別れを切り出した彼氏の心を引き止める!一発逆転のテクニック

13shutterstock_120291490

大好きな彼から突然切り出された別れ話…。そんなとき、女性はただ泣いたり怒ったりするしかないのでしょうか?

いいえ、どうしても別れたくないと思ったのなら諦めることはありません!彼の心を引き止めることができれば、二人の関係を改善することもできるはずです。

彼が別れることを考える理由には、大きく分けて次の2つのパターンがあります。

●「彼のあなたに対する心情が変化したとき」
●「あなたとは別に好きな人ができたとき」

事情が異なれば対応の仕方もちょっぴり変わってきます。ここではそれぞれのパターンについて、彼の心を引き止める一発逆転のテクニックをご紹介していきます。


彼のあなたに対する心情が変化したとき

理由はよくわからないけど、彼のあなたに対する気持ちが知らないうちに変化していた場合です。

何が原因で、いつから別れることを考え始めたのかはともかく、あなたのことを完全に嫌いになったのでなければ、彼の心を引き止める糸口は見つかりそうですよ。

それでは、彼の心を揺さぶる『切り返しのテクニック』を見ていきましょう。

最大級の愛情を言葉にして甘える

あなたが日頃、彼に対してハッキリした愛情表現をしていなかったとしたら、かなりの効果が期待できる方法です。具体的には…

「世界一好き」「誰よりも愛してる」「これ以上ひとを好きになれない」などなど。これに「お願いだから一緒にいて」「離れちゃいや!」と続けて、彼の胸もとにすり寄ってみましょう。

男性は意外に、彼女のハッキリした愛情表現、言葉を待っているだけということがあります。ふだんからちょいちょい甘えて、彼に「特別な存在」であることを示してあげましょう。

ちょっぴり拗ねて自分をアピールする

これは年下の彼や、恋愛経験の少ない彼に有効な方法です。

「私と別れたりしたら後悔するよ」「私くらいイイ女なんて、いないんだから」と、自分の希少性をアピールするんです。ポイントは、ちょっと拗ねた口調で伝えること。

女性に対して自信のない彼には「そうかもしれない」「だよねえ」と思わせることができるかもしれません。彼が迷うような素振りを見せたら、その腕を抱えて「さて、どこ行こうか?」とリードしてうやむやにしちゃいましょう。

時間を与えて冷静にさせる

これは喧嘩の最中に彼が別れを切り出したときなど、感情的になりがちなシーンで有効な方法です。

あなたまで感情的になってしまわずに「今はお互い混乱してるから、また明日話そう」と促してみましょう。彼に時間を与えて冷静にさせるんです。

翌日、彼の様子によってはいつもと変わらないデートを展開して、別れ話をうやむやにできるかもしれません。彼が口にしない限り、別れ話には触れないことがポイントです。

意表をついてあっさり認める

これは、男性の心理を利用した難易度の高いテクニックですが、功を奏する例も多いものです。

彼から「別れよう」と言われたら、「そうね、わかった。別れよう」と、あっさり受け入れてしまうんです。修羅場を覚悟していた彼からすれば、意表をつかれて狼狽するはずです。

別れを切り出す男性の心理は、自分のほうが女性より優位にいると勘違いしていることが多いものです。そのため、泣いたり叫んだりする彼女の姿を想定するんですね。

それをサラッと、あっさり受け入れられてしまうと、咄嗟に相手を価値の高い存在だと考え直すんです。「やっぱり、もったいない!」とでも思うんでしょう。

ただし、かなりきわどい方法ですから危険も伴います。上手く行けば「ごめん、今のウソ!」「ちょっと待って、やっぱり別れない!」となりますが、下手をすれば「お別れ成立」です。くれぐれも慎重に。

楽しかった思い出を振り返らせる

これは、付き合い始めのころの思い出や、楽しかった日々を振り返らせることで、別れをためらわせる方法です。

ポイントとしては、決して声を荒らげたりせず、トーンを落とした涙声で「まだ一緒に○○行ってないじゃん」「ずっと二人で思い出作っていきたい」などとうったえることです。

仲良しだったころの約束や思い出話をして、当時の気持ちを蘇らせることで、別れ話を撤回させることができるかもしれません。

別れても好きでいると伝える

これは、ふだん気の強いタイプの女性が使うと効果のある方法です。しかし、最後の手段としての切り札的な要素が多分にあります。

彼の別れ話に対して、取るべき手段が見つからないときなどに「別れても好きでいさせて」という言葉を伝えます。女性の奥ゆかしい態度は、男性の心に響くものです。

とくに、気が強い、キツいと思っていた女性が別れ際にとった態度であれば尚さらです。その場で別れが成立してしまったとしても、彼のほうから後日「ごめん、やり直そう」と言ってくる可能性は期待できます。

彼の性格や状況に応じて慎重に!

これまでご紹介したテクニックはどれも効果的なものですが、どの対応を選ぶかはシチュエーションによって異なりますが、次のようなことが基準になります。

  • 別れ話が出た状況
  • 彼の性格
  • 彼が認識しているあなたの性格
  • 彼が別れを切り出した理由に見当をつける

急なことで取り乱してしまうかもしれませんが、感情的になればなるほど彼が離れていくのは間違いありません。できるだけ落ち着いて思い返してみましょう。

失敗の許されない場面ですから、くれぐれも冷静に対応してくださいね。

あなたとは別に好きな人ができたとき

「好きな人ができたから別れてほしい」と切り出された場合です。言われた女性はかなりのショックですが、取り乱して泣いたり叫んだりでは、らちが明きません。

まずはパニックになる心をなんとか落ち着かせて、この大ピンチを乗り越える方法を試してみましょう。深刻な状況ですが、わずかでも望みをつなぐことが先決です。

まずは素直に謝ってみる

「いやいや、私は悪くないし」と思わずに、彼の気持ちをつなぐためにも「そんな気持ちにさせちゃったんだね。ごめんね」と素直に謝ってみましょう。

そして、「私の悪いところは、これから直していくから」と、彼に前向きな検討を促しましょう。彼が心変わりをした原因は自分にあると非を認めて、改善していくことを約束するんです。

ネガティブな言葉よりも、前向きなリアクションをすることが、彼の心を引き止めるための重要なポイントです。

彼が好きになった人のことを肯定する

彼が新たに好きになった女性は、あなたの知っている人かもしれませんよね。そんなときは「なんであんな女!?」と思いたくもなりますが、ここはグッとこらえましょう。

そして「あの人を好きなる気持ちはわかるよ」と、その女性と彼の気持ちをあえて肯定するんです。それだけでも彼の心は揺れ動き、つなぎとめる糸口が見つかるかもしれません。

男性の心理として、「なんで?どうして?」と感情的になられたり、嫉妬から「あんな女やめなよ!」などと言われると、かえってその場から逃げ出したくなるものなんです。

たくさん共通の知人がいることを実感させる

前述した「まずは素直に謝ってみる」「彼が好きになった人のことを肯定する」のように、前向きなリアクションを続けたあとに効果を発揮する方法です。

たとえば、「あ、そう言えば、もうすぐ○○さんの誕生日だね。プレゼントどうする?」といった、共通の知り合いについて話題にするんです。

これには、二人の関係から広がっていった人間関係にまで視野が広げる作用があります。彼に冷静さを取り戻させることができるはずです。

話題を転換するタイミングが難しいかもしれませんが、沈黙した瞬間などを見計らって切り出してみるといいでしょう。

決してヤケになって別れを認めないこと!

大好きな彼から「好きな人ができた」と言われた場合のショックは、そうとうなものでしょう。取り乱してしまうのも理解できます。

でも、「じゃあいい!もう別れる!」「その人が好きなら勝手にすれば!?」なんてヤケを起こしてはいけません。おそらく彼は言われたとおりに去ってしまうでしょう。

ここでのポイントをまとめると次のようになります。

  • 自分の落ち度を認める
  • 素直に謝ってみる
  • ネガティブな発言を避けて前向きなリアクション
  • 共通の知人などの話題で彼の視野を広げ、冷静にさせる

大切なのは、彼の心変わりの原因には自分の落ち度もあったのだと、勇気を持って非を認めることです。やけを起こして心にもないことを言ってしまっては、あとあと後悔しか残りませんからね。

別れ話に対しては嫌われない対応を

彼が別れを考える2つのパターンについて対処方法を見てきました。これらのいずれにしても、彼に心変わりが生じたことに違いはありません。

たった二人だけの関係です。原因の一端があなたにあるのは疑いようがありません。大好きな彼から本気で嫌われる前に予兆をつかんでおくことが大切になります。

親しくなればなるほど、ついつい自分をさらけ出してしまうものです。その反面、相手からのちょっとしたシグナルは見逃してしまうという、けっこうありがちな問題ですよね。

油断しないで、日頃から彼の様子をしっかり観察しておくことです。そして、少しでも気になることがあったら、自分の態度を見直してみましょう。

また、楽しくない話ですが、いざというときのシミュレーションをしておくのも大切かもしれません。大好きな彼との幸せな関係を長く続けるためです。それなりの覚悟は必要ですね。