性から視線を感じやすくなり、目と目が合いやすくなるといったメリットもあります。

必勝法その②気になる男性の左隣に座る

合コン開始時は、おそらく男女が向かい合う形で座っている事が多いと思います。場が和み、時間の経過と共に座る場所が変化していくと思いますが、気になる男性がいて、ある程度、打ち解けられたと感じたら、思い切って隣に座ってみましょう。

パーソナルスペースという言葉をご存知でしょうか。他人が近付いて不快と感じる間合いやスペースの事を指すのですが、一般的にこの範囲は女性より男性の方が広いと言われています。

すなわち、男性にとって、親しくない女性が安易に自分に近付いてくる事は一種の警戒に値するのです。

しかし一方で、パーソナルスペースに入って来てもそれを不快と感じなければ、「それだけ自分はこの人を受け入れているんだ」という気持ちが働くようになります。

さらに、このような話もあります。心理学的には男性は自分の心臓側、すなわち左側にいる人を無意識に守ろうという気持ちになりやすいと言われているので、気になる男性の左隣に座る事で、相手に無意識に「この女性は自分が守るべき相手」だと思わせる事が出来るのです。

これらを総合すると、気になる男性の左隣に座るの、とてもは効果的と言えます。

必勝法その③自己アピールは話す事ではなく、聞く事

短い時間の中で、自分をもっと知ってもらいたいと思って、気が付いたらあなたばかりが話している事はありませんか。実はこの行動は、男性にはあまり受けはよくないのです。

と言うのも、男性が好感を抱きやすい女性の条件として挙げられるのが「話を聞いてくれる人」なのです。特に、自分の話に対する共感や尊敬を女性から感じる事で、男性は「この人とは気が合う」と思うのです。

気になる男性と話が出来るチャンスが来たら、積極的に聞く側に回りましょう。

必勝法その④気遣いよりも、ありがとうの一言を

合コン中、注文をまとめて店員に伝えたり、料理の取り分けをする女性は、男性に好感を持たれやすいのは本当です。

しかしその行動も、時にはあからさまな自己アピールと捉えられてしまう場合もあります。「よく思われたいだけ」と思われてしまっては、恋に発展するチャンスを失ってしまいますので注意が必要です。

それよりも、簡単かつ確実に好意を持ってもらえる方法があります。それは「ありがとう」という事です。

例えば、使い終わったコップを下げている男性がいたら、それに気付かなかった自分はアピール失敗と捉えるのではなく「ありがとう」と素直に相手に伝えましょう。

「寒くない?」と気遣ってもらえたら「ありがとう」と返すだけで、男性からすると「自分の親切や優しさをしっかり受け止めてくれる人」と好印象を持たれます。

必勝法その⑤視線を送る

気になる男性と必ずしも近くの席で話す事が出来ないのも合コンというものですが、そんな時は遠くからでも構わないので視線を送りましょう。

合コンでは、話している時間が長いからといって、必ずしもそれがそのままお付き合いに繋がるわけではありません。

大事なのは「意識している」事を相手に分かってもらう事。それが相手に伝われば、例え合コン中に接触する事が出来なかったとしても、翌日に男性の方から何らかのアクションがあるかも知れません。

どうだったでしょうか。

合コンの勝ち組になるという事は、自分を偽って男性好みの女性となる事なんだ、と少し否定的に捉えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしそれは違います。

そもそも、合コンで自分の魅力を全て知ってもらう事は不可能なのです。合コンとは、その場でお付き合いしてもよいと決めるために男女が出会う場なのではなく、「また会いたい」と思える人と出会えるかどうかが鍵なのです。

職場や学校で、第一印象と実際の性格が違ったという人に出会った事はありませんか?一見冷たそうな人が実はとても人情的で優しい性格だった、という話は割りとよく聞きものです。

それは、最初の印象が悪くても仕事や毎日の生活を通じて本当の部分を知る事が出来たからであって、基本的に会うのは一度きりの合コンでは、このようにはいきません。最初に、「素敵な人だな」と思ってもらえないと、合コンではスタートラインにすら立てないのです。

この事を踏まえて、是非合コンでの勝ち組、敷いては人生の勝ち組を目指して頑張ってみて下さい。