合コンで勝つために!やってはいけないことを知っておこう!

shutterstock_144807280 - コピー

合コンは、出会いを求める男女がお互いにセッティングをしてつくる出会いの場です。上手に活用する事ができれば、気になるあの人もあなたの彼氏になるかも!?です!

合コンでは、やってはいけないいくつかのタブーがあることをご存知ですか?

「何度合コンをやっても、なかなか彼氏ができない。」と悩んでいるあなた。自分でも知らないうちに、合コンのタブーを行ってしまっていませんか??

やってはいけないことを、合コンで行っても、本人はなかなか気がつかないものです。周囲は、もちろん注意をしません。だって、考えてもみてください。一緒に参加をしている女性の友人や知り合いは、みんなあなたのライバルなんです!

例えあなたが合コンの場で、タブーなことをやっていたとしても、誰も注意しないのは当然のこと。だからこそ、自分で注意して気がつくしかないのですよ。

合コンは争いの場

合コンというと、みんなで楽しくお酒や食事をしながら会話をして・・・。と考える人も多いのではないでしょうか?そう考えている人に限って、何度も合コンに参加しても相手が見つからないと不満を言う事になるんです。

合コンは、みんなで仲良くする場ではないです。好みの人がいたら、自分に振り向いてもらえるようにアプローチしなければなりません。そうしなければ、合コンに参加したあなたの「彼氏を作りたい。」という願望は達成できないままなのです。

そのためにも、まずは、一緒に参加している女性は、みなライバルであるということをきちんと認識しましょう。

例えるならば、就職活動と一緒です。集団面接などで、みんなで仲良くしようとばかりする人は、当然落とされます。集団面接などで勝ち残る人は、周りと強調していると見せかけつつ、自分自身をきちんとアピールできる人です。

もちろん、やってはいけないタブーも基本中の基本として押さえておかなければならないのです。

質問攻め

女性に多いのは、男性に対して、いろいろと質問責めにしてしまうタイプの人です。こういう人は、もちろん質問している相手の男性が気になっているので質問していますが、まず、男性に選ばれる事はありません。

質問すれば、たいていの事は相手も答えてくれるでしょうが、何度も質問されているうちに、「この子は、何が知りたいんだろう?尋問されているみたいだな。」と思い、居心地の悪さを感じたり、嫌な思いをする男性が多いのです。

初対面同士なのですから、もちろん相手の事は分からない事ばかりです。相手の答える事を言葉通りに受け取って、後から自分がイメージしていた事とは違うということだってたくさんあるのです。

なので、相手に質問して答えてもらったとしても、お相手のほんの一部分しか知ることはできませんし、相手に嫌われてしまうリスクを考えると、意味のない事だといえるでしょう。

合コンでのタブー1つ目は、男性を質問攻めにしてしまう女性です。刑事の取調べではないのですから、やめましょうね。

合コン上手な女性というのは、こういったことは、周りの女性にさせて、自分はちゃっかりと気になる男性の情報を得るものなのです。

なので、自ら捨て駒になって、相手を質問攻めするのは、ほんとに損な役回りですよ。

スマホいじり

合コンでは、いつもあなたのお好みの男性がいるとは、もちろん限りませんね。好みの人がいないと、合コンに費やしている時間が無駄に思えて、ついついほかのことがしたくなってしまうことがあります。

だからといって、スマホや携帯ばかりいじるのは、マナー違反です。

「今回の合コンは、好みの男性がいないから、どう思われてもいい。」と考えるあなた。あなたは、だからだめなのです!

合コンは、例え、その場で好みの男性がいなかったとしても、今後、酒飲み友達や、趣味が合うからという理由で、友人関係になる男性もその場にいる可能性が大きいのです。

友人関係になれば、その後に再度合コンを設定する事もありますし、あなたの人柄に惹かれた異性の友人が、自分の友人のフリーの男性をあなたに紹介したいと考えることだってあるのです。

つまり、合コンで好みの人がいないからといって、いじけながらスマホをいじるのは、ダメです。合コン2つ目のタブーは、無意味なスマホや携帯いじりです。

彼氏、彼女の関係というと、恋愛関係と考えがちですが、その根本にあるのは、人間同士のお付き合いなのです。人柄や内面で惹かれあうものがなければ、交際は上手くいくはずがありません。

スマホいじりをした合コンの後、再度少しメンバーを変えての合コンで、あなたが気に入る男性がいたとしても、その男性は、あなたが以前の合コンでスマホばかりいじっていた失礼な女性がいたと耳に入っている可能性が高いのです。

あなたの行動がタブーだと知っている女性は、あなたを見てもとがめる事はありません。むしろ、ライバルが一人減って良かったと考えることでしょう。

合コン中に全て相手に話す

男性は、本能的に自分のものにはなかなかならない女性に夢中になります。自分のものにならないというのは、すぐに振り向かないという事もありますが、あなたの情報を全ては知らない、教えてもらえないという状態でもあるのです。

なので、「気に入った相手には私の全てを知っておいてほしい。」とばかりに、どんな質問にでも全て正直に話してしまうのは、やめましょう

合コン中に、あなたに関する興味のある部分が全て分かってしまったら、何だかこの後、二人きりであって徐々にお互いを知っていく楽しみなどは、なくなってしまう気がするはずです。

「相手の事を良く知らないけれど、気になる。」状態にしておくためにも、情報は少しずつ話すようにしましょうね。
合コン3つ目のタブーは、全部相手に自分の情報を与えてしまうことなのです。

まとめ
合コンは、みんなで楽しくやれればよいというものではありません。そんなお人よしなことを考えていては、何度、合コンをしたとしても、絶対に彼氏なんてできこないのです。

お気に入りの男性のハートを掴むためには、周りのライバルと差をつけなければなりません。そのためにも、まずは、やってはけないタブーをしっかりと認識しておく事が大切です。