これってマインドコントロール?!片思いの彼が喜ぶ魔法の言葉

shutterstock_139895422 - コピー

女性は片思いをすると緊張と自分を良く見せようという気持ちの狭間で時に不自然な行動を取ってしまいます。

緊張を隠そうとして無理に明るく振る舞ったりいつもよりお喋りになり過ぎて相手の男性を引かせてしまって余計気まずくなってしまった経験は誰にでもあるのではないでしょう。

無理に頑張って必要のない会話をしていても一向に男性の気持ちを動かすことはできません。

男性は思った以上に単純でピュアな生き物なので彼らの脳みそにダイレクトに届く魔法の言葉を囁いて男性の気持ちをノックしてみましょう。ここでは男性が素直に喜ぶ魔法のフレーズをご紹介します。

筋肉凄いね!で体を褒めよう

男性はどんなヒョロヒョロな人でも密かに筋肉マッチョに憧れているってご存知ですか?!

明らかに運動をしている人にはこのフレーズを連発しとけば大概の男性はご機嫌になってくれます。ぼんやりとして「かっこいいね」「男前だね」と言われるより数百倍テンションが上がるのです。

どう見ても文系の人にも「鍛えたら凄そうな体形だよね」などと言ってあげましょう。ここであえて「細いね」などとは決して言ってはいけません。

もちろんマッチョ願望が無い男性でもかなり傷つくので女の子が聞いて嬉しいような「スリムだね発言」はしないようにしましょう。

その時に軽いボディタッチをするとかなりの確率で「俺に気があるのかな」と思ってもらえます。しかしベタベタと触り過ぎるのは慣れている感が出てしまうので、触るか触らないかくらいの軽めのタッチで彼の肩などに触れましょう。

関西人じゃなくても大丈夫!おもしろいねって笑ってあげよう

男性はどんな女性と一緒でもその場を盛り上げてあげよう、何か気の利く事を言わなければ、などと行動には出せなくでも思っているものです。お喋りが上手な男性もただのウルサイ奴と片づけてあげないで彼のサービス精神を認めてあげましょう。

そんな時に「よく喋るね」ではいまいち褒めている感じは伝わりません。どんな話でも笑顔で聞いてあげて「本当におもしろいね」とさりげなく言ってあげましょう。その一言が彼らの明日の糧になるのです。

バリバリの関西人や盛り上げ上手の男性はもちろん言われ慣れているフレーズなのでその上をいく「最高!」と連発してあげるだけで十分です。誰でも女性が自分の話を楽しんでくれていると分かるだけで有頂天になれるのです。

もちろん無口でシャイな男性が一生懸命ボソボソと話すのも優しい雰囲気で包んであげましょう。

もちろん「おもしろいね」ではかなり胡散臭いので「良い味出してるね」や「めちゃ興味わいたんですけど」などという「おもしろい」を連想させるフレーズを言ってあげましょう。

ほんと良く分かるね!で彼のスピリチュアル感を刺激する

時に男性は空回りをしてしまいます。一緒にいる女性に気を遣った発言をしてもかなり的を外している、なんてことも多々あるのではないでしょうか。そんな時は無下に扱ってあげてはあまりにも可哀想です。

少しズレているぐらいなら「本当によくわかったね!」と彼の気遣いを買って褒めてあげましょう。周りの人が気づかなかった事を自分だけが分かった、そして凄いって言ってもらえた、と思うと男性はかなり自信もついて満足感を得ることができます。

彼女の事はなんか分かるんだよな、と思わせてしまうことで二人の距離感を近づけるのです。男性が女性に対してヘンテコな発言をしている時は大抵が何か気の利いた事を言いたくて空回りをしている時です。

そんな彼らの可愛い気遣いを優しく汲み取って喜んであげましょう。

色んな意味で取ってもらってOKです!

女性が何に対して言っているのかも分からなくても無意識に喜んでしまうのが「凄い!」という言葉です。これは男として凄い、人間として凄い、性格が良くて凄い、発言が凄い、などなど色んな意味で取ることができます。

もちろん男性はどんな小さいことでも女性に褒めてもらいたいものです。誰も聞いていないような武勇伝なども聞き流すのではなく「凄い!」で乗り切りましょう。

なんだか分からない難しい話も無理に合わすのでは無くて「よく分かんないけど凄いね」ですべて丸く収まります。しかしこの凄いね発言はあまり歳の離れた男性に使うのは控えましょう。少し馬鹿っぽい印象を与えてしまいます。

嬉しい!と笑顔で彼をロックオン

彼に対する言葉以外にも男性が聞きたいのは女性からの「嬉しい!」「楽しい」「幸せ」などプラスな感情を表す言葉です。このように素直な感情を言葉にして表すことが許されるのは女性の特権でもあります。

この言葉を男性といる時に発言すると、男性は「自分といれて嬉しい」「自分といれて楽しい」「自分といれて幸せ」というように都合よく解釈するのです。女性らしい可愛らしい形容詞発言を男性はいつでも大歓迎なのです。

これは年上の男性にもかなり喜んでもらえます。大人になると人はなかなか自分の感情を素直に表現する場が減っていってしまいます。

特に大人の男性なら余計にこのような発言に飢えているのです。年上の男性を癒してあげるにもかなり効果的なのでぜひ試してみましょう。

知らなかった!で彼の自尊心をアップ!

男性はとても自尊心が強いので常に認めてもらいたいと思って生きています。そんな男性がする話には「知らなかった!」と言うことでこの女性に何かを教えてあげた、という達成感を与えてあげることができます。

男性のオスの部分を刺激する知らなかった発言は声のトーンなども駆使してシーン別に使い分けることでかなり男性の心を揺り動かすことができるでしょう。

まとめ

女性はどうしても自分の話をしてしまいついつい男性の気持ちをそっちのけで自分本意になってしまいます。

しかしせっかく好きになったのなら一緒にいる男性を気持ちよく喜ばせてあげて、自分といるとなんだか元気になるなあ、自信が出るなあとポジティブな感情を抱く事を教えてあげましょう。

そうすることで彼はこの女性の傍にいることで自分が輝ける、と気づくのです。あまり大袈裟に魔法の言葉を乱用するのではなくタイミングをしっかりと見計らってここぞという時に使って男性の心を鷲掴みにしましょう。