これって致命的!?性格の合わない彼氏とのこれからの付き合い方

1

付き合っている彼とよく意見の衝突をしてしまってはいませんか?付き合い始めはお互いの違う点が真新しく、いろんなところを良く見えていたのに、だんだん「違い」が明確になってきて彼氏との性格の合わなさを実感してしまう・・・。

しかし、本来人間は一人一人、育った環境が違えば考えてきたことも違います。せっかく縁があって付き合ってきて、違いにストレスを感じ別れてしまうのは勿体無いです。まず、歩み寄ってみてはいかがでしょうか?

たくさん話しをすると関係性がよくなる

2
彼氏の会話や行動で「自分とは違うな」と感じて、それを苦痛に思うのは相手に求め過ぎているからです。私の考えに同調して欲しいと思うのは女性の特性と言っても過言ではないでしょう。

「なんで分かってくれないの?」とは女性がよく心に感じる不満です。それは誰に対しても同じで、気持ちを悟ってくれ、その通りにしてくれないと相手に強い失望感を感じてしまいます。

でも、本来気持ちは言葉にしなければ伝わりませんし、男と女では多少なりともそういうところに差があるものなのです。慣れてくればなおさらそれが顕著になる。それはしかたのないことですので、一度、冷静になって、そういうものなのだ。と自分を納得させましょう。

言うべき時に「違い」についての意見を言わず、後になってイライラするのは効率がよくありません。意見は臆さずいうことが大切で、彼氏には「私はそうは思わない」という意見をハッキリと言ってしまうのもアリだと思います。

ハッキリとはいいますが、あくまで冷静に、優しさを含み当り障りのないように言うのがポイントです。もしその発言に、彼が反論をしてきたらとことん冷静に話す姿勢をみせましょう。

「なんでそう思うの?」となるべくやさしく語りかけることが重要です。話し合いは感情的になると大体拗れてしまいますので、相手の意見をまず聞いてみる。それから自分の意見を言いましょう。

日頃から会話をすることはとても大切です。「あなたはそう思うんだね、そういう考え方もあるんだね。私はこう思ったんだけど、どう思う?」という言い方をして、お互いが自分の中にある気持ち、意見を言い合うことが大切です。

性格は自ずと長く付き合うと似てきます。それは、話をしてだんだん反省をしたり、お互いの良い考え方に刺激をされるからです。面倒臭がらず、相手との違いをおそれず、できれば付き合う前から、お互いの「違い」を尊重していきたいですね。

たまにはこっちが折れることも・・・

1
議論好きの彼の場合、こっちはそうではなかったのに勝手に盛り上がり攻撃的になる人がいます。大概、こういう人は何かに対して引け目を感じていたり、弱い部分を態度の強さで覆い隠そうとします。

ですから、そういう彼の場合はたまに一歩引くことも大切です。決して同調はしないけれど「そうなんだね」とそこで話題を引き取り、その後に小出ししていきましょう。

男性はプライドの高い方が多いので、たとえ自分の考えが「ちょっと変かも」と思っても容易には折れることができません。むっつりと黙りこんでしまったら、それ以上話をせずに冷却期間をおきましょう。

自分の価値観を押しつけないようにする

3
話し合いと価値観の押し付けは違います。ただシンプルに「こう思う」ということだけを伝えるのが大切です。それに関する理由は問われたらするのがよく、理由をくだくだと述べると相手を非難したり、下に見る発言をしてしまいます。

例えば、こういう発言は彼氏でなくとも嫌な感じにとらえる方もいますので注意が必要です。

  • 国や住んでいる地域などを非難したり批議する
  • 相手の考えていることが幼稚である的な発言
  • 自分の意見を相手に強要し、趣味の範囲まで及ぶ
  • 自分の不満を相手に(遠回しに)ぶつける
  • 自慢話にすり替える

などです。このような言葉はとても相手の負担になりますし、不快にもなりますので、意見といっても限度をわきまえましょう。

一緒にゆっくりと学んでいく過程が大切

236
しかし、最初は感情的になったり「ああ、言ってしまったな」という失言もあると思います。後から気が付いたり、自分が間違っていたと思ったことは素直に認めて謝る事も大切です。

プライドでガチガチに固め、自分が絶対に正しいと思っていると方向を見誤ります。

お互い、傷つけて傷付いてそれでも一緒にいるのが恋人としてのより良い形だと思います。失敗し学んで成長していく、そうする事により、強い絆になってきます。

イチから作った心地良い関係性はお互いの強い財産となります。そうやって積み上げていく事こそ、恋人の醍醐味なのではないでしょうか?

現在、人間関係が希薄であるといわれています。人との距離感を上手く掴めない人が多いのです。恋人というのは人間関係においてもとても重要な存在です。

とても距離が近くなります。そういう人と話をしながら学んでいき、お互いを高められたら、それはとても素敵なことですね。

昔のように女性は大人しくというのは古い価値観です。今は女性も意見を言い、堂々と社会に出て行くべきなのです。ですから、自分の意見はきちんと言い、相手の違いを認め、柔軟な思考で物事を考えていくことが必要になります。

いろいろな人と接することや、一人の人と深く話をすること、価値観の違い、性格の違いを受け止めることはより良い自分になれる良い機会なのです。