これだけ抑えてあなたも完璧!男性が彼女にしたい女性の条件

shutterstock_93529864 - コピー

彼氏ができない、男性からモテないと嘆いている女性は周りを見渡すと本当に多いことに気が付きます。しかしこのような女性に共通しているのは男性に対して不満を持っているということです。

それではいつまで経っても男性に選ばれる女性になるどころか敵対視してしまいより一層男性と縁遠くなるばかりです。彼氏が欲しい、モテたいと思うのであれば男性がモテる女性像に変わるだけで人生バラ色です。

自分を変えることは意志に反するなどとカッコつけていないで男性が求める彼女像を研究して早いところシングルライフから足を洗いましょう。

万人受けする見た目で自慢の彼女

誰でも綺麗で見た目の良い彼女が欲しいと思っているのです。男性も女性と同じように人の目が気になるのです。性格重視なんてよっぽどでない限り口に出してはいけません。

自分が相手を選ぶ上で性格重視なのは置いといて、相手から選ばれるのに外見は重視してないよ、なんてあまりにも複雑すぎます。

やはり見た目から受ける印象はかなりの割合を占めています。そして女性として外見で選ばれるのはかなり光栄なことです。

どんな男性も喜んでくれる見た目というのはほどよく大人っぽい綺麗可愛いではないでしょうか。あまりにもザックリしていますが、極端に個性的な見た目よりは一般的に見て一緒に歩きたくなるような見た目を目指せばいいのです。

自分の個性を尊重し過ぎると出会いの入り口の時点で勝負の舞台から降ろされてしまいます。男性ウケという言葉が嫌いな女性も一度勇気を出して挑戦してみてはいかがでしょうか。今までの男性の対応が嘘かのような変化に気づくはずです。

必死さゼロで余裕な女

男性が苦手なタイプの女性で一番に挙げるのが必死な女性ではないでしょうか。喋り過ぎてしまったりやけに押しが強かったりなんていう女性はいくら好意を持ってもらってると分かってはいても遠慮したくなってしまいます。

もちろん彼氏が欲しいという焦りはしょうがありませんが男性の本能をくすぐるには少し邪魔になってしまうでしょう。男性はどんな人でも女性を追いかけるという本能をもっています。なので男性に追いかけてもらえるような女性であればいいわけです。

それはセクシーに誘惑するなどというお色気作戦ではなく、何か不確かな物を良く見るために近づいてみる、という感覚を与えればいいのです。不確かな物というのはどこかフワフワしていて、だからと言って分かりやすい動きもすることがありません。

それはまるで蝶々のようなものです。女性はフワフワとしていなければなりません。そして自分に対してどういう感情があるのか分からないような素振り、それこそが必死さゼロな余裕感なのであります。

男性はその不思議なフワフワな余裕感に大変男の本能をくすぐられるのです。いくら肉食系女子が流行っているかと言って押せ押せな女性はあまり人気がないのが現状です。

彼女にしたいくらい興味を持ってもらうにはフワフワと空気を漂う蝶のような余裕感を身につけましょう。

男の想像を掻き立てるちょいエロ感

女性が男性に対して白馬の王子様のようなメルヘン願望を描くのと同じで、男性も女性に対して若干エッチな物を求めてしまいます。

それは人によってさじ加減が大変難しいものですが彼女にしたい女性は自分だけが近くにいて気づくくらいのちょいエロ感が効果的です。

本命の彼女にしてもらうにはエロなんて無しに好きになってもらいたい、などと鼻息荒く硬派を気取っていてはいけません。シャツのボタンをしっかりと上まで留めるような女性に男性は萌えません。

しかし肌の露出全開な服装は返ってエロさを通り越してアバズレ感が強くなってしまい彼女にはしたいとは思ってはもらえません。男性が女性に感じるちょいエロポイントとは、首筋や鎖骨、胸元などではないでしょうか。

少し首の開いた洋服を着てこの三角地帯をチラ見せするだけでも男性はドキドキしてしまいます。そのようなトップスを着る場合にはあえてパンツを合わせるようにして上と下のギャップを演出しましょう。

その他にもウルウルの唇や少し顔にかかるウェーブの髪の毛、濡れたような素肌、などなどすべてを取りいれるのではなくどこか一か所に磨きをかけてちょこっとセクシーを演出しましょう。

ファンのようなポジティブ感で彼を支える無敵彼女

男性は女性に認められたいと思って生きています。しかし人生はそれほど上手くいかないもので、何かにつけて逆風が男性を追い込んでいくのです。そんな男性を常に肯定できるかできないかで彼女になれるかなれないかは決まります。

男性がやることなすことについつい口を出したり意見をしてしまうのが女性の悪い癖であります。しかしこれを止めるだけで一気に彼女候補になることができるのです。

好意を持っている男性には意見などは一切せずに彼がやることを肯定してあげましょう。それはファンが崇拝するアーティストに抱くような献身的な思いを持つ事です。男性は自分のすることを肯定してくれ支えてくれる女性を強く求めるのです。

しかし男性は女性ほど器用でもなく立ち回りも上手くないのでなかなかそれを肯定的に見守るということは難しいと思います。しかしここはファンのような気持ちで男性を立てて支えてあげましょう。

女性はすぐに正しい事やもっと良い方法をすぐに気づくことができるので、男性の歩幅に合わせて応援してあげる、というスタンスを取ることがとても難しいのが現実です。

男性の方も女性からのキツい叱咤になれているのでこのように全部を肯定してくれる女性に会うと天使に会ったような幸運感に満たされるのです。

まとめ

男性が彼女に求める条件というのは意外にも女性が内心気づいているのに行動にはしていない事だったりするのです。

彼氏がなかなかできない女性ほどプライドが高く良い意味で自分自身をしっかりと持っている女性なのです。しかし自分をしっかりと持ちすぎてしまうと男性が求める彼女像からはかなりかけ離れてしまいます。

自分はこうであるべき、という意識をまずは解放してあげて男性が望むような可愛い女になってぜひすぐにでもシングルライフにピリオドを打ちましょう。