結婚しなければよかった…。後悔しがちな旦那(仮)の特徴とは?

結婚しなければよかった…。後悔しがちな旦那(仮)の特徴とは?

女性にとって人生の一大イベントとも呼べる結婚。小さな頃、将来の夢は「かわいいお嫁さん」なんて今からしてみれば赤面ものの事を書いてしまったという人も、私たちの世代にはいるかも知れない。

結婚については「する」「しない」が個人の意思によって選択の自由がある時代となったが、まだまだ非婚女性に対しての風当たりが強い風潮がある。

一方で時期に関しても晩婚化が進みつつあり、30にもなってまだ結婚しないの?という親族の質問は都心部ではあまり見られなくなってきた。

とはいえ「いずれは結婚したいな。」という願望を持つ女性も少なくないであろう。ここで大切になるのが旦那選びである。この旦那選び、例えば年収や、社会的ステータスだけで行うと痛い目に合うようだ。

年を重ねるごとに「だいたいこんな感じでいいわ。」と並べた旦那の条件が、ノートを埋め尽くしてしまいそうになったりするのも無理はない。

ただ結婚は成功を求めるより、失敗を避けることが安寧な生活を続けるための基本といえよう。

今回は一足先に結婚をしたものの、旦那選びに失敗したという女性から「こんな男と結婚しなければよかった。」と思う旦那の特徴について聞いてみた。将来の旦那を選ぶ際には参考にしてみてほしい。

女性関係にルーズ

女性関係にルーズ、という男性を好き好んで結婚相手に選ぶ人はいないと思うのだが。世の中には相手が女好きとわかっていつつも、好きだから結婚するという人も多数存在する。

大抵は「結婚を機に、女性関係においても真面目になってくれる。」と楽観的な希望を胸に結婚を決意するようだ。

ところがこの「女性関係にルーズ」というのは、その本人の性癖または本質に近いものであるが故に、半端な覚悟では改善させることはできない。

発覚しては、怒りを繰り返していくうちに、疲弊してしまうのは目に見えている。

怒ってばかりの妻が待つ家より外へと癒しを求める夫という、最悪のループが完成するころには、すっかり夫婦関係が冷めきっているというのは非常にわかりやすいシュチュエーションであるだろう。

このような男性を旦那にする場合には「きっとまた浮気するだろうね。」という覚悟が必要といえそうだ。私だけを見ていて欲しい!と願う女性にとっては、結婚相手として適していないということになる。

呆れるほどケチな男性

どこへ行くにも、何をするにもケチな男性というのは結婚生活をする上で様々な問題がある。

例えば自分以外のことに金をかけたくない男性は最悪の場合、家計も入れずに自分の財布にだけ金が入っているという状況を作りかねない。

「お互いある程度の収入があり、お互いの財布を分けて生活する。」というシステムであれば成立するものの、女性には妊娠、出産など仕事を休まざるをえないイベントも多数存在することから、過度なケチを旦那にすると苦労することになる。

もちろん経済観念がしっかりしていると好意的な言葉に言い換えられなくもないが、ある程度は人のためにお金を使える男性でなければ結婚後、後悔することになりかねないので注意が必要だ。

過度なやきもち焼き

軽いやきもち程度ならば誰しもが経験することかもしれないが、行き過ぎる嫉妬心を持っている人と結婚することになると、予想もしなかったトラブルに巻き込まれることもある。

例えば外で友達と会うにも一苦労、パートや仕事に就こうものなら「お前、男とは絶対話すなよ!」などと思いもよらない束縛にあうこともあるようだ。

嫉妬心が強い=独占欲が強いと言い換えてもいいので、妻の全ての行動を知り、管理したいという欲求を持つ人もこのタイプには多い。

始めのうちは「私のこと、そんなに好きなんだー。」などと嬉しく思えても、結婚生活が長くなれば困窮するような事態が起こっても不思議ではない。

この他にも「結婚なんかしなければよかった。」と思うような男性と結婚して後悔をしている女性は多い。結婚する時には、果たしてこの人と一緒にいて将来安らかな気持ちで生活できるだろうかと、冷静に相手を分析する必要があるのかもしれない。