彼の匂いが好きな理由……それは遺伝子が関係していた驚きの理由

shutterstock_210142354

いい匂いってうっとりしますよね。どんな香りが好きだとかは個人差がありますが、人は自分が「これ!」と思う香りを好むものです。いい匂いはずっと嗅いでいたいと思ってしまうから不思議ですし、何より安心します。

その香りが好きな男性の香りだったら、これほど素敵なことはないですよね。好きな人の香りがいい香りだと感じられる。ロマンチックで素敵なことです。みなさんもそういった経験はありませんか?ここでは、謎に満ちた「好きな男性の香り」について調べてみました!


実は香りで男性を選んでいた!?

好きな人の香りが好き……という感情ですが、実は「好きな人の香り」が好きなのではなく、香りを好きになったからその人を好きになったという説があるのです。

人は香りを「好ましいな」と思うと、その人に対しても好印象を抱きますね。これはそういった意味で、相手の男性の香りを「好き」と感じたから、その人を好きになってしまっているというわけです。

もちろんこれは男性にも言えることで、男性が女性のいい香りを感じると、その女性を好きになってしまう。そういったパターンが非常に多いのです。これを利用して、キツすぎないさりげない香りで男性を誘うのもアリですね!

そもそも香りを好きになるメカニズムとは

さて、その香りを好きになってしまうメカニズムですが、これは単に好みの問題というだけではないのです。実は遺伝子が関係していたのです。

女性は男性と、とある遺伝子のレベルが遠ければ遠いほど「この人とは強い子孫が残せる!」と本能的に感じ取り、その遺伝子は匂いでわかってしまいます。その結果匂いで男性を選ぶのです。

匂いで遺伝子の情報がわかってしまうなんて驚きですよね。その遺伝子に強く惹きつけられるからこそ、好きな人の匂いは気持ちよく感じるわけです。好きな人の匂いをずっと感じていたくなるのは、遺伝子の違いを感じているからなのですね。

ですが、ピルを飲んでいるとその好みは反転してしまうのです。ピルは便利ですが要注意ですね。ピルを飲むのをやめたら、その途端に好きだった男性が嫌いになってしまうなんてこともあるかも……?

逆に彼の匂いが嫌いだったら?

どうしても彼の許せない部分というものが世には存在しますが、その許せない部分が「匂い」だったらどうしますか?匂いごときで彼を嫌いになるなんて……と自己嫌悪してしまうかもしれませんが、そう悲観しなくてもいいのです。

その人の香りが嫌いだということは、単に悪臭を感じているから……というわけではなく、遺伝子レベルで相性が悪いというだけなのです。たまに体臭がキツくてという人もいますが、基本的には遺伝子の相性が物を言っているのです。

なので「彼の匂いを好きになれない!」と感じている人は悲しむ必要はありません。ただ単に遺伝子の相性が悪いだけです。そう考えると「本能で合わないだけなんだ」と割り切ることができて逆に安心しませんか?

好きな人のすべてを好きにならなければいけない義務はどこにもありません。もし大好きな彼の匂いだけが嫌いなのであれば「ああ、遺伝子的に相性が悪いんだな」と思って、話のネタにしてしまうのもアリです。そうすれば彼と波風立てずに匂いの話ができるのではないでしょうか。

他にも彼の匂いの雑学

大好きな彼の香りですが、その香りが急に変わった……なんてこともあると思います。そういった場合は、十中八九、女性が男性の浮気に気付きます。

彼の香りをいつも感じているからこそ、他の女性に匂いをさせていると敏感に気付くのですね。よく「浮気を嗅ぎ付ける女性の嗅覚はすごい」と男性が言いますが、まさにこれです。

そして匂いの変化は他の女性の匂いをまとわせているから……というだけではありません。他の女性のところへ行ってその女性の匂いを自分でも感じるからこそ、香水やお風呂などでその女性の匂いを上書きして、そうしてカモフラージュしていつもの女性のところへ向かう…という行動をするから。

普段と違う上書きされた香りに女性は不信感を感じて「もしかして他の匂いを消すために香りで上書きしてるんじゃ」となるわけですね。また遺伝子で男性の香りを感じているわけですから、その微妙な変化を察知できるのは当然というわけです。

どうでしょうか。彼の香りが好きになるメカニズムなどが理解できたでしょうか?好きな人を好きになる基準が香りだったなんて驚きの理由ですよね。

好きな人の香りを気持ちよく感じられるのはとても素敵なこと!遺伝子レベルで惹かれあってるんだなぁ、と感慨深く思いながら、彼の脱ぎたての服の香りを感じるのもまたいいですね。