嫉妬で男心を揺さぶる?使い方と態度次第で醜い嫉妬は変化する!

「恋するとダメになる私」彼氏に振られる原因を自らつくる女たちのイメージ画像

恋をしたら嫉妬はつきもの。軽いジョークのような嫉妬から深い深いどす黒い嫉妬まで女性の嫉妬は幅広いもの。嫉妬しすぎて「お前って可愛くない!いい加減にしてくれ」と言われた経験はありませんか?

まだまだこれくらいは序の口で「近寄るな!お前の嫉妬は恐ろしい」などと言って彼が離れていった経験がある女性もいるのでは?全ては愛しすぎてしまったがために出る嫉妬ですが、感情が激しく出るとどうも攻撃的な嫉妬になるようです。

感情激昂型の嫉妬をするアナタ!少し嫉妬の仕方を変化させましょう。あなたの態度で男心を刺激させる嫉妬方法があるのです。

男性が嫌がるのは嫉妬という感情でなく束縛という圧迫感

shutterstock_1185458229
嫉妬の度合いというものは色々あります。また男性も嫉妬をそこそこ受け流せる人、嫉妬を疎ましく思う人とさまざまです。女性が嫉妬するのはほぼ決まっていて相手と比較され自分の方が劣っていたり、蔑ろにされたときなどです。

また女性は同性である女性にも相手が自分より上であるとわかると「悔しい」「私も欲しい」などと物欲などが絡んで嫉妬してしまいます。

なので自分の彼氏が恋愛に関係のない母親や姉妹、女友達の優れている点などを褒めたり好感を持つような言動をすると、嫉妬しやすい女性は爆発してしまうのです。

嫉妬から生まれる束縛に男性は負担を感じている

嫉妬は抑えられるものではありません。男女関係なく人は嫉妬するものです。モノや環境、才能、経済力など嫉妬をする要素はあらゆるところにあるのです。

しかし恋愛においてはモノや環境ではなく、人になるのですから一つ間違えると嫉妬は大きなストレスを相手に与えてしまうことになってしまいます。

男性がこれだけはやめてくれ!と思う束縛とは

恋愛の嫉妬から生まれるのが束縛です。この束縛を女性は当たり前のように簡単に口にしますが受ける男性はかなりストレスを感じているようです。嫉妬から生まれる束縛とは?

  • 女性がたくさん集まる店(特にお酒の場)などの出入りを禁止する
  • 携帯メールや着信は必ず誰からだとわかるようにさせる
  • 携帯を抜き打ちチェックをする
  • 職場から帰宅したら必ず連絡を入れさせる
  • 常に自分の彼女だということを友人達にアピールさせる

男性にとっては地獄なのかもしれませんが女性にとっては「あなたに問題があるのからこうなるのよ!」になってしまいます。

束縛をするというのは不安感や自信の無さの表れの一つなので女性は束縛することで自分の立場を安心させたいのです。ただ言われる男性にすると「いい加減にして」となるんですね。

嫉妬しても無駄?男性の性的欲望は女性と違う

彼氏の友だちを好きになったら…”開き直りと思い切り”が鍵のイメージ画像
女性の嫉妬は凄い、怖い、というふうに言われがちですが実は男性の嫉妬も女性に負けず劣らずなのです。ただ男女の嫉妬の質がちがうので陰湿で嫌味タイプの女性の方が目立ってしまうのでしょう。

男性はもともと子孫を残すという本能があるので彼女や奥さんがいても他の女性と肉体関係を持つことができます。自分の子孫を残すことのできる女性を見つけ支配するという生き物なので、自分の彼女が他の男性と肉体関係を持つことにとても強い憤りを感じ嫉妬します。

女性の場合は男性に守ってもらいたいという依存があるので彼が自分以外の別の女性に心が動くことに不安や恐れを抱きます。精神的な部分を重視しますから恋愛関係でなくても他の女性に優しかったり比べられて優劣をつけられることに嫉妬してしまうのです。

彼がお遊びで他の女性と肉体関係を持ってしまっても本命の彼女は大事にしているということもあるのでその部分を見抜くことができれば彼の少々のお遊びも我慢する努力がいるということでしょうか。しかし彼の浮気を許して我慢しろというのは無理でしょうね。

注意!「嫉妬は愛の証明」と勘違いしてはいけない

絶対にお勧めできない!?失敗するかもしれないデートの場所4選のイメージ画像
女性の中には「嫉妬は愛している証明」と思っている人がいます。嫉妬を愛情表現だと思っているのです。確かに全く嫉妬しなくなってしまっては刺激も無くなってしまい新鮮味に欠けてしまいがちです。

「嫉妬しなくなったら愛は無くなったと同じ」と言う女性が恋愛に失敗したという話があります。

付き合ってきた男性は私のことを「愛情深い女性」とよく言います。私はその愛情深さは自分の嫉妬からということを認識していました。というのも嫉妬は究極の愛情表現だと思っていて、嫉妬の無い恋愛なんてあり得ないと思っていたからです。

「私はあなたをこんなに愛しているのだから、あなたの周りの全てのことに嫉妬するの」

とよく言っていました。しかし今の彼から別れを告げられた時に言われた言葉が

「僕は君の奴隷ではない、君の嫉妬は独占欲と束縛の塊でついていけない」

と言われてしまいました。悲しいというより自分の愛を否定されたというショックの方が大きく立ち直れませんでした。友人に相談したところ

「あなたは愛されることだけを望んで相手を全く愛していないじゃない。常に自分の思い通りにならないと嫉妬したり焼きもちやいたり。嫉妬で支配したら男性はおろか友達だって逃げていくよ」

と言われました。そして愛情深いのではなく愛情に飢えているのだとも言われました。 でも人を愛すとは嫉妬も込みなのではないでしょうか。   
                               24歳女性

この彼女の言うようにし恋愛と嫉妬というのはセットという部分も理解は出来ます。先にも述べたように人の欲や嫉妬は抑えることはできても消滅させることはできないのです。

男性から見て「愛情深い女性」というのは間違いはないでしょう。嫉妬も含め愛情深いと言われる彼女の性格は男性にとって魅力的な部分もあったと想像します。ただ嫉妬、焼きもちの焼き方がまずかったのかもしれませんね。

可愛い女も嫉妬の仕方を間違えると嫌な女になる

男性に「この女腹黒いかも…」と思われてしまう女の5つの特徴のイメージ画像
男性とはわがままなもので彼女がいないと嫉妬されたい、束縛されてみたい、などと言うのですが、いざ嫉妬され束縛されると「重い、うっとおしい」となってしまいます。

いくら愛情深くても嫉妬の度合いや攻撃数によっては愛情は苦痛になり、可愛い彼女もうっとおしい嫌な女になってしまいます。しかし嫉妬は仕方ないのですからまず嫉妬深い女性は嫉妬を抑えるような状況を自ら作らなくてはなりません。

嫉妬深い女性の特徴とは

嫉妬深い女性は好きになったらその人の為なら自分の時間も惜しまないという人が多いようです。なので恋をして彼ができると友人関係に使っていた時間を全て彼のために使うのでいつの間にか友人関係の枠が狭くなり頼りになるのは彼だけというふうになるのです。

一途で彼命!的に見えますが彼に注ぎ込む分、彼からの見返りが少ないと不満になったり嫉妬になっていく確率が大きいと言えます。女性は100の愛情に対し100以上の愛情を得ないと安心しないのです。

しかし女性が100以上の愛情を注いでも男性は100の愛情を返すことはできません。ここはしっかり理解しましょう。男性は女性とは違う生き物です。社会的立場や交友関係は恋愛と別に考えているからです。

嫉妬は上質な言葉遊びで止める努力が必要である

恋愛時、嫉妬はできたらしない方がうまくいくのですが、どうしても嫌味の一つも言ってやりたいと言う時は我慢しなくていいと思います。ただ一度吐いた言葉は消すことができません。きつければきついほど相手の心に残ってしまいます。

嫉妬がらみの嫌味というのは大抵が言われる相手の方が分が悪く、言う側は高い場所から攻めるパターンです。特に男性の場合は自分に非があってもプライドが高いのでしつこい嫌味や何度も同じネタで陰湿な言葉を投げかけられると逆切れの可能性があります。

そして今度はあなたの嫉妬が異様だと責めだすのです。こうなると売り言葉に買い言葉になり悪循環になってしまうのです。

「昨夜、電話くれるっていってたのになんで電話してくれなかったの?」

「どうしても抜けられない付き合いがあってお酒が入ったもんで帰ってから即寝てしまったんだ」

「そうなんだ、帰って来ても靴はいて、鞄も持ったままベットで寝たんだ」

「・・・・・」

「靴を脱ぐ間もなく、服も着替える間もなく、電話も掛けることもできず、お忙しいことで・・・」

「悪かったよ・・・」

「お酒が入りすぎて何もできなくなってお店の女の子に介抱してもらったんじゃないの~」

「その子にメールして私の電話なんか忘れてたりしてんじゃない?」

このように相手をどんどん自分の想像で追い込むような嫉妬の仕方は男性も自分のミスを反省するより反論が先立ちます。こういう時は想像上の人物を出してはいけません。相手は単なる飲み会なのに女性との浮気を持ってこられても答えようがないからです。

「靴を脱ぐ間もなく、服も着替える間もなく、電話も掛けることもできず、お忙しいことで・・・」止まりにし「あなたからの電話、寝なくて待ってたんだから・・・」とぷくっとほっぺたを膨らませるくらいの文句で抑えるほうが良かったのかもしれませんね。

言葉遊びは遊びに徹して言われた相手にもバツの悪い苦笑いぐらいで終われるように止めておくのが無難です。

嫉妬してもプラスは無い!ならプラスになる嫉妬の仕方を考える

「恋するとダメになる私」彼氏に振られる原因を自らつくる女たちのイメージ画像
嫉妬されることは愛されている証拠というように「こいつ俺のこと相当好きなんだな・・・」と男性に思わせる嫉妬ならよいでしょう。ではそういうふうに思われる嫉妬とはどのような嫉妬なのでしょうか。

嫉妬が前に出てしまうと愛情が見えなくなります。嫉妬しても愛情が伝われば相手も「もっと彼女に優しくしなければ」と思うはずです。

嫉妬であなたの愛を分らせるには?彼の重圧になる嫉妬は避けて

あなたもあてはまるような嫉妬の仕方をしていませんか?

  • 重い嫉妬は止めて!嫉妬するなら明るい話題で責める
  • 陰湿でな嫉妬はいけません。ちょっと笑えるような嫉妬を

  • まず彼を信じること
  • 彼の言動に不満や不信感があってもまず彼を信じることです。好きなら信じましょう。

  • 想像して相手を責めない
  • 好きな人がいるのではないかなどと言ってはいけません。怪しくても確実性のないものや人に嫉妬してはいけません。

  • 彼の周りにいる人物を持ち出さない
  • 彼の母親、姉妹、友人知人などあなたと同様に彼が大事にしている人を対象に嫉妬しないように。

  • 束縛や追い込みはしないように
  • 男性に関わらず人は束縛されたり言葉で追い込むと逃げたくなります。

嫉妬しない女性になる!男とはこんなものと割り切ることも大切

分かりずらくて難解?超研究オタクの理系男子と恋愛する方法のイメージ画像
まず恋愛というものを見直してみましょう。自分の全てを恋愛に注いでいませんか?彼に依存していませんか?そんなあなたは彼の言葉や態度全てに反応してしまうのです。

そして比較などされようものなら落ち込んだり嫉妬したりでその世界から抜け出ることが出来なくなってしまうのです。もし彼だけに自分の時間を投資しているなら少しでもいいので自分の為に時間を作ってみてください。

男性との付き合いが彼だけというのは寂しすぎます。男友達を作ることも大切です。但し1対1の関係は誤解を招くので女友達を入れてグループで食事したりお酒を飲んだりと彼以外の男性の話も聞きましょう。

彼との恋愛から離れて自分を向上させ自信を持つ

また趣味のサークルや資格をとって彼のことを考える時間を減らすこともいいことだと思います。自分の評価が高まったり、何かで認められると自信になり、しょうもない些細なことがどうでもよくなるということもあります。何か気になることがあっても

「彼のことは信じてるので多少の嫉妬はあっても流せるし、それより自分にはすることがたくさんあるから」

という具合になってくると嫉妬も少なくなっていくものです。まず自分に自信をつけることから始めてみるのもいいかもしれません。

男心を刺激するには嫉妬に慣れさせてはいけない

shutterstock_211202707
同じものばかりを何日も食べていると「もう食べたくない、他のものが食べたい!」となりますよね。あなたが事あるごとに嫉妬していたらどうでしょう。男性はうんざりですよね。たまには気分転換に可愛い女性と遊んでみたくもなる訳です。

嫉妬まみれのあなたのことは嫌いにはならないけれど「今はいらない」という感情になってもおかしくはないのです。嫉妬も愛情です。しかし毎日になると「うざい愛情」になるのです。

嫉妬も出し方とタイミングというものもあるのです。魅力的な大人の恋愛を熟知している女性はうまい具合に嫉妬を出せるのです。ここぞという時があるのです

タイミングと状況で嫉妬は相手に受け入れられる時もある

喧嘩腰で嫉妬をぶちまけてはいけません。普通なら即ぶつけてしまうのですが、デキる女性は焼きもちを抑えてここぞという時に出します。デートの時など最高潮に盛り上がった時に焦らしながら妬くのです。

例えば別れ際の抱擁時やキスしている時、またはお互いがベットの中で愛し合っている時に、愛し合っている声のトーンで妬くので男性は責められているというより優越感とを感じるのです。

愛し合いながらの嫉妬は相手にも嫌がられずに聞いてもらえる方法です。この方法なら恋人や夫婦であれば可能なことですね。

男心を刺激するのもいいけれど嫉妬はほどほどに

shutterstock_191048897
嫉妬がなければ愛情が薄い、嫉妬が深いと嫌がられる。人間という生き物は自分勝手で貪欲な生き物ですね。しかし言葉を持ち表現ができる優れた生き物でもあるのですから恋の表現はお互いが気持ちが良く幸せになれるものを使っていきたいものです。

嫉妬は愛情をはかるもので「嫉妬されるうちが花」と言ってみたりもしますが、使う人間によっては嫉妬も暴言になってしまう可能性もあるのです。相手を喜ばせる嫉妬もあるようですがやはり嫉妬は嫉妬、ほどほどにと言いたいところですね。