女は過去を語るなかれ!彼氏に秘密を打ち明けないメリットとは

shutterstock_109211294_

女性はとってもお喋りです。今では女性も政治や外交に積極的に進出して活躍していますが、かつて男性ばかりが重要な仕事を担っていたのも頷けます。

なぜなら時に女性のお喋りが原因で物事が失敗に終わってしまう、という事態が頻繁に起こっているからです。私達の喋りたい欲求は底知らずでありとあらゆる物を壊してしまうきっかけを作ってしまうのです。

ふと過去を振り返っても、自分や女友達のお喋りが原因で不仲になってしまった友達の顔なども思い浮かぶのではないでしょうか。口は災いの元、という言葉は女性のために作られた戒め的な意味合いが含まれているのです。


自分を120%知って欲しいという間違ったアプローチ方法をしていませんか?!

そんなお喋り大好きな女性が恋愛において気を付けなければならないことは自分自身で自爆スイッチを押してしまう、という行為です。

好きな男性に自分の事を知って欲しいという強い気持ちで自らの半生を振り返るような会話をしてはいませんか?!

男性心理を一番に考えた時に、自分の話ばかりしてくる女性は第一に避けたい、と思うのが常であります。お喋りな女性は自分の話をやたらと好きな男性にしてしまい一回のデートで飽きられてしまうのです。

まだお付き合いという段階にまで漕ぎついていない関係性では100%振られてしまうことでしょう。女性のお喋りというアプローチ方法は男性を本来あるべき姿ではない受け身な態勢に変えてしまう働きがあるのです。

一旦男性が受け身になってしまったら女性としての興味は薄れたことになるのでこの二人の関係は期待できないものとなるでしょう。

語らないことの美を極めよう!

もし男性との関係を長続きさせたい、と思うのであれば「自分の事は聞かれるまで語らない」というスタンスを頭に叩き込みましょう。

聞いてもいないあなたの人生をベラベラと語られては男性は萎えてしまいます。男女の関係ではお互いが興味を惹かれつつ前に進むのが一番うまくいく方法です。

そのためには男性に興味を持ってもらえるような女性でいなければなりません。自分自身で特別に抜きんでた魅力を兼ね備えている場合は別ですが、一般女性はただ自分の話を聞かれるまではしない、という事を守るだけですべてが上手く回るのです。

お付き合いをしている男女の関係でも同じことです。自分の恋愛遍歴などを今お付き合いしている男性に話すなどというのは興味を引くどころか嫌がられてしまいます

お喋りが招く災いというのは常にあちらこちらに隠れているので自分自身でしっかりと強い意志を持つことが何よりも大事です。

ではなぜ女性は男性に過去を語るべきではないのでしょうか。ここではお喋りな女性が口にチャックをすることで得られるメリットをご紹介します。口を開かずにはいられない女性は要チェックであります。

どんな女性にも必要なミステリアスを手に入れろ

自分の事を語らない最大のメリットは男性の興味を一番に惹きつけるミステリアスな一面を自ら作りだすことができる、ということです。

お喋りな女性に最も縁遠いのが秘密と言う言葉ではないでしょうか。しかしすべてオープンで自分の事を毎日お知らせしてくる女性に男性は興味を持ち続けることはできるでしょうか。

女性同士の付き合いは毎日お互いに起こった日常を語り合う、という楽しみがありますが男性との関係となると少し事情が変わってきます。

どんなに仲の良いカップルでも余計な事は語らない、という事を肝に銘じておきましょう。ではカップルにおいて彼女が語るべきではない事とはどんなことでしょうか。

過去に付き合った男性の話

女性は過去の恋愛話をすることで今お付き合いしている男性の気を引こうと考えますが、かなりの逆効果になるので止めましょう。最初はこちらが思うように心配してくれたり不安になってくれたりしますが終いにはウンザリされてしまいます。

過去に終わった恋愛などの話は一切せずに今の恋愛に集中しているという姿勢を見せましょう。

男性を引かせる将来の話

別れ話にもつながってしまう話題が将来の話です。自分や相手の男性の夢を語るのではなく、自分が思い描く男性との幸せな未来像を語って結婚を匂わせるという話題です。

特に20代後半から40代の女性がこの手の会話をし始めると男性は恐ろしく冷めてしまい人によってはプレッシャーに感じて彼女との関係から逃げ出したくなる衝動に駆られるのです。

結婚や相手との将来を話題に出すのはかなりの信頼関係と二人とも同じ気持ちでいることに確信を持てた時のみに限りましょう。

究極の癒し系・聞き上手な女であれ

お喋りな女性は自分に神経が常にいってしまっているので、周りの人の話を聞いているようで聞いていません。人は誰かに話を聞いてもらって癒されたり心がホッとしたりするものです。

しかしお喋りな女性が聞き手に回ろうとすると、喋りたいという圧力を抱えたままの姿勢なので相手の男性に心地よい空間を提供してあげることはできません。

男性は一緒にいて安心できたり居心地の良い女性を最後の女として選びます。選ばれる女になるためには男性が心安らぐ雰囲気で包んであげれる能力が必要となります。

最初から喋る気満々では癒しの雰囲気などは一切生まれません。相手の話を聞こう、受け止めよう、という姿勢が男性が求める癒しに繋がるのです。

お喋りな女性は癒しという言葉からもかなり遠い位置に立っているということを知っておきましょう。一緒にいて楽しい女では無く、選ばれる女になるには一度お喋りを封印して男性を受け止める姿勢を手に入れましょう。

繊細な心の動きに耳を傾けてみよう

お喋りが過ぎるとどうしても細やかな心の動きに敏感になってしまいます。しかし周りに耳を傾けようという姿勢になるだけで、今までは感じてこなかった人の息遣いや心遣い、心の動きまでが感じれるようになってきます。

お喋りをしていては見過ごしていた大切な気持ちの動きや感情の変化をくみ取ることができたら、あなたも立派なモテ女です。男性はそんな女性の細やかな心遣いに感銘を受けると同時に人間としてもリスペクトし始めるのです。

自分だけがお喋りをしているようではいつになっても周りで起こっている小さな気持ちの交わりを感じることはできません。

逆にこれさえ感じ取れることができたら普段感じている男性への不安や聞き出せない彼の本当の気持ちなども話すことなく知ることができるのです。

もちろん口に出して伝えなければならないことも沢山ありますが、言葉にはできない感情を汲み取ってあげることで生まれる信頼関係がそこには存在するのです。

いまいち周りの空気が読めていないな、と自覚する女性はまずは自分のお喋りを一旦お休みしてみましょう。きっと知りたかったすべての答えを自分の気持ちで受け止めることができるでしょう。

まとめ

誰にでも人には見せるべきでないミステリアスな一面を持っています。しかしそんな秘密をお喋りという女性の得意技によって秘密では無くなってしまうという現状が常に起こっているのです。

ミステリアスであることは多くを語らないということと直結しています。それはただ黙って聞き手になって自分の気持ちを押し殺して生きて行く、というような窮屈なものではありません。

言葉を少な目にすることで周りから注目を浴びると同時に自らも周りに繊細になることができるのです。イイ女を目指す女性はまずは多くを語らず気持ちで感じるようにしましょう。