独身の男性が結婚したいと望む「結婚向きのイイ女」になる方法

独身の男性が結婚したいと望む「結婚向きのイイ女」になる方法

今すぐ結婚したいと望んでいるそこの貴女!独身男性が憧れる「結婚に向いているイイ女」になりたくはありませんか?

独身の男性というのはその孤独さや寂しさから「こんな女性と温かい家庭を築きたい」や「こんな素敵な女性が家にいてくれたら」などの理想が膨らんでいるものです。

今回はそんな結婚向きのイイ女になれる方法を紹介していきましょう。雰囲気、喋り方、見た目など是非参考にしてみて下さいね。

温かくて柔らかい雰囲気を持つことが大事

男性はお付き合いするだけであればワイルドで攻撃的な魅力の女性やクールビューティな女性を好むこともありますがいざ結婚となると温かくて柔らかい雰囲気の女性を選ぶ傾向があります。

結婚とはお付き合いとは違い同じ家に住んで一生一緒に暮らしていくことです。それを想定して考えると男性は女性に癒しや優しさを求めがちになります。

とはいっても男性の理想像通りの雰囲気を持っている女性ばかりではありません。

女性らしさを前面に出すのが苦手な女性もいますし、男性的な性格の女性やボーイッシュな服装を好む女性も多くいるでしょう。

なにも自分の気質を全て変える必要はありませんが時折温かくて優しい言葉を彼に掛けてあげたり、柔らかい物腰や態度で接してみるというのも大切です。

結婚を望むのであれば自分が周りにどう見えているかということを強く意識することが大事でしょう。視野を広く持つことが結婚向きのイイ女になれる近道ですよ。

お料理や家事など家庭的な魅力を身に付ける

やはり結婚を望む男性に人気なのはお料理や家事などが得意な家庭的な女性です。

寂しい独身男性は家庭の味に飢えていますし日々の洗濯や掃除なども自分でしているので「俺のためにご飯を作ってくれるような女性はどこかにいないかな」とか「一緒に洗濯や掃除をしてくれる女性がいたら家事も楽しくなるのになあ」と家庭的な女性を望んでいる可能性が高いでしょう。

なので男性がいる場所でのお料理上手だというアピールや家事得意だというアピールは実に有効です。

分かりやすく「私料理上手なんです」「家事得意なんです」とアピールするのもいいですが、会話の中に上手くキーワードを盛り込むというのもおすすめの方法です。

キッチン用品や最近流行りのの調味料などお料理好きでないと知らないようなワードをさり気なく会話に入れると男性は「この娘はよく料理するんだな」と思いますし、料理だけでなく掃除用品や選択の便利アイテムなども詳しくなっておいて損はないでしょう。

また、家庭的なアピールとしては洋服にアイロンをかけてきちんとした身なりで出掛けたり、ハンカチやカバンなどもちゃんと手入れしておくというのも効果的ですよ。

礼儀正しいきちんとした日本語を身に付けよう

結婚となると切り離して考えることが出来ないのが子育ての問題です。

特に結婚したら自分の子供が欲しいと思っている子供好きの男性は子育てが上手にできる女性を伴侶にと望むものです。

子供をちゃんとした大人になるよう教育するにはやはり母親が礼儀正しくきちんとした日本語を使えるというのが重要になってくるので、結婚に向いているイイ女になるためにはきちんとした礼儀作法、正しい言葉使いを身に付けましょう。

乱暴な言葉使いや女子高生のような略し言葉などを頻繁に使うと「日本語がしっかり使えていない」「語彙力がなくて頭が悪い」というイメージを相手に与えてしまうので不良のような乱暴な言葉や汚い言葉は気になっている男性の前では厳禁です。

礼儀作法というのは育ってきた中で身体に染み付いている人とそうでない人では大きな差があるので、彼の前では気を付けていてもお箸の使い方や食事のマナーなどちょっとしたところでボロが出ることもあります。

そんなことにならないように彼の前だけでなく普段から所作には気を遣い美しく見えるように意識しましょう。

華やかな派手さより清潔感のある見た目が結婚向き

男性の目に留まるにはめいいっぱい着飾らなきゃと思っている女性も多いようですが、実は男性が結婚したいと思う女性というのは派手に着飾った女性よりも清潔感のある爽やかな女性なのです。

確かに華やかな女性というのは人目を惹きますが結婚を前提にしたとき男性は派手な女性より質素な女性の方を好みます。

これから一緒に家庭を築いていくと考えた時に派手好きで浪費家な妻というのはあまりいい結婚のイメージには適さないのでしょう。

なので髪を派手な色に染めたり目立つように高く結い上げたりするよりもナチュラルな黒髪で無造作の方がモテますし、お化粧も盛り過ぎずにベースメイクと薄化粧程度に留めておいた方が男性からの声が掛かりやすくなりますよ。

とにかく彼女が欲しいという男性には派手なファッションも有効とは思いますが結婚を望んでいる男性の前では少し控えめなコーディネートを選びましょう。