地味系女子の魅力発見!地味な女子が男性にモテる理由とは?

男性にモテるのは華やかで派手な女子だと思ってはいませんか?派手な女性がモテると思っている貴女はもう時代遅れかもしれませんよ?

実は今、地味系女子が男性の間で人気となっているのです。

大人しくて素朴な印象が強い地味な女子の魅力とはなんなのか、派手な女子には醸し出せないその独特の雰囲気の秘密とは?

今回はそんな地味系女子が男性から注目を浴びている理由を徹底的に解明していきましょう。

見た目がぱっとしない女性でもポイントさえ押さえれば流行りのモテ系地味女子になれるかもしれませんよ?

素朴で守ってあげたい可愛さのある地味系女子

派手な女性というのは一見モテそうなイメージはありますし、たしかに華やかな方が男性の目は惹くでしょう。

しかし同時に「恋愛経験が豊富で男性に対して注文が多そう」とか「化粧を塗りたくっていて着飾っている分本性が見えないし隠し事も多いのかもしれない」と悪いイメージも持たれるのです。

それに比べ地味系女子というのは街中で誰もが振り向くような魅力はありませんが素朴で守ってあげたくなりますし「一緒にいると落ち着くな」という感想を抱く男性も多いです。

実は比較的結婚が早いのも地味な容姿の女性の方で、素朴な魅力というのは男性に結婚相手として望まれることが多いので早く結婚したいと望んでいる女性は地味系女子を目指してみるのもいいでしょう。

また、薄化粧や眼鏡、染めていない無造作な髪というのもナチュラルな魅力があるので割と男性には支持されています。

派手さがない分慎ましくて堅実なイメージがある

地味系女子というのは派手さや華やかさはありませんが慎ましいイメージが強いです。

派手な女性は男性から「お金が掛かりそう」「ブランド好きそうに見える」などの印象が強いのでそういった女性を好まない男性は慎ましくて堅実なタイプの地味系女子を好きになる可能性が高いでしょう。

特にバブル期とは違い現代社会の男性というのはお金に対してシビアな人が多いです。

なので我儘で贅沢好きで金銭感覚が常識から外れているような派手な女性は倦厭させる傾向が強いでしょう。

地味系女子というのは服装や趣味などもあまりお金が掛かるイメージがありません。ブランド物よりは機能性にこだわりそうですし、外で遊び歩いたり飲み屋をはしごしたりするよりも読書や映画鑑賞などを好むイメージがあります。

なので地味系女子は将来のことなどもきっちりと人生計画に入れた堅実な気質の男性からは自然と声が掛かる確率が高くなるのです。

そういった将来性のある男性が好みであれば地味系ファッションを取り入れてみるのも有効ですよ。

ガードが固くて浮気しなさそうな地味系女子

女性に比べて男性はパートナーの浮気を許せない傾向があります。もちろん女性であっても浮気をされれば悲しいですし、パートナーを裏切るという行為は許されないものです。

しかし特に男性は女性の浮気に対して厳しく、プライドの高い男性は一度浮気されると一生の傷になってしまうことも少なくありません。

そういった男性から地味系女子は「真面目そうなので浮気をしなさそう」と思われているので恋人にしたいと望まれることが多いのです。

地味系女子は外を遊び歩いたりたくさんの男友達がいるイメージがないので浮気をする可能性が低い、男性から声が掛かるような場所に行かないという安心感があるのでしょう。

服装も露出が多い服などを着ないので男性を誘っている雰囲気もないですし、胸やお尻を強調した服を着ている女性とは違い貞淑な印象があります。

周りの男性の視線を惹き付けてしまうセクシー過ぎる恰好よりも少しくらいダサい恰好の女性の方が彼氏としては安心して交際を続けられるのでしょう。

庶民的な魅力で話しかけやすいのでモテる

派手な容姿、モデル並みのスタイル、社交的な性格の女性というのは男性目線だと話し掛けにくい高嶺の花として映ります。

中には「俺なんかが話しかけても駄目だろうな」と思ったり「どうせもう彼氏がいるのだから誘っても意味がない」と諦めてしまう男性もいます。

相手にされないだろうと思い遠巻きにしてしまうので意外と容姿の整った美人というのは男性からモテない人も多いのです。

それに引き換え地味系女子というのは庶民的な容姿なので遠巻きに見られるということもありませんし「この娘ならお茶くらいはOKしてくれるかもしれない」と淡い期待をもって話しかける男性も出てきます。

話し掛ける時の話題なども派手好きな美人を前にすると「有名ブランドや海外セレブなどの話じゃないと盛り上がらないかも・・・」と懸念しがちですが、地味系女子であれば本や食べ物、時事ネタ、最近のニュースなどが普通に通じるだろうという安心感もあります。

誘いやすい雰囲気を持っているというのは地味系女子が今モテている秘訣と言ってもいいでしょう。