いちばんになりたい!本命女性になるためには男性心理を理解する

shutterstock_196389662 - コピー

誰もが好きな男性の本命の彼女になりたいと思うはずです。「わたしは2番目でも構わない・・・」そんなことを本気で思っている女性なんていないでしょうし、心の奥底で「彼の本命の彼女になりたい」と思っていると思います。

けれど、実際に本命の彼女になるのは至難の業だと思っている女性も多くいると思います。男性心理を読みたいけれど読み切れない悩める女性に読んで欲しいのですが、男性心理をむやみに探る必要はありません。男性は本命女性だけに送る合図があります。

1. 男性心理は意外と単純である

女性が思っているほど男性心理は難しくありません。むしろ難しくしているのは女性の方だと言われています。女性は「○○してくれた」ことを愛情の合図だと思い込んでいる傾向がありますが、男性はそんなことはあっさり忘れてしまうのです。

女性は記憶力がとてもいい生き物ですが、男性の記憶力はほぼないと思ってもいいでしょう。それは決して男性側に悪気があるのではなく、覚えられないだけなので何の心配もいりません。忘れていたからと言って本命の女性ではないと思い込むのはとても危険です。

ではどんな合図を送ってきたら本命女性と思い込んでもいいのでしょうか?

昼間のデート

こんな普通なこと?と思うかもしれませんが、まず最初に本命と思ってもらえるかどうかの基準は昼間のデートに誘ってもらえるかが重要です。もしも夜にしか誘われない、昼間に誘ったら断られてばかりの場合は少し要注意です。

昼間に会えない理由があるのか、夜のお供にしか興味がないのかが考えられます。お昼のデートに誘ってもらえた、誘ったらOKがでたら本命女性と思ってもらえる最初の問題をクリアしたと思ってもいいでしょう。

褒めてくれる

正直、多くの男性は女性をどんな風に褒めていいのかよくわかっていません。女性からすると「それは褒め言葉なのだろうか?」と言うような褒め方をするちょっと残念な男性もいます。

けれど、男性からすると一生懸命女性のことを褒めているつもりでいるのです。そのことは女性側もすぐに怒ったりせずに男性心理を理解してあげましょう。

そんな褒め下手な男性が女性のことを一生懸命褒める=大切に思っています、気づいてくださいねと願っている合図です。これを見逃すなんてもったいない。どんな褒め方かではなく男性が褒めていることに目を向けると恋も違った方向へ進みますよ。

では、合図を男性が送ってこない場合は本命の女性にはなれないのでしょうか?そんなことはありませんし、決めつけてしまうのはもったいない!

2. 本命の彼女になるためには

男性心理と女性心理には違いがあります。必死に探ってわかろうと頑張る必要はありません。大切なのは「男性心理を理解してあげる」ことです。

今、男性がどんなことを望んでいるか、それを想像するだけでも男性から一目置かれる女性になれるのです。自分の欲望ばかりを男性に押し付けるのではなく、男性の欲望にも耳を傾ける努力をしましょう。
  • メールの返事がないから嫌われている→忙しいだけかもしれない
  • そっけない→疲れているだけかもしれない
  • 無愛想→恥ずかしいだけかもしれない

などなど、女性が思う気持ちとは違う男性心理を理解するだけで本命女性の座に上り詰める可能性が十分にあります。

すぐに本命女性になれる女性、なかなか本命女性になれなかったけれどやっとの思いで本命女性になれた女性。いろいろな時期があると思います。本命になれなかったといって自分のすべてが終わってしまうことはありません。

どこかでその甲斐甲斐しい姿を見てドキドキしている男性も必ずいることを心の片隅に置いてみてはどうでしょうか?そうすることで男性心理をもっと理解したいと思えば、あなたも恋愛マスターです。