このまま結婚して大丈夫?彼の癖から本性を見抜く3つのポイント

4
口が悪い。態度が素っ気ない。別れるほど深刻な悩みではないけれど、ちょっと気になる彼氏の言動ってありますよね。

もしこのまま結婚するとしたら、いったいどこまでを許容していいのでしょうか。将来に影響が出るようなことなら、未然に知っておきたいところです。

男性にありがちな3つのポイントから、彼の本性を見抜くことができますよ。

1 人によって態度が変わる

6
私には優しいのに、他人には態度が悪い彼氏。特別扱いみたいで聞こえはいいけれど、これって結婚相手としてはどうなの?

まずはこんな「ちょっと気になること」ご覧ください。

店員に強気な彼

彼って普段は落ち着いた人で、私にも優しいんです。だけど少しだけ気になるのが、出かけた先でのお店の方への接し方。

オーダーするとき一切、敬語を使わないんです。それどころか上から口調。「ねぇ、ちょっとお水!」とか「セロリ苦手だって言ったよね?」とか。

一緒にいてヒヤヒヤするし、なんだか嫌な気持ちになっちゃうんです。彼の言い分としては「金払ってるんだからあたり前」これってどうなんでしょうか・・・

変にプライドの高い男は

いますよね、店員に対してやたらと偉そうな人。召使いと接するかのように振る舞う態度は、見ているこちらが腹立たしくなるほどです。他人に対して態度が大きくなる男性は「オレ様絶対主義タイプ」と言えるでしょう。

このタイプの男性は、職場の上司など上下関係がはっきりしている相手には丁寧に接します。そして、いつ離れていくかもわからない関係の「彼女」にも優しく接することができます。ただしそれは今だけです

結婚と同時に、傲慢な態度が顔をのぞかせる可能性は大です!二人の関係が恋人から夫婦に変わったことで、彼の中には安心感が生まれるでしょう。

何を言っても大丈夫、簡単に別れることはないだろうという思い込みから、パートナーを見下すようになり「妻なんだからあたり前」や「もっと亭主をたてろ」などのモラハラ発言に発展するかもしれないのです。

2 怒りを抑えきれない

5
こちらには理解しがたい、彼だけの怒りのスイッチ。人間だし感情的になるのはしょうがないけれど、手のつけられないほど暴れるってどうなの?

続いてはこんな「彼の気になること」見ていきましょう。

喧嘩になると物にあたる彼

私の彼は一緒にいると楽しいし、いつも明るいムードメーカー的な人です。友だちに紹介しても「いい人じゃん!」って褒めてもらえるような。

だけど、ひとたび喧嘩になると怒りのテンションもハンパじゃなく高くて・・・さすがに暴力はふるいませんが、自分の鞄を投げ捨てるわ物は壊すわで大変。

私としてはもっと穏便に解決したいんですが、彼には難しいみたいで。ひとしきり怒鳴って暴れたあとピタッと元通り、すぐ仲直りです。私がもっと気をつければ、彼は変わってくれるでしょうか。

まるで子どものような男は

頭に血が上ると話し合いなんてできない人。なかなか冷静になってくれない人。大人になっても意外と多いものですよね。感情のコントロールが未熟な男性は「お子ちゃまタイプ」と言えます。

原因の大きさや深刻さにかかわらず、気に入らないことがあればすぐに不機嫌になって戦闘モード。怒りの沸点が非常に低いのが特徴です。

暴力をふるわないからセーフ、ではありません!同じことを繰り返す人間の行動は、決まってエスカレートしていきます。そしていつか必ずタガが外れます。手をつけられなくなってからでは遅いのです。

自分なら、そんな彼を変えられるなどと思ってはいけません。彼自身が変わろうとしない限り、他人がどうこうできる問題ではないのです。

3 嫌なことから逃げ出す

8
困難なことに突きあたると、なにかと理由をつけては逃げ出してしまう彼。もういい大人なのに・・・こんな彼はやっぱりマズイの?

最後はこんな「彼の気になること」ご覧ください。

都合が悪くなると引きこもる彼

私の彼は、ストイックで真面目。なんですが・・・実は今の職場が3つ目なんです。転職自体は悪いことではないし、キャリアアップのためならアリだと思うんですけど。

どうやら彼の場合は、職場での人間関係が上手くいかないことが理由みたいで。つい先日も「あいつら何にもわかってない!」とか言って、無断で休んじゃったみたいだし。

システムエンジニアなんでこの先も就職先に困ることはないかもしれないけど、いくらなんでも忍耐力が無さすぎですよね。この先結婚となると不安です。

耐えることができない軟弱な男は

ちょっと嫌な事があるとすぐに逃げ出す。しかも愚痴の多くは「妬み嫉み」そんな人の話を聞いているだけで鬱々してきますよね。上手くいかない状況を、周りの人間のせいにする男性は「歪んだ自己愛タイプ」と言えるでしょう。

注目したいのは、悩みの種が仕事内容ではなく「人間関係」であること。社会に出れば様々なタイプの人間がいてあたり前。そんなふうに割り切っていく芯の強さがなければ、どこへ就職しようと同じことです。

彼が意識を変えない限り、最も結婚に向いていないタイプです。社会生活を送る上で重要な忍耐と辛抱、そして他人との協力性。これはそのまま結婚生活にもいかせるスキルですが、彼にはどれも欠けてしまっています。

まずは彼の成長を観察すること。「好きだから」という感情だけで結婚すれば、幸せな未来はおろか安定した暮らしさえ保障されないでしょう。

彼の本性を見抜くために

10
今回お話した3つのポイント、あなたの彼には当てはまりませんでしたか?結婚後に必ず泣きを見ると言っても過言ではないくらい、わかりやすい兆候をお伝えしました。

けれど一番危険なのは「今の彼を逃したら次はないかもしれない」と、ついつい見ないふりをしてしまうことです。幸せな将来を考えるなら、改善できるかをしっかり見極めていきましょう。