女子力のない残念彼女にならないために女性力低下危険度チェック

shutterstock_180677624

やっと気になる彼と付き合うことになっても、あまりにも女子力がないと「思っていたのと何か違う…」「なんか残念な彼女だな」と思われてしまう可能性があります。あまりにも残念行動が続けば、大好きな彼に愛想を尽かされてしまう可能性もあるでしょう。

そんな残念彼女にならないためにも女子力低下危険度チェックをしてみませんか?項目に当てはまってしまう女性は現在、女性力低下中の残念女子である可能性も高いですよ!?


チェック1、最近新しい服を買っていない

オシャレに興味がなくなるというのは、典型的な女子力の低下現象です。女子力の高い女の子はこまめに季節ものの洋服をチェックしているものです。

自分の見た目に興味が無くなってしまっている女性というのは周りから「恋愛する気ゼロ」と判断されてしまいます。なので男性から見ても魅力的に見えませんし、彼氏に愛想尽かされてしまう可能性も大ですよ。

いつまでもオシャレを忘れない女性でいたいのなら、意識的にウィンドウショッピングなどをするようにしましょう。スカーフや靴下などちょっとした小物でもいいので、定期的に購入して気分を変えるように心掛けましょう。

チェック2、昔に比べ家にいることが増えた

昔に比べ頻繁に外で遊ぶこともなくなり、最近はずっと家にこもっている…なんて女性はいませんか?それはすでにおばちゃん化している証拠ですよ。外に出るのが億劫で動きたくないというのは立派な老化現象です。

外に出て人と会い、色々な刺激を受けることで、女子力というのは上がっていくものです。それを拒否しているというのは立派な女子力低下現象でしょう。

女子力低下を防ぎたいのであれば、休みの日は家にこもらず積極的に外に出るようにしましょう。彼とのデートも家ではなく、アウトドアデートやショッピングデートなどに出掛けるようにしましょう。

チェック3、もう一年くらい美容院に行っていない

小まめに美容院に行くというのはオシャレ女子の基本です。髪の毛が長くなったから散髪しに美容院に行くのではなく、まだらになってきた髪の毛を綺麗に染め直したり、トリートメントで手入れしたり…。

そういった意味でも美容院というのは女の子にとって必要不可欠な場所なのです。手入れのしていない髪をそのままほったらかしにしてしまうのは女子力低下のサインと言えるでしょう。

残念女子から脱却したいのであれば三ヶ月に一回のペースで美容院に行くといいでしょう。「それはちょっと経済的に…」という人は、最低でも半年に一回は美容院に行き、家でも簡単に出来る髪の毛の手入れ方法や、上手なヘアセットの仕方などを教えてもらうといいでしょう。

チェック4、ファッション雑誌やインテリア雑誌にうとい

オシャレ女子の定番雑誌は20代、30代向けのファッション雑誌です。流行りの洋服や最近の定番アイテムなどが載っているほか、ファッション以外でもテレビの流行りや、若い女性の間で話題になっている出来事なども載っています。なので、読んでいる女性と読んでいない女性では、情報量に大きな差が出来てしまうのです。

いつまでも枯れない素敵な女性でいたいのなら、常にファッション雑誌をチェックして最先端オシャレに敏感になっておきましょう。

また、ファッション雑誌以外にもインテリア雑誌などの若者向けの雑誌もおすすめ。インテリア系やサブカルチャー系は男性の流行りなども載っているので、チェックしておけば彼との会話も盛り上がることでしょう。

チェック5、最近面倒で美容に気を遣っていない

女子力の高い女性というのはいつも美容に気を遣っているという共通点があります。

常にお肌の健康のことを考え、化粧水や乳液などにもこだわっていますし、髪の毛の傷みを抑えるために自宅でトリートメントや美容液を使っている女性も少なくはありません。シャンプーやコンディショナー、ボディーソープにこわだり、自分の肌や体質に合った良いものを使うというのは当たり前なのです。

「シャンプーもボディーソープも家族と一緒のもの」、「その時一番安いのを適当に選んで使ってる」なんて言う女性は女子力低下の危険がありますよ。

「たくさんある中のどれを使っていいか分からない」という女性は、薬局の薬剤師さんや、美容院の店員さんなどに相談してみるのが良いでしょう。

チェック6、お化粧品を試供品だけで済ましてしまう

女子力高い女子にとって、お化粧品というのは毎日使う大切なものです。より良い自分を魅せるための、いわば変身道具ともいえるアイテムを、試供品だけでまかなってしまうのは残念女子の証拠ではないでしょうか。

彼を惚れ直させる女子力高い素敵女子を目指すのであれば、お化粧の流行りを勉強して、自分の顔を一番素敵に変身させてくれるブランドやメーカーを見付けましょう。

どれが自分に合っているかは実際に試してみるのもいいですし、口コミ情報を調べるのもおすすめですよ。