好きになるのはいつも他人の彼、人のものを欲しがる女性の心理

shutterstock_944792349

「隣の芝生は青い」というような諺があります。

隣の家の芝生は自分の家の芝生より青く見えるという意味で、他人のものはなんでも良く見えるというという例えです。

自分の方が良い、自分の方が勝っていたいという競争心理の表れでしょうか。

同じような心理で他人の彼が良く見えるという現象があります。そして私の方が彼女としてふさわしいはずという感覚が起こり、彼を奪いたい願望が生まれます。

好きになった人がたまたま

shutterstock_2571063152
好きになった人がたまたま友人の彼だった、妻子持ちだった、というセリフはよく聞きます。結果的には人の彼を奪うということは略奪愛として見られますので周りからは良いイメージではありません。

友人関係にもヒビがはいるし、幸せな家庭を築いている家族にも苦しみを与えることにもなります。

友人の彼を奪う

三角関係、横恋慕でも行動を起こさず胸の内に秘めておく場合ならまだ許せるとして、行動を起こして友人の彼を振り向かせるような行動や素振りをした場合は問題アリですね。

男性の全てではありませんが男性は女性からの気のある素振りや誘惑に「彼女にバレなければ」という気持ちが起こっても仕方ないのです。関係ができてしまえば例え一回限りのつもりでも二回、三回となり、複雑な関係になっていくのです。

友人の彼を誘惑し関係を持ってしまえば当然友人関係は崩れ、恨みを買うことになるでしょう。

不倫

最近、道ならぬ恋に走るという不倫ドラマが大変な人気でした。一般の奥様方には自分に出来ない願望や人の不幸は蜜の味状態でTVを楽しんでいたように見受けられますが、不倫というのは基本は罪ですね。

しかし独身女性が妻子持ちの男性との恋愛にハマっていくというのは罪というのではなく、少々違った感覚らしいのです。要は「本妻さんに勝った!本妻さんより私!」という満足感があるというのです。

略奪というそれとは別で、いつかは私のところに・・・という切なる思いが健気といえば健気なのですが不倫は出口が見えないだけに何とも言い難いものです。

略奪までの過程を楽しむ

あの人が欲しいと思ったら奪い取るまで必死。苦しかったり辛かったり、紆余曲折があってやっと奪った彼。でも数か月すれば次のターゲットへ。彼を奪いたいというよりも奪うまでの過程を楽しみたい人ですね。

絶対無理だろうと思う人ほど自分に振り向かせたい。恋の障害が大きいほど頑張ります。しかし手に入れた途端に熱が冷めるのです。情熱的なように見えて実は冷淡な性格で、こういう女性は周りだけでなく自分も不幸にしていると気付かないタイプです。

なせ略奪するの?

shutterstock_2703680034
本当に好きだから?本当に彼氏になって欲しいの?略奪愛には単なる好き嫌いだけの問題ではなくそこには自分では理解できないものもあるようです。それは妬みや嫉妬という部分やその他色んな要素が原因として上げられるようです。

もしかしてあなたにも少しだけ思い当たる部分があるかもしれませんよ。

自尊心

人は誰しも自分が大切です。人格を疑われたり拒否されると悲しい気持ちになります。なので自分の人格を保ったり高めたりするために誰かと自分を比較するわけです。

比較の結果、優れていればいいのですが劣っていたりすると他人のものが良く見えたりするのです。お金で買えるものなら自尊心を満たすために買い物をします。

人よりも良いものを持つことで自分の価値を高めたいのです。もし自分の彼や夫が容姿・経済力で劣っていたら・・・略奪愛というのは今の恋人や夫より優れている人を目にすることで取り替えよう(奪う)とするのです。

自分の彼より優れた彼を得ることで満足するのです。そこには本当の愛情や恋心はありません。

認証欲求

私のことを認めてほしいという欲求です。これは仕事場、家庭内、学校、部活動、サークルと人と人とが接する社会ではあって当たり前の欲求です。

女性だけでなく男性にも多くあることです。職場に多くみられる不倫ですが、それなりの立場の上司といえば妻帯者が多く、認証欲求の高い女性の標的となるのが会社の中でも影響力を持つ上司なのです。

職場内で影響をもつ男性に認められることで自我を満たし、認証欲求に満足すれば次は女性として認めて欲しいというカタチに移っていきます。学生で例えると講師や教授がターゲットとなる可能性があります。

自尊心同様、相手の恋人や家族に対して悪いという気持ちはほとんど起こりません。

女性がすべて悪いわけじゃない!男だって同罪!

shutterstock_1185458229
モーションをかける女性が女性ならそれを受ける男性も男性、独身でフリーな男性なら、とやかく言われる必要はありませんが、自分に彼女や妻がいながら他の女性の誘惑に負けるのはどうして?こんな男性がいるから略奪愛が成立するのよと言いたくなりますが。

悲しいかな男性のシタゴコロ

男性のシタゴコロは仕方ないと言っても過言ではありませんね。男性は女性の誘惑には弱いもの。特に美人で好みの女性ならなおさらです。彼女がいても奥様や子供がいても悲しいかな性的欲求は消えることはまずありません。

働き盛りの男性が女性に興味が無い方がおかしいのです。気付いたら略奪されてたという現状もあって当然かもしれません。理性と正義感、善悪の分別、など当人の問題でしょう。自分の彼女や奥様、家庭は大事にしてください。と言いたいです。

飽き性

男女共々に言えることですが、恋愛が長続きしない。相手に飽きる。平凡な恋愛を避け刺激を求める男性は本来の自分の恋人にあまりかまわず、横恋慕してきた女性の誘いに軽く乗ってしまうという特徴があります。

こういう男女がカップルだとある意味サバサバしていて割り切ったお付き合いになるのでしょうね。傍から見るとこういう人たちとは友人関係にもなりたくないところですね。

奪うことは当たり前のこと?

shutterstock_684416525
昔から男性が自分の周りに女性を置くことは男の甲斐性と言われ、気力、根性があり、働きがあって頼もしい気性で経済的な生活能力を持っている男性は、自分の妻以外に女性(お妾さん)の面倒を見たといわれてきました。

時代と共にお妾さんという言葉は少なくなり「愛人」という関係で女性と関わるのが主流になってきました。昔のお妾さんは本妻さんを立てて自分の立場を理解していました。

奪ったもの勝ち

しかし現在では本妻さんより愛人という人の立場が強くなり、本妻さんと愛人さんの立場が逆転する傾向もあります。芸能界の中でも略奪愛という言葉が飛び交っていますね。

そういう風潮もあってか一般社会の中でも好きなら奪ってもいいんじゃないの?相手がいいのだからという感覚が普通になってきたのかもしれません。

略奪愛良い?悪い?

shutterstock_2448342936
子供のころ言われましたよね、「人のものを取ってはいけません」「ものを盗んではいけません」略奪とは奪うことです。人の恋人や妻子ある男性を奪うことです。罪なことです。

お互いが同意していれば罪ではないと思うかもしれませんが略奪というのは相手の仲を引き裂く行為です。引き裂かれて残されてしまった人たちに対しては大きな傷を残すことになります。略奪愛は罪をつくるのです。

罪の上に成り立った幸せです。略奪愛は良いとは言い難いですね。

奪うことは空しい

因果応報という言葉があります。奪ったら奪われるというふうに考えてみてください。奪って満足してもいつかあなたは何かを奪われるということです。

そしてそれに気づかないうちはこのあやまちを繰り返すわけです。奪ったものはいつか失います。奪ってはいけないのです。

略奪愛を繰り返す人

shutterstock_1765111695
友人の恋人や妻帯者の男性を好きになってお互い同意で付合うこと全てを略奪愛とひとくくりにはできませんが、友人の恋人を奪ったり不倫を繰り返す人は単なるクセだけではありません。恋愛依存症の可能性があります。

恋愛依存症の女性は常に相手にかまって欲しい、彼がいないとダメだという可愛いダメ子ちゃんのような態度で接してくるという特徴があります。恋愛依存症は心の病の一つです。 場合によってはカウンセリング等が必要です。

なので略奪愛を繰り返す人とは親しいお付き合いは避けた方が良いです。とくにあなたに彼がいる場合は、あなたの彼が彼女のターゲットになる可能性があります。

あなたの身のまわりは?

略奪する方だけに焦点を定めてきましたが、あなたの彼はどうですか?あなたが彼に対してどれだけの信頼度を持っているか、それを彼がきちんと把握しているかが問題ですよね。

「自分は信頼されているんだ」といつも心に置いている彼ならどんな誘惑にも負けず、あなたを裏切ることは無いでしょう。素晴らしい関係といえるでしょう。でも時と場合によっては信頼関係も揺らぐことも・・・人の心だから絶対という言葉はあり得ません。

あなただけが必死

たまたま好きになった人が友達の彼だった、出会ったのが妻や子供のいる人だったと、道ならぬ恋に悩む女性たちへ一言。あなたは自分の立場を正当化して私は辛い恋をしていると訴えてるのかもしれませんが、奪ってしまう快楽、優越感はどこかにあるはず。

でも相手の心は奪われてはいないことだってあります。単にあなたは遊びの相手という可能性もあります。奪うより真っ当な恋愛を。

あなたの愛で

shutterstock_2577391445
もし彼が他の女性と関係があることがわかったらあなたはどういう態度で彼と向かい合いますか?頭から彼に暴言を吐きますか?それともじっくり話を聞きますか?

彼は悪くない、相手の女性を探して相手を責めますか?それとも見て見ぬふりして自分も浮気しますか?

あなたの態度も大きいのです。大切で失いたくない彼なら大きな気持ちで彼と向き合うべきでしょう。決して略奪愛を仕掛ける女性と同じ土俵に立たないことです。