仕事が忙しい男性が女性にしてもらって癒されると感じる事とは?

仕事が忙しい男性が女性にしてもらって癒されると感じる事とは?

最近、残業を無くそうというところに焦点を当てた政策が打ち出されているのをニュースで見ますが、実際の所、残業をせず帰れたとしても、帰宅後に場所を変えて仕事の段取りやナレッジをINPUTしないと行けない時間を作らなければならないのが、実態です。

女性側としては、彼から何故、連絡がないのか意味が分からない。もう少し構って欲しい等の声にならない声が振り積もるばかりですが、知っておいて欲しいのは、男性はそういう女性の気持ちを、中々分かってくれない(笑)

どちらかと言えば、自分勝手というマイナスのイメージを与えてしまうみたいです。

男性の気持ちを理解し、男性の支えになる事で、プラスのイメージを得るだけでなく、良行なお付き合いが出来、上手く言えば、そのままゴールインまで持って行けるかもしれません。s

今回は、仕事が忙しく疲れてしまっている男性が癒される事に焦点を当ててお話したいと思います。是非、女性の持つおおらかな優しさせ彼を包んであげて欲しいです。

体を気遣う

基本的な部分だが、まずは「自分を構って欲しい」という視点から彼の体(健康状態)を気遣うという所に視点を変える事が必要です。

第一歩としては、メールで「明日は、冷え込む見たいだから温かい服装で出かけてね」とか、「昼間は、晴れだけど午後から雨が降るみたいだね。大変だけど頑張ろうね」と心配している事とお互い頑張ろうねという事を伝えてみましょう。

ここでも、「お互い」というのが一つのポイントです。彼に自分だけが頑張っている!と認識させない事が重要です。

そして、メールの次には、実際に行動を起こす事。具体的な行動例としては、手作りの食べ物を持参してあげるとか、市販の物でもいいので、健康グッズやサプリメント等を渡してあげるといった事が挙げられます。

行動の際のポイントとしては、「あくまで自然なタイミングで」という所が、重要!

あまり、してやっている感や押しつけ感が出てしまうと、逆に彼に「放っておいてくれ」と言われてしまう事になりかねないから注意しましょう。

自分の事もしっかりとしながら、彼の事にも気を回しているというのが、彼からの総合評価を上げる為の対応です。

身の回りの事をフォローして上げる

ここで言う身の回りの事とは、洗濯やスーツをクリーニングに出したりして上げるという事です。

どうしても仕事が長くなり、疲れて帰って来ると、恐らく食事もままならないまま、布団に倒れ込むという場面も考えられます。

そうなってくると、着用していた衣類を洗濯したりするのも困難な状況になって来ます。

そこで、もし彼の家に行く機械があったり、または既に頻繁に行く関係であれば、彼にそれとなく了承を得て、衣類の洗濯やスーツ等のクリーニング等をしておいてあげると男性は大変喜んでくれます。

ここであえて、「清掃」を出さなかったのは、心遣いが要らぬトラブルのきっかけを見つけてしまう可能性があると考えたから(笑)

さっきも言ったけど、男性がその事に対して了承しているのであれば、なんら問題はですが、親切心がおせっかいと思われる場合もあるので、なんでもかんでも自分の主観で物事を進めるのはすごく危険です。

お互いにとってプラスになる事が目的である事を忘れない様にしましょう。

もう一度確認ですが、彼の為がいつも間にか「自分の為」になっていないか良く確認しながら、フォローする様にしましょう。

応援する

ここは、ポジテイブにという事で、まとめて、応援をするというところでくくりましょう。人は、その多くが褒められて伸びる人間が多いです。

だから、彼が頑張っている事に対して、彼がもっと頑張ろうと思える様なメールや電話をして、自分はいつも応援してるし、仕事で忙しいだろうから私の事は気にせず仕事を頑張って欲しい。

それに仕事を頑張っている〇〇は、カッコイイと言って、彼を「頑張れる状態」にする事が女の見せどころではないでしょうか(笑)

男性だって必ずしも自分から望んで仕事をやりたいと思っている訳ではないかもしれないし、仕事を頑張る本当の理由は、実は、自分を幸せにしたいと思ってくれている考えがあっての行動かも知れないから・・・

それをただ、「仕事のせいにして、構ってくれないとか」「最近冷たくなったけど、嫌いになったの」と言葉に出して言ってしまうと、

男性の今までの苦労が水の泡になるばかりか、一気に意気消沈し、二人の関係の存続まで危険になって来ます。

何も確認をせず、先入観で行動する事は何事においても非常にリスクの高い事だという事をこの際、改めて胸に刻んでおきましょう!

なんだかんだ言っても、本心は彼にかまって欲しいというのは、女性なら皆同じだけど、仕事が落ち着いた時に、「うんと甘えさせてね」と言える女性の方が素敵だと思う。

どんな時でも、男性を支えれる女性で居ましょう。