彼氏がダサい!彼氏を傷つけずにかっこよく変身させる3つの方法

彼氏がダサい!彼氏を傷つけずにかっこよく変身させる3つの方法のイメージ画像

本当に好きで付き合った彼氏だし、本当に好きなところばっかりだけど、唯一の欠点はファッションがとにかくダサい!と思う女性が案外多いようです。でも彼氏を傷つけてしまうから直接はぜったいに言えない!

それならいっそのこと彼氏をかっこよくしちゃおう!と頑張る女性もたくさんいます。そこで、女性のみんなが彼氏を傷つけることなく、自然とかっこいい彼氏に変身させてしまった方法をご紹介します。

これで、少しづつ彼氏をかっこいい彼氏に変身させてしまいましょう!

ダサいには種類がある

まず一言で”ダサい”と言っても2種類のダサいがあるのを頭においておきましょう。

  • おしゃれな物を買うが合わせ方がダサい
  • 彼氏自体は、おしゃれなお店でおしゃれな物を買うのですが、コーディネートが下手なタイプです。それとそれ合わせるのはないでしょう!というのが多いパターンです。

    この場合はまだ変身させるのに、そんなに時間はかからないかもしれませんね。おしゃれの要素は持っているので、あとは全体のバランスを考えれるようにしないといけません。

  • 選ぶ物がダサい
  • このタイプは時間がかかるかもしれません。根本的にファッションに対してずれているのかもしれません。今どきこれ選ぶ?というような物を選んだります。でも、変身させがいがあるのはこのタイプです。

そのことを頭におきつつ、ダサい彼氏を傷つけずに変身させる3つの方法をご紹介します。タイプに合わせて使い分けてみてください。

褒めて買わす

彼氏と一緒に買い物に行きましょう。さりげなく服屋さんへ導きましょう。そして、
「この服絶対に似合うよ!」
と褒めつつ薦めます。褒められてイヤな人はいませんよね。これを着てるあなたはかっこいいよという空気をだすのです。

この色は絶対にあなたには似合うよ、この服着てるあなたが見たいというのが伝わるように、褒めて褒めて褒めまくりましょう。彼氏もきっといい気分になって、そんなに褒めてくれるなら買ってみようかなとなるに違いありません。

これを、彼氏の予算も考えながら、少しづつ少しづつ増やしていきましょう。彼氏も褒められるのが心地よくなり、もしかすると彼氏の方からファッションに対して興味がわいてくるかもしれません。

プレゼントする

イベントごとに服や小物をプレゼントしてあげましょう。あまり買ってあげすぎると良くないので、イベントにしましょう。誕生日やクリスマス、バレンタインデーなんかでもいいですね。

普段何もない時にプレゼントすると、相手も重くなるかもしれませんが、イベントだと自然におしゃれな物を贈れますよね。

そこでのポイントは例えばおしゃれな服をプレゼントしたとします。そしたら、その服に合うようなズボンを一緒に見にいくのです。それだと、ズボンを買いにいこうといきなり誘うよりは、
「この前の服に合うズボン見てみようよ!」
と自然に誘えます。

ファッション誌に頼る

わざわざ買う必要はありませんが、雑誌がおいてある場所に行ったら、さりげなく一緒に雑誌を見ましょう。そこで、
「私、男の人のこんなファッション好きだな。」
「この服かっこいいね。」
と口にだします。実際のファッションを見ながら口にだされると、彼氏にもファッション感が伝わり、これなら買ってみようかなと考えだしやすくなります。

変身させる為にぜったいNGなこと

せっかくかっこよく変身させる為にこれだけは絶対にダメな事を覚えておきましょう。頑張っても水の泡になっちゃいます。

ダサいと言うのはぜったいダメ

ダサいと気付いている彼氏もいれば、自分がダサいとは全く思っていない人もいます。どちらにしても、自分のダサい面はいくら恋人でも指摘されるほど屈辱的な物はないですよね。

とくにプライドの高い男性です。そこは絶対に”ダサい”とは口にださないようにしましょう。

ダサいのがマイナスだと思わないようにする

ダサい彼氏で一緒に歩くのも恥ずかしい。友達にも会わせることができないなんて考えてはダメです。ファッションじゃない彼氏のいいところを好きになって付き合ったのでしょう。

完璧な人間なんていません。いいところばかりだけど、唯一ファッションがダサかっただけと考えましょう。考え方を変えるのもおすすめです。
ダサい彼氏=自分好みに染められる

今はダサくても、変身させることで自分好みに変えれるのです!

ダサくて恥ずかしいかもしれませんが、それ以外の彼氏のいいところもたくさん見てあげましょう。そして、彼氏を傷つけることなく、さりげなく彼氏を「自慢のかっこいい彼氏」に変身させてくださいね。