気付けば都合のいい女!いい女との大きな違いはココにある!

shutterstock_248678326

年を重ねていく毎に、ついつい「イイ女」を演じたくて、自分では物わかりのいい女を演じていたところ、気付くといつの間に相手にとっての都合のいい女に成り下がっていたなんてことはありませんか?

男たちは口を揃えて「理解のある女はイイ女」というけれど、本当にそうなのでしょうか?!そこでここでは、ふとした行動が思わずあなたを都合のいい女へと導いてしまう失敗や、男の本音もあわせてとりあげてみたいと思います!

都合のいい女に陥るワケ

shutterstock_182199368-1

都合のいい女として扱われるには、女性側にもそれなりの理由があります。そのきっかけとなる行動を見てみましょう。

始めから与えすぎてしまう

信頼関係を結ぶ中では、もちろん相手に理解を示すことは非常に大切なことではあります。しかし恋愛の入り口ですでに相手に従順であるということは、何のメリットにもなりません。

そもそも男性は女性と違って多くの子孫を残そうとする強い本能を備えています。始めから、強い安心感を与えてしまえば、その時点で満たされ、他の刺激を求める可能性もあります。また人間誰しも、始めから与えられてしまうものに特別感を感じるでしょうか?

嫌われることを恐れ、優しい女を演じてしまう

特に男性は単純で子供っぽい生き物です。簡単に手に入るものより、もっと欲しい、知りたいと思う方に興味関心がいきます。

少しのわがままがあった方が、男性側も目標達成の為に突き動かされ、思い通りにならないもどかしさも恋愛感情に結びついていきます。

よって、あまりに嫌われることを恐れ、理解のある女を演じることは、逆効果。男にとって、次第に重くて面倒な女になっていくでしょう。

男たちが口を揃えていう「イイ女」って?!

shutterstock_220354900

男たちが賞賛する「イイ女」ってどんなタイプなのでしょうか。男の本質に迫りながら、その実像を考えてみたいと思います。

それは男の幻想と妄想にすぎない?!

そもそも男が言う「イイ女」なんていうものはただの理想に過ぎません。言い換えれば「(男にとって都合の)イイ女」ということなんですね。

男たちは現実主義の女性たちに比べて、理想主義的な生き物です。「イイ女」とは、男たちに理解を示せる物わかりのいい女と言えるかもしれませんが、すべてが受け身である姿勢は、どんな痛みも甘受するという意味でもあります。

誰かを愛し、尽くすとは実際にそういうことなのかもしれませんが、あなたはその痛みに耐え、たとえ報われなくとも、彼を愛し続けることができるでしょうか?

あなたは我が身を犠牲にできますか?

答えが「YES」であれば、周りがなんと言おうと、私はその愛の形はありだと思っています。

しかし、自分自身の幸福を願い、関係のバランスを望むのであれば、美しい愛の物語を現実で演じることは困難でしょう。そして彼らの理想に付き合わされることも、なんともばかばかしい話です。

この愛に賭けたいならば、どのまま進むべきですが、。ここで考えるべきことは、あなたの本心がどこにあるかです。

ホントの意味で「イイ女」って?!

shutterstock_287654930-1

それでは実際に「イイ女」とはどういうものなのでしょうか。長い目で恋愛をとらえた時に見える、その本質に目を向けてみましょう。

恋愛の先にあるものを考える

結局、恋愛の先には結婚があり、さらにその向こうには家庭というものがあります。その過程で、女性は大きな変貌を遂げていきます。

女性は、妻となり、子供ができれば母となり、いくら社会進出が進んだとしても、その本質は家族を支える存在でもあるのです。

現実世界で求められる女の資質

しかしながら、夫である男性は、そんな女性たちの成長を横目に、いつまでたっても子供っぽく、夢見がちな生き物のままだったりします。

この現実からわかるように、そんな男性たちをしっかりとリードしていくのが女性の大切な役割なのです。

つまりは、男性の都合に合わせて動いているようで、しっかりと手綱を引いている女性というのが、「強さ」と「優しさ」を併せ持った「イイ女」なのではないでしょうか。

都合のいい女からの脱却の一歩

shutterstock_1852655751

男に振り回されない、男性が本命にしたいと思う女性になる為に、まずは都合のいい女から卒業しましょう。

まずは、あなた自身が彼といて心地よく、幸せなのか、耳を傾けて下さい。
演じるだけの自分はやめて、自分を解放した時に、本来のあなたの魅力があふれますそして彼への気持ちについて少し整理をしてみましょう。

打算や寂しさだけで、彼との関係に執着してはいませんか?本当に彼が好きながらば、そのままのあなたで彼に向き合ってみましょう。それで駄目なら、その恋はそこまで。

深追いはしないこと!!恋愛は始めが肝心です。あなたが演じることで作った彼との関係性を覆すのは難しいものです。都合のいい女にされる前に、彼から去りましょう!

自信を持って、恋に向き合おう

自分自身が男性に何を求めていて、何が欲しいのか。ただ曖昧に恋の甘さに引っ張られるのではなく、あなたの人生の中の「恋愛」という一部分について少し考えてみてください。

他の誰でもないあなた自身なのだから、誰の都合のいいようにはならないと、ちょっぴり強い心を持ってみた時、ズルズルと引きずられる弱い自分自身に背中を向けられるはずです!