彼氏が欲しいのにできない人にあてはまる5つの特徴!

彼氏が欲しいのにできない人にあてはまる5つの特徴!

今すぐにでも彼氏をつくりたいくらいなのに、なかなかできないと嘆いていませんか? 破局後、すぐに新しい恋に進む人もいる一方、彼氏いない歴は数年以上という人もいますよね。

この違いは一体なんなのでしょうか? 「ルックス的に負けているわけではないのに、なぜあの子にはすぐに彼氏ができるんだろう?」と不思議に思うことってありますよね。

ここでは、彼氏がなかなかできない人にはどういう傾向があるのかを探っていきたいと思います!

1. 好みを制限しすぎている

彼氏がすぐにできる人というのは、”好きになった人が好きな人”、というくらいに条件のハードルがとても低かったりします。いい意味で、こだわりがないんですね。

それに比べると、彼氏がなかなかできない人は、合コンに行っても、「う〜ん、誰もピンと来なかった……」ということが何度も、何年も続いたりします。

そういう時は、一度、条件のハードルを下げて男の人を見てみるといいかもしれません。こだわりすぎていない時のほうが、素敵な人と出会う確率が高かったりしますからね!


2. 男性としゃべることに慣れていない

女子校&女子大出身で男子がまわりにいない環境が長かった人や、「男の人が恐いんです……」というような人は、男性とのコミュニケーションがうまくいかず、彼氏がなかなかできないということがあります。

こういう場合の解決策はただひとつ。慣れる努力をするしかありません!!合コンに誘われたら、とにかく出席する。そして、男性だと意識しすぎず、カボチャだと思って、話してみてはどうでしょうか?

話す機会を増やしていくことで、「な〜んだ、案外ふつうだった!」と徐々に思えるようになっていくかもしれません!

3. 過去の恋愛をひきずっている

本人が過去の恋愛をひきずっていることに、気がついていないこともあります。過去の恋愛の気持ちの整理がついておらず、前に進みたくても、気持ちがついてこないといった状況です。

たいていは、新しい恋をしたら、過去の恋はいい思い出になるものですが、失恋のショックがトラウマとして心に残っていると、知らず知らずのうちに、恋愛をすることに臆病になっていたりするものです。

過去の恋の思い出の品を整理したり、心を癒してもらえるような優しい男性を探すといいかもしれませんね!

4. 女子ウケはいいのに、男子ウケがいまいち

同性から人気があるにもかかわらず、異性ウケがあともう一歩という人です。こういう人は、一緒にいて楽しいけれど、男にとって恋愛対象になりにくく、損をしています。

男性の場合、同性ウケが良い場合は、異性にもモテることが多いですが、女性の場合は必ずしもそうではないようです。

ただ、同性から好かれるということは、人間的にはかなりイケてるはずですから、あとは、異性にアピールすることに意識を向けてみるといいですね。

ちょっとだけ可愛らしさやセクシーさをプラスするだけで、急にモテはじめるかもしれませんよ!

5. スキがなさすぎる

完璧すぎる女性、ちゃんとしすぎている女性です。こういう人は、ただ見ているだけならばいいのですが、つきあうとなると、男性は腰がひけるようです。

お金がかかりそうな女だなと思われたり、一緒にいても楽しくなさそうだなと思われて、親近感がわいてこないようです。

こういう場合は、ギャップをうまく使えれば、意外な展開で彼氏ができることも! 見た目の雰囲気と違って、人間味があったり、家庭的なんだなと思わせたりすることができるとポイントが急に上がります。

見た目の雰囲気で誤解されてしまいやすい人は、「実は、わたしはこういう女なのよ」というところをさりげなくアピールしておくといいですね! 

以上、彼氏がなかなかできない人の特徴をお伝えしました。

ほんのちょっとした工夫で、何年もできなった彼氏があっさりできるということもありますから、自分に自信をもって、自分のどこが彼氏をできにくくしているのかを見つけていくとすんなりと解決策が出てくるかもしれません!