初デート攻略法!彼と食事に行くとき気をつけたい会話とマナー

56shutterstock_111775199

気になる彼と、ついにふたりきりで食事をすることに。今後の関係が決まるかもしれない大切な日、失敗だけは避けたい!けど、いったい何に気をつけたらいいの?!

お付き合い前のふたりが初めてデートするときに気をつけてほしいことを男性側の意見からピックアップしました。

こんな女は嫌だ! 会話編

いくつになったって、初めてのデートは緊張するものですよね。もし職場が同じなら仕事の話からスタートしたって構わないし、家族やペットの話なども距離が近づくいい題材です。

けれどなんの話をするにしても共通して気をつけるべきことがあります。「何を話すか」ではなく「会話中どんなことに気をつけるか」を取り上げてみました。

緊張を隠そうとする女

スタートからやたらニコニコ笑ってるとは思ったけど、初めは気にならなかった。けれど途中からは、面白いこと言ってるわけでもないのに・・・と違和感を感じてしまいました。結果、あまり印象に残らないデートに。自分を良く見せたかったのかな。
明らかに緊張してる感じなのに「慣れた風」を装う言動にがっかり。お店のこと、料理のこと・・・何を話しても会話がちぐはぐ。こっちだって初めてで緊張してるんだから「ドキドキするね!」と初めに打ち明けてくれたほうが楽でした。疲れてしまったので次のデートは考えていません。

少しでも良く見せたいという女性側の努力むなしく、初デートは失敗。それなりの経験を積んでいれば相手の「頑張ってる感」はお見通し、というわけです。

デート前の印象は「明るくて感じがいい子」だった女性も、デートの後はすっかりイメージダウン。残念ながら「素直じゃない女」に格下げとなってしまいました。

緊張するのはお互いさまですから、あまり作りこまずに普段のあなたを見せる勇気が必要ですね。

褒めたら否定する女

お洒落してきたのがわかったので服装や髪型を褒めたのに「えー全然だよ!」とバッサリ。照れて謙遜したのかもしれないけど褒めたこっちが馬鹿を見た感じに。もし嬉しいなら素直に喜んでほしい。
職場の同僚なので自然と仕事の話に。「いつもありがとうね」と、日頃の感謝を伝えたところ「ならもっと効率よく云々・・・」と思わぬ反応が。こっちに非があるとはいえ面倒なことになってしまった。勝手かもしれないけど、感謝の気持ちには「どういたしまして」で返してほしい。

自分のことを良く言われて嫌な気分になるはずがありません。けれど一度は謙遜しておくべきなのか考えてしまったり、本当は嬉しいのに素直に受け取れなかったり・・・決して悪気があってしたことではないのに結果としては男性側をがっかりさせてしまいました。

デート前の印象は「我が強くなくて控えめな子」だった女性ですが、デート後は「可愛くない女」に成り下がってしまいました。

相手が自分を褒めてくれるなら、それが本心だろうとお世辞だろうと喜んで受け取ってみる。たったそれだけで良かったのです。

じわじわアピールする女

こっちだって好意があるから、ふたりっきりでデートしてるのに「A子ちゃん可愛いもんねー」やら「B美さんスタイルいいしー」だのと他の女の話ばかり。何を言わせたいのか分かる気もするけど・・・言いませんでした。こういうプロセス面倒だし、比較したがる女は嫌だ。
デートの途中から過去の恋愛話になった。こっちは昔の話なんてしたくないのに質問攻めに。「どこに行った」だとか「手料理はしたのか」しまいには「どんなところが好きだった?」まるで尋問。少しでも自分が優位に立つポイントを探しているのかな。ふたりで会う気はもうないけどね。

誰だって他人と自分を比較してしまうものです。どうにか男性側に「君のほうが上だよ」と言ってほしいと奮闘するも、残念ながら男性側は応じませんでした。

デート前の印象は「誰にでも好かれるいい子」だったはずが「実は自分を褒めてほしくて一生懸命な女」と大幅なイメージダウンです。

脈ありかな、と思ったら一気にスパートをかけて思いを伝える!それくらいの方が効果的なようですね。

デートでこれはやめてくれ!マナー編

大人だからといって油断してはいけないのがマナー。食事に行くと意外とボロが出やすいものです。男性を幻滅させてしまうポイントは思っている以上にたくさんあります。

普段から当たり前にしていることは無意識でやりがちですから要注意。男性の目にはどう写っているのかご覧下さい。

「料理の撮影はやめて!」

食べ歩きが好きな子とデートしたときのこと。ランチのコースを頼んだら、前菜、パン、パスタ、メイン、デザート、コーヒーまで全てスマホでパシャリ。正直、一緒にいて恥ずかしかった・・・。

きっと普段からやってるんだろうな。周りの目が気にならない女なんて嫌だ。それにデート内容までSNSに載せる気なのかと思ったら恐ろしくなった。

女子会やカフェ巡りなど、お気に入りのお店で撮った写真をSNSに投稿。多くの女性が日常的にしていることですが、男性はあまり良く思っていません。興味がない人にとっては当たり前かもしれませんね。

テーブルの上のスマホ。会話中にメッセージが届けば目はスマホに釘付け、なんてこと思い当たりませんか?「相手に失礼だからあとで確認」とデート中はバッグの中にしまっていますか?初歩的なマナーを忘れずに!

「綺麗に食べてよ・・・」

デートの店はこっちに任せてもらったから無難にイタリアンをチョイス。そしてデート当日。評判どおり美味しかったし喜んでくれたのは良かったけど、どうしてもまた食事に行こうとは誘えなかった。

それは思ったより食事のしかたが汚かったから。たとえ本人に悪気はなくても、目の前で料理をこねくり回されるのを見るのはキツイ・・・

イタリアンレストランでデート、良くある光景です。美味しいし正解!と思いきや、ピザをうまくナイフで切れないし緊張のせいかフォーク使いで手こずったり・・・焦れば焦るほどお皿の上は無残な姿に。「普段はこうじゃないのに!」そう言いたくてもあとの祭りなんてこと、よくある話です。

初デートでの印象は本当に重要です。一回の失敗で関係が台無しになることもあります。横や斜めの位置に座れるお店ならそうするほうがいいでしょう。もし難しければ、リゾットなど綺麗に食べきれるものを選ぶなど対策をしましょう。

「髪をかきあげるな!」

ファッションに敏感でいつもオシャレな子とデート。そして当日。楽しかったし思っていた通り話も合う。だけど髪をいじりすぎるオンナは嫌だ・・・。

動きがいちいちうるさいし、料理に落ちるんじゃないかと不快になってしまった。ファッション好きなら、もっとシチュエーションに合った髪型をしてきて欲しい。

最近流行りだからか、かきあげヘアの女性が多いですね。ナチュラルで緩い感じが素敵だけれど、とにかく髪を触りすぎてしまうのが難点。

デートなら食事中はまとめ髪、そのあと外でほどいてほぐす。そんなイメージチェンジで雰囲気を変えるほうがベター。マナーを守りつつ、男性に「女性らしさ」を感じてもらえる仕草を意識しましょう。

「支払いは男がします、けどね・・・」

初デートが終わってみれば結構楽しく過ごせた気がする。あと何回かふたりで会ってみてもいいかもしれない、そう思っていたのに。

支払いはヨロシクと言わんばかりにさっさとお店から出て待っている姿に唖然・・・ワリカンするつもりは無かったからもちろんお金はあるけど、なんかイラっとしてしまった。

初デートは半分出すべき?ごちそうになるべき?お金の問題はいつも判断が難しいですね。男性側の主張としては「お金のことでグチグチ言いたくない」気持ちと「感謝してよ」という気持ちでいっぱい。

実際、大人の食事デートともなるとランチなら3,000円くらい、ディナーだと8,000円くらいにはなります。安いと感じるか高いと思うかは人それぞれですが、感謝されてこそ気持ちよく払えるものです。当たり前の顔をしないで「ありがとう」と言って欲しいのは当然ですよね。

幻滅されない女性になるために

男性の本音はいかがでしたか?意外と細かいところを気にしていますよね。男のくせにちまちま面倒くさい、なんて思ってはダメですよ!きっと大雑把な男性って今どき少ないのでしょうね。

無意識に出ているかもしれない会話やマナーの悪いクセ、一度じっくり思い返してみてください。素敵な初デートをすごせますように!