遊びの関係・セフレになってしまった人が本命の彼女になる方法

遊びの関係・セフレになってしまった人が本命の彼女になる方法

好きな人と既に身体の関係があると、発展の過程の1つと捉えることもできますが、お付き合いまでの順番が違うため、不誠実な印象を受けてしまう方も多いはず。

また一夜だけの関係や雰囲気に流されてしまったなど、その行為をしたこと事態に悩んでしまっている方も見受けられます。

本気で好きだとしても、友達には反対され、自分自身もこのままの関係のほうがいいのではないかとハッキリさせる機会を逃してしまう・・・そんな女性が本命の彼女になる方法をお伝えします。

好意があることを伝える

自身が、どういうつもりで会っているのか、なぜ会っているのかを伝えましょう。

結論から申し上げますと、伝えないことには、始まりません。態度では、もう示しているので言葉にして伝えることが次のステップです。

「会えなくなるのが怖い。」「このままの関係でいた方がいいのではないか。」と思うかもしれませんが、あなたに会うメリットがあるならば男性側も、拒否することはないでしょう。

会っているという自信をもつ

いくら身体を重ねるメリットがあるからといって、男性は嫌いな人と時間を過ごすでしょうか。

連絡をとり、会うことができている時点であなたは普通の友達よりも一歩進んだ、特別な関係。

他人にその事実を伝える必要はありませんが、会っているという点にフォーカスし、自信を持つことも重要です。

自宅やホテル以外での時間をつくる

お泊りをするのが定番コースなのであれば、ご飯をする時間や出かける時間を設け、あなたからアクションを起こしてみること。

その時間を通して、お互いのことをもっと知れるだけではなくセックス以外のメリットを相手に与えるのです。

癒される、元気になれる、楽しい・・・そんな時間を過ごすことができればネガティブな“セフレ”の関係から脱却できます。

女性が“割り切る”というのは難しい

前提を覆すことを申し上げますが、このままの関係を維持しようとしている方には心が痛いかもしれないことを申し上げます。

まれに、彼氏や夫とは別に身体の関係のみのお付き合いをし、完全に割り切っているという方もいますが、そうではなく単純に、恋愛をしたい、彼氏が欲しいという気持ちがある人に伝えたいのは、セフレという関係を維持することは、女性は難しいということです。

なぜなら、女性は脳の構造から、物事を主観的、感情的に捉えると言われています。逆に、男性は、客観的に、理論的なのです。

つまり、セックスをしているという事実に対し、女性がその行動から好意的に受け取っても男性はそこまで主観的に捉えていないのです。

あくまで、セックスできる相手。そう考えているからお互いの考えにズレが生じ、女性が後悔することが多いのです。

とは言え、人間は単純接触効果といい接触(話したり、見たり会ったり)するだけで、回数を重ねるうちに好意を抱くようになるのも嘘ではありません。

例えば、テレビCMで洗剤のコマーシャルを見て、その後スーパーで見かけたとき、「あ!あのCMの!」と記憶に残っていたり、使ってもいないのに良い印象を持っていることはありませんでしょうか。

身体の関係があることをネガティブに捉えず、自信に変えてベストな関係になるよう一歩進んでみましょう。