【結婚相手の見極め方】入籍前に海外旅行へ行くべき3つの理由

【結婚相手の見極め方】入籍前に海外旅行へ行くべき3つの理由のイメージ画像

彼との入籍間近で幸せいっぱいのあなた。これまでの交際期間もふまえて、結婚相手として不足なし。

でもちょっと待って!結婚後も幸せに過ごせるかどうか、旅先で最終確認しておきませんか?

計画性があるか確認!

朝起きて、仕事に行って帰宅。日によって多少の違いはあっても、基本はルーチンな行動パターンの日常。

けれど旅行なら、一からプランニングが必要な上に行き先は海外。彼に計画性があるか、しっかり見極めちゃいましょう。

どこに行くかをどう決めるか

まずは行き先を決めます。このとき気をつけたいのが、あなただけが盛り上がって計画を進めてしまわないことです。この旅行はあくまでも楽しみ半分、彼の見極め半分のつもりで。

あなたひとりに行き先を決めさせないか
思い出づくりを面倒くさがらないか

いざ現地では楽しむけれど、準備段階をも楽しめるかと言ったら話は別。なかなか腰があがらないタイプの彼とは、結婚後も様々なシーンで喧嘩になるかもしれません。

フリープランを希望したらどうするか

旅行先の国をふたりで決めたところで、次は「何をするか」を詰めなくてはいけません。普段ならツアーを選びがちな海外旅行も、今回だけはフリープランを希望してみましょう。

情報収集にすすんで協力するか
どこに行きたい、何を食べたいなど意見があるか

協力が必要な時です。一番困るのが、なにも希望しないこと。文句を言わなければ問題ないだろ、とばかりに丸投げするような彼では先が思いやられます。

旅行代金や現地での支払いはどうするのか

さて、内容がある程度決まったところで忘れてはならないのが「お金のこと」蓋をあけてみたら何も考えてなかった、なんてことがないように事前に確認をしましょう。

旅費をあなたに立替させないか
現地で必要な金額を概算できるか

結婚する前提のふたりだからといって、お金のことをルーズにするのは危険です。彼が全て負担する必要もないけれど、まだ家計を預かってもいないあなたに任せきりなのは問題です。

彼のこんな言葉に「計画性の無さ」が見え隠れ

「俺はどこでもいいよ。お前に任せるから好きな所にしていいよ」

「え、新婚旅行に行くんだよね?なのに旅行?行かなくてもいいじゃん」

「ツアーにしないの?面倒くさくない?えー俺は忙しいからお前やってよ」

「メシ?まぁ適当でいいよ。観光とか見たい所もお前優先で!」

「急だったから余裕ないなぁ。ボーナスで返すから払っておいてよ、そのうち財布も一緒になるんだしさ」

「向こうで幾らかかるかなぁ。物価とか全然わかんないけど、どうなの?」

頼もしさを確認!

計画上手なことがわかっても安心しないで!肝心なのは応用力です。

思った通りにいかないのも旅の醍醐味。そんな時に落ち着いてトラブル対応できるかどうか、彼の度量が試されます。

慣れない旅先「空港にて」

いよいよ旅行の始まり。日本を離れ、到着した先で待ち受ける最初の難関が空港でのやり取りです。言葉の違いはもちろん、普段とは全く違った空気にのまれてしまわないかを見ることができるでしょう。

最低限の下調べはしてあるか
普段と違う環境でもリードできるか

いくら近隣国とはいえ海外。なんの予備知識もないままでは混乱するのがあたり前。この先、慣れない環境でもしっかりとあなたを支えていけるかを見ることができます。

押し付け合いがち「ホテルにて」

自力でホテルに着く頃には、彼にもあなたにも少し疲れが見え始めるかもしれません。そんな中、第二の難関が訪れます。それはホテルへのチェックイン。そして部屋に到着後の様子も要チェックです。

進んで自分から動けるか
計画を無視して休みたがらないか

慣れないことは苦手だからとあなたに押し付けたり、疲れたからといってすぐに休みたがったり。これではパートナーとして頼りになるとは言えません。

お互い緊張「レストランにて」

オーダーの仕方やお店のスタッフへの振る舞いで、相手に幻滅してしまうことは結構ある話。しかもそれが海外ならなおさらです。勝手知ったる日本では気にならなかった彼の様子、しっかり見ておきましょう。

知ったかぶりで誤魔化そうとしないか
恥をかくまいと横柄な態度をとらないか

物事が上手くいかないとき、彼はどんな様子になるのか。すぐなげやりになったり、空気を悪くしないとよいのですが・・・

彼のこんな言葉に「頼りなさ」が見え隠れ

「やべ、英語なんて忘れちゃったよ。トランクっていつ受け取るんだっけ」

「まずホテルだよな、タクシー?この後どっち行けばいいの?」

「ムリムリムリ!なんて言うの?お前チェックインしてきて、お願い!」

「疲れたー・・・・・・すぅすぅ(寝息)」

「あー・・・はいはい、アレだろ。肉の料理。前に見たことある気がする」

「水くださーい。え?なに金かかんの?じゃあいいや、チッ(舌打ち)」

優しさを確認!

結婚してもうまくやっていけるか、最後にして最大とも言えるポイントが「優しさ」これがなくては長い生活を共にするのは辛いものですよね。

普段より心の余裕が少なくなりがちな旅先で、いかにパートナーへの心配りができるか。これをクリアすれば完璧と言えるでしょう。

観光中の様子は?

観光地をめぐる中、彼は車道側を歩いているでしょうか?歩くペースは?ちょっと大袈裟かもしれないけれど、あなたをどれくらい大切に思っているかがわかる場面です。

あなたを守る意識があるか
あなたのペースに合わせられるか

観光地では見るもの全てが新鮮。建造物や景色に気を取られたり、お店のひとつひとつを覗きたくなったり。はしゃぐあなたにウンザリするような彼なら、この先の旅行が思いやられます。

シャワーを使う順番は?

観光と食事を満喫し、夜ホテルに戻ってきました。彼もあなたも疲労はピーク、ベッドに体を投げ出せば爆睡してしまいそう。けれどお風呂にも入りたい。なら、どっちが先に入る?果たして彼はどう考えるでしょうか。

あなたを気遣えるか
自分のことばかり優先しないか

お風呂なんて早く済ませて早く横になりたい。それはあなただって同じですよね。疲れている時こそ、優しさの度合いが顕著にあらわれるときです。

疲れてもイライラしないか

2泊3日の短い旅行も終わりを迎える時がきました。帰国前のバタバタした雰囲気は旅にはつきもの。彼を見極める最後のポイントは、旅疲れピーク時の様子から見て取れることでしょう。

声を荒らげたりしないか
ため息、無言などで会話をスルーしないか

例えば急いでいる中、あなたが忘れ物をしてしまったら。そんな想定外のトラブルにも優しく対応できるかは重要視したい部分ですよね。

彼のこんな言葉に「思いやりのなさ」が見え隠れ

「車の運転、荒いなー。お前そっち車道だし気をつけろよ?」

「え、どこ行くの?土産とかどうせ後で見るじゃん、早く次行こうぜ」

「疲れたー。あ、俺ちゃちゃっとシャワー浴びちゃうわ。すぐ済むし」

「もうクタクタだから荷物の整理、お願いしてもいい?」

「マジで忘れたの?今から戻って間に合うのかよー、ちゃんと確認して部屋出ろよ!」

「はぁー・・・・・・(聞こえないフリ)」

全ては結婚生活の予行練習

あたり前に過ごしている日常では気づきにくい、彼のあれこれ。新婚旅行でボロが出て幻滅するくらいなら、一足先に確認しちゃいましょう。

飛行機で2、3時間の近隣国を選べば連休を利用して行けますし、お財布への負担も少なくて済みますよ。