女子大生にありがち?!合コンで見られる痛々しい失敗例とは

shutterstock_169887680 - コピー

大学生活を送る女性というのは人生の絶頂期にいるかのように輝いて、自他ともに認める充実した生活を送っているのではないしょうか。大学の講義の後などに友達同士で町へ出掛ける大学生の姿というのはとてもキラキラしています。

そんなノリにのっている女子大生のライフサイクルの一つに合コンがあります。かなり活発なグループに属していたりするとほぼ毎日何らかの合コンや飲み会に参加している、なんていう強者もいたりするのです。

何回も合コンに参加しているうちに新鮮さも無くなり自分のストレス発散の場と化してしまっているなんて声もよく聞きます。若いというのは限りなく出会いが溢れていて羨ましい限りであります。

しかしあくまでも合コンというのは出会いの場であり、ライフワークのように合コンに参加する強者女子大生であっても内心では密かに素敵な出会いを期待しているものなのです。

そんな今をときめく女性大生が知らず知らずのうちに出会いを遠ざけてしまっている失敗行為があるってご存知ですか?!

自分自身では楽しく合コンに参加しているつもりでも、実は男性の心を遠ざけてしまっている行為をしているかもしれません。

ここでは合コン馴れしてしまった女子大生がやりがちな失敗例をご紹介します。

音量調整不能!!声がデカすぎ女

合コン馴れしてしまった女の子に多くみられるのが、「声が大きい」ということです。しかしただ単に声が大きいというのでは無くもはや普通の音量レベルを超えてしまっているのです。

合コンという場は知らない男女が初めて会うという若干緊張した雰囲気の場にもかかわらず、最初から全力投球な声を張り上げる女の子は男性からかなり引かれてしまうので速攻で直す必要があるでしょう。

合コン馴れをしてくると相手の男性陣も同じような合コン猛者達ということが多々あります。そのような合コンでは男性も女性も普通のトーンでは会話せずに、最初から最後まで叫び声に近いやり取りが繰り広げられるのです。

万が一運命の出会いになるかもしれないような合コンに巡り合った時に、そのようなサークル飲み会バリの音量を披露しただけで台無しになってしまいます。

自分が話す声の音量を今一度しっかりと把握して、合コンの相手によって使い分けるように努力しましょう。

盛り上げ上手って呼ばないで!

女子大生の中には自らを「合コンクイーン」などと呼ばせる猛者がいます。そもそも合コンに数多く参加しているうちに会の流れを把握して上手に回すことができる、というのは大変素晴らしい能力であります。

そんな女性が一人いるだけで緊張している雰囲気も和らぎ合コンも上手く進むなんてことも多々あるのです。

しかし行き過ぎてしまうとただの仕切り屋さんなんていうレッテルを貼られてしまいます。そうなってしまっては有難がられたりはしますが、しまいにはウザがられて男性との良い雰囲気などは期待できなくなってしまいます。

周りから「盛り上げ上手」なんて呼ばれ出したら赤信号が点滅してきたと気づかなければなりません。盛り上げ上手は確かにみんなから重宝される存在ですが、だからと言って合コンで勝ち残れるか、と言ったらウソになります。

男性はもちろん盛り上げ上手の女性に賞賛の声を送るかもしれませんが、好きになったり女性としての魅力を感じるかというと全くの別問題なのです。男性は良く喋る女性に好感は持ちますが男性本能はあまり反応しないのです。

合コンの最中はまるで自分がその場を仕切ってみんなを楽しませて一番輝いているかのような錯覚に陥ってしまいますが、その陰で他のメンバーがコソコソと男女の駆け引きを繰り広げているのです。

そんな働くだけ働いて美味しい所は他の女性に持っていかれるような実情を見てみぬふりをしてはいけません。これからは全力では盛り上げずにほどほどの力で周りを見渡せる余裕を持ちましょう。

きっと今までには気づかなかった男性との距離感が一気に自分の近距離で感じれるようになれるでしょう。

タメ口しか使えない病?!

合コンの猛者と呼ばれる女子大生はなんと言っても敬語を使いません。本人は敬語を使っているようでももはやタメ口がなんとなく「敬語風」というだけで決してちゃんとした言葉遣いではないのです。

合コンという場はとにかく盛り上がったり楽しくないとダメな場でもあります。もちろん敬語をいつまでもしつこく使っているようでは場も白けてしまいます。なので言葉遣いの調整を雰囲気に応じて使い分けれる技術を習得する必要があるのです。

それは合コンで一緒になる相手の雰囲気や年齢、職業、などあらゆる情報を考慮して言葉を選ぶことで女性としての株が一気に上がるのです。男性は優しいので女性のタメ口にも付き合ってくれますが、実際はかなりシビアに見ているのです。

学生同士の合コンであっても、初っ端からのタメ口を嫌う男性は意外と多いのです。人類は皆友達、のように思っているとせっかくの出会いも無意味に遠ざかってしまうのです。ですから今一度自分が普段使う言葉遣いをしっかりと意識するようにしましょう。

男性はそういう細かいところをしっかりと見ているのです。「敬語風のタメ口」を今すぐに「普通の敬語」レベルに上げる努力をしておきましょう。これも素敵な出会いを呼び寄せる大切な課題なのです。

楽しまないなら参加しない!

合コンに行き慣れた女子大生の中には気だるい雰囲気を全面に出して合コンの間中タバコをスパスパと吸ったり、誰と会話するわけでもなく男性を威圧するような態度を取る?イイ女風?の女の子達がいます。

もちろん合コンに参加するにあたって色々な事情があります。頭合わせであったり仲良い友達がいなかったり、多くは男性に対して特に興味もありません、という女の子がほとんどのような気がします。

合コンに行き過ぎてしまって合コンを嫌いになる、楽しめなくなる、というケースも少なくありません。しかしだからと言って周りの雰囲気を悪くするような態度を取ってしまうのは人としてあるべき姿ではないのです。

初めての人と会う時や大勢の人と時間を共有する場では、常に場の雰囲気をお互いが読んで気を遣い合うことで良い時間を過ごすことができるのです。疲れているからと言って一人だけ場違いな雰囲気を醸し出すくらいなら思い切って欠席しましょう。

このような行動は美人な女の子に多く見られます。見た目が良いので男性が気を遣って話かけてくれますが、大人の男性と出会いたい女子大生は速攻で態度を改める必要があるでしょう。

大人の世界では若さゆえの間違った態度などは認めてもらえません。今はチヤホヤされていてもそのうちに男性からも女性からも干されてしまう日が来てしまいます。常に自分が大勢の中の一人だという事をしっかりと意識して大人な態度で合コンに参加するようにしましょう。

まとめ

女子大生にとって合コンはもはや部活活動のようなライフワークであります。しかしいくら回数を重ねて自分が大人になったような気になっても所詮は若い大学生です。

若さゆえの過ちや勘違いなどは慣れに付き物だったりするのです。学生時代に出会うのは同じような大学生の男の子達だけとは限りません。社会人の男性やそこそこお金や地位もある男性との飲み会に参加する機会も多いのが女子大生の強みでもあります。

数ある出会いを実のあるものにするために、自分自身の普段の立ち居振る舞いを今一度見直して楽しい合コンをしていきましょう。