新しい恋を始めるために!過去の好きな人を忘れるのに最適な方法

新しい恋を始めるために!過去の好きな人を忘れるのに最適な方法

「前の彼が忘れられない」「過去の好きだった人の思い出を引きずってしまう・・・」そんな女性におすすめの過去の恋を上手に忘れる方法を紹介していきます。

新しい恋を始めるためにも前向きな気持ちになることが大事なので過去の恋愛を忘れたり良い思い出として昇華することはとても重要なのこ
となのです。

上手に気持ちをリフレッシュして再び素敵な恋愛を掴みましょう。

一度思いっ切りり泣いてみる

無理に忘れようと気持ちを押し込めているといつまで経っても前向きな気分にはなれません。昔の恋や失恋を忘れるためには一度思いっ切り泣いてみるというのが有効な手段なのです。

泣くという行為は精神のストレスを癒してくれる効果があると医学の分野でも話題になっていますし、思いっ切り涙を流すというのは意外と体力を使うことなので彼を思い出してよく眠れないという女性も疲れてぐっすり眠れることでしょう。

泣いてすっきりしたら次の日から気分も少し軽くなって新しい恋に向けて視野が広がるという効果も期待できますよ。

泣く際は自分の思い出に浸るのもいいですし、彼を思い出して泣くのも効果があるとは思いますが、自分の思い出では上手く泣けないという方は泣ける映画を見たり泣ける小説を読んでみるのもおすすめです。

人は登場人物に感情移入して泣くことで自分の過去の出来事にも重ね合わせてしまうものなので物語に夢中になっているうちに辛い思い出が昇華しているということもありますよ。


趣味や習い事に目を向けてみる

恋に悩んでいるときは猪突猛進に恋愛にだけ目が行っているものです。しかしその恋愛が過去のものとなっているのにいつまでも視野が広がらないままでは辛い思い出は忘れられません。

一旦思考を恋愛から離して趣味や習い事などに向けてみてはどうでしょうか。最初は思い出が頭を占領していても趣味などに夢中になるにつれて自然と意識もチェンジしてくるものです。

最近は習い事もたくさんありますし、実用性を考えて資格などを取ってみるのもおすすめです。

また、習い事や教室に通うようになれば新しい世界との交流も増えるので人間関係も深まり新しい素敵な恋のチャンスにも恵まれることもありますよ。

趣味を通して出逢った二人であればきっと話も合い意気投合する可能性も高いでしょうし、教室内に好きな人が見付かればきっと習い事に通うのもさらに楽しくなるでしょう。

しばらく旅行などをして気持ちをリフレッシュ!

失恋旅行なんて言葉もあるくらい旅行というのは気持ちをリフレッシュさせてくれる効果があります。

なので忘れたい辛い思い出がある際は行ったことのない知らない土地で過ごしてみるのは心機一転するのにとても有効なことなのです。

近場で一人温泉や一人バカンスなども癒されますし楽しいでしょう。また、近年では気軽に海外旅行にも行けるので飛行機に乗ってふらっと外国へ旅立つというのもおすすめです。

海外旅行は価値観を変えてくれる要素もありますし、観光などでスケールの違う建造物や生活習慣などを目の当たりにすると今まで悩んでいたのが馬鹿みたいに思えることもあります。

傷心旅行というとどうしても一人旅のイメージが強いですが別段一人でいる必要はありません。気の置けない女友達などを誘ってわいわい騒ぎながら旅行に行くのも効果的なリフレッシュ方法です。

現代社会において悩みのない人などいるはずもないので悩んでいる友人の話を聞くことで自分自身の思考も整理されるということもあります。

お互いに悩み相談し愚痴を言い合ってお酒を飲み交わすというのも過去を忘れる賢い方法ですよ。

社交的な場に飛び込み悩んでる暇をなくす

前の恋を引きずっていたり辛い過去に囚われているとついつい家にこもりがちになりますが、勇気をもって家から出ることで気分が楽になるということもあるのです。

過去の思い出を引きずるというのは元カレや過去の出来事を考えてる時間が多いということであり、思い出す暇をなくしてしまえば自然と気持ちは外側に向いていきます。

効果的なのはわざと社交的な場所に飛び出して他社との交流を増やしてみることです。人間の脳は過去の思い出よりも今の人間関係の方を優先的に思い出すようになっています。

なので人付き合いが増えれば自然と今の友人や知り合いの方が頻繁に頭の中に登場するようになるでしょう。

また、社交的な場に出るようになれば出逢いも増えますし、もしその出逢いが新しい恋に繋がらなくとも良い人との交流は友人関係や仕事関係などを深めてくれさらに魅力的な自分へと変身できるでしょう。

いきなりクラブなどに行くのは抵抗が・・・という女性は人が集まりやすいカフェや最近流行りのスポーツ観戦できるバーなどがおすすめですよ。