今一番男性にモテる!余裕のある大人可愛い女性になる方法

今一番男性にモテる!余裕のある大人可愛い女性になる方法のイメージ画像

今一番男性から注目を集めているのは、色気のある大人っぽさと無邪気な可愛らしさをあわせ持った大人可愛い女性です。社会人ともなれば常識や大人っぽさを身に着けるのは当然ですがそれだけでは到底モテ女子とはいえません。

時折見える茶目っ気やさり気ない少女のような振る舞いに男心は鷲掴みにされてしまうのです。今回は余裕のある大人可愛い女性になるための方法を紹介していきましょう。モテ効果も期待できるのでしっかりとマスターして恋愛上手になりましょう!


落ち着いた服装に可愛さをプラスしよう!

大人女子の魅力のひとつは子供にはない落ち着いた雰囲気の服装にあります。社会に出ても恥ずかしくない品のある服装を目指しましょう。しかし大人を意識するあまり地味でおばさん臭いファッションになってしまうと魅力は一気に半減してしまいます。

そうならないためにも落ち着いた服装にはさり気ない可愛さをプラスするというのが大人可愛い女性のポイントでしょう。

例えば単色で地味になってしまいがちの仕事用スーツであればポケットに可愛らしいピンを刺したり、ポケットチーフなどをチラッと覗かせてみるのもいいでしょう。

パンツスタイルやジャケットにシャツなどのシンプルな服装も大人っぽくておすすめですがどうしても組み合わせがマンネリ化してしまうので、そういった場合はオシャレ可愛い小物で差を付けるのが有効です。

ぱっと鮮やかな色合いのネッカチーフやストールを巻けば首元に目を引き付けるのでスッキリスタイルよく見えます。

また、ブレスレットやアンクルなどを付ければ手首足首が引き締まって見えますし、よく見ると石やパールが付いていたりさり気なくメッセージやネームが入ってるデザインなどは可愛いギャップが垣間見えて効果的ですよ。

きちんと社会情勢をチェックしながらも若い感覚を忘れずに!

大人可愛い女性の条件はきちんと社会情勢を把握できているかという点です。ニュースや新聞をこまめにチェックして常識力を付けておくことが大人として必要不可欠なことでしょう。物知りで尊敬できる女性というのが大人女子の欠かせないポイントです。

ですが周りと話すときの話題が社会情勢や時事ネタだけでは「つまらない女性」とか「会社の上司みたい」と思われてしまう危険があります。

自分の中の若い感覚をないがしろにしないためにも流行には敏感になり巷で人気のファッションやスイーツなどはしっかりとチェックしておきましょう。

いつまでも可愛くいるためには大人であっても若さを意識してみずみずしい自分でいるというのが大事でことです。

大人女性と可愛い女の子を使い分けるメールテクニック

大人のメール文章というと、しっかりとした文面、分かりやすい内容を意識した仕事先の人間に送っても問題ないようなメールでしょう。

一方女の子らしいメールというと可愛らしい喋り口調の文面や絵文字や顔文字のイメージが強いかと思います。その両方の魅力を兼ね備えたのが大人可愛い女子のメールテクニックなのです。

礼儀をわきまえつつも要所要所に可愛らしさの滲ませる発言を残すというのがポイントであり大事なのはバランスです。

文章が業務的で固くなってしまう場合には五回に一回は絵文字か顔文字を入れ華やかな雰囲気づくりが大切です。また、敬語が基本である仕事関係の相手や年上の相手であれば七割は通常通り敬語にして、残り三割は砕けた文章、距離を詰めた文章を心がけましょう。

突然距離を詰められると驚いてしまう男性もいますが、時折混じる「○○だよね」とか「○○でしょ?」などの砕けた口調はむしろ好感を持つ男性が多いようです。

馴れ馴れしすぎず固くなり過ぎず、大人と子供のバランスを保つことが大人可愛い女子への近道ですよ。

大人可愛い女子の趣味はインテリジェンス且つキュート!

大人女子の趣味といえば英会話や海外旅行などのインテリジェンスな魅力があるものが多いですよね。しかしあまりにもインテリな雰囲気が強過ぎると「近寄りがたい」という印象を与えてしまいます。

そこで自分の趣味に女の子らしいキュートさをプラスしてみましょう。そうすることでぐっと親しみやすさが増し、近づきにくい印象が払拭されます。

上手く使えば気になる男性に「知的でインテリジェンスな雰囲気がありつつも庶民的で可愛らしい女性」というイメージを与えられることでしょう。

例えば趣味が英会話であるならば流暢に英語が喋れるだけでなく外国の料理文化なども勉強してみるといいでしょう。料理は女性らしく家庭的なイメージがあるので好きな人にアピールするにはおすすめです。

また、海外旅行などが趣味であればメルヘンの町のチェコを旅行先に選んだり、ロマンチックな水の都ヴェネツィアを目的地に選べば「可愛らしい一面もあるんだな・・・」と彼をドキッとさせること間違いなしでしょう。