結婚はしたいけど恋愛関係にとどまるのは仕事優先したいから?

結婚はしたいけど恋愛関係にとどまるのは仕事優先したいから?のイメージ画像

今や女性も社会にどんどん進出しています。キャリアを積んで職場の中心的存在立場にいる女性も少なくはありません。

常に前向きな行動と気力を持っている人は男女関わらず光り輝いて周りからの好感度も高い存在です。またそういう人たちは頼りになり尊敬され憧れの人となっていくわけです。

結婚に踏み切れない女性たち

shutterstock_79783870

恋人同士の出会いは学生のころからのお付き合い、職場の出会い、趣味・サークルの出会いとさまざまです。出会って恋愛期間を経て結婚というパターンが普通ですが、別れがあったり復縁があったりで結婚までの道のりはそれぞれさまざまな人間模様があります。

結婚とは女性が家庭に入って家事、子育てをする。いわば旦那様のお給料で生活していく
という時代がありました。女性の幸せは結婚して子供を産み家庭を持つというゆるがない形が過去あったのです。

しかし現在では結婚に関して女性の考えは変化してきています。それは経済や環境など今の社会の在り方に結婚の意識が変化しているといっても間違いはないと思います。

何故?結婚へのブレーキ

shutterstock_64462885
「あの人が好き!結婚したいの」という感情はあっても結婚を踏みとどまる理由がいくつかあります。

家事労働や経済的な負担

マイホームを購入したり、子育て資金だったり夫だけの収入ではちょっと不安。結婚することで家庭内の経費が増えローンや支払に金銭的な我慢を強いられるという負担を考えてしまいがちです。

経費のマイナス要素を考えると結婚はもう少し先でもいいんじゃないかなという気持ちがいつのまにか結婚から遠ざかっていっているという現実も。

もう少し自由でいたい

仕事で頑張って充実感があればある程度自由に遊べる金銭があるわけです。なので旅行したり美味しいものを食べたり買い物をしたりと金銭的に余裕のあるデートができます。

また相手が一緒にいなくても趣味や娯楽も自由に楽しむことができるわけですから余暇を有意義に過ごすことができます。仕事のストレス発散もできるわけです。

しかし結婚して主婦のという縛りの中では節約や我慢が必要な時もあるので自由でいられないことが不満になります。やはりお金や時間は自由に使いたいし自由に行動もしたいというのが本音でなのですね。

キャリアを失いたくない

仕事に頑張ってそれなりのものを築き上げた人は、男性であっても女性であっても簡単に培った地位を捨てることはできません。今は職場においての女性の立場は男性と肩を並べられるくらいになってきていますがまだそれは一部の企業でしかありません。

結婚後、妊娠すれば職場復帰は難しいとされ、結婚しても子供は作らないという夫婦も多くなってきました。社会に貢献して賃金を頂く。「働いて稼ぐ」「経済の自立」は今やは男性も女性も同じなのです。

理想の男性なんていない

人は誰しも夢や理想があります。結婚に対して相手にこうあって欲しい、ああして欲しいと願望や理想は尽きません。しかし金銭的なことや将来のことは願ってもすぐに手に入るものではありません。また現在良くても未来がずっと良いとは限りません。

相手の気に入らない部分もあるでしょう。でもそれは相手だけではなく自分自身にも言えることなのです。理想や夢や願望は相手に望むのではなく自分自身が描くものでお互いの足りないところを捕捉し合う関係でありたいですね。

結婚はお互いの理想や夢を二人で見つめ助け合って生きていくことが大切です。相手ばかりを見るのではなく、あなた自身のことも見つめてみてください。100%理想の男性などいないのです。あなたは彼にとって100%理想の女性ですか?

仕事の充実と結婚

shutterstock_111963050

仕事優先の生活に満足していても、結婚したいという思いはなにかしらきっとあるはずです。疲れた時、仕事上ミスがあったとき、一人の食事。寂しかったり、嬉しかったりする時は誰かと時間を共有したくなるものです。

共感できる人がいる

仕事を頑張るように結婚生活も頑張る。結婚後は仕事で落ち込んだ時でも悩みを打ち明けられる旦那様がいるのです。世界で唯一あなたを大事にしてくれる人、そして暖かな家庭を感じてみてはどうでしょう。

夫婦で公私を共感できるということはお互いのためにもとてもいいことだと思うし、一人では無理難題なことも助け合うことで互いの絆も深まります。

喜びは二人の方が大きい

良いことばかりではなく不安もあるかもしれません。しかし経験したことのない喜びや楽しみもあるはずです。二人なら不安や辛さ悲しみは分け合あうことができ、喜びや楽しみは二人だと倍増します。

結婚より仕事よ!と言いながらも心の底では「あ~結婚して落ち着きたいなあ」って気持ちはありませんか?結婚願望が無いなら別ですが、少しでも「結婚したいな」という気持ちがあるなら思い切って一歩踏み出してみては?

結婚生活は夫婦の成長

shutterstock_256882813

育った環境が全く違う二人が一緒に暮らす訳ですから不具合が生まれて当然です。甘い恋愛時代には二人だけの世界でしたが結婚して家庭をもつと二人だけのことではすまなくなります。

色んなことが起きて当然です。気付かなかった彼のクセや性格、彼の周りの人間関係など今まで見なかったことを直視することになります。これはあなたにもあてはまるのです。

すべては過程

喧嘩や愚痴も増えるでしょう。まさか!と思うような予期せぬ出来事も訪れるかもしれません。でもこれも一つの人生の過程だと考えましょう。別居や離婚もあるかもしれません。それも一つの過程です。

例えば金銭的なことでとんでもないことが起こったとしましょう。その時あなた方二人は起こったことに何をしたのか、何を考えたのか、どう対処したのか、どういう経過をたどったのかが問題になります。

ただお互いが文句や愚痴を言い合うだけでしょうか。仕事でキャリアを積んできたあなたならきっと何らかの解決策を導き出すでしょう。何か起こり乗り越えることができればそれは立派な夫婦の成長だといえます。

「結婚は人生の墓場」という言葉がありますが「結婚は夫婦の成長」と考えてみてもいいのではないのでしょうか。

結婚をするしないは自由

結婚は自由です。するしないを決めるのはあなたなのです。しないなりの理由はあるでしょう。また結婚できないという理由もあるでしょう。結婚が自分にとって必要、不必要と割り切って考えることもできるでしょう。

また今の生活や仕事の矛盾さから脱出するために結婚を選ぶ女性もいるでしょう。結婚の選択は個人のものであって第三者が結婚適齢期を決めるものではありません。

あなたのキャリアが役立つ

結婚の何が良くて何が悪いというふうに分けることは難しいですが、自分の幸せを考えた時、未来の幸せを考えた時、そこに結婚という選択が見えたのなら自分の背負っている荷物はとりあえず下ろしてみて結婚へのアクセルを踏むのもいいかもしれません。

あなたの培ったキャリアが結婚生活でも役立ち、結婚生活で起こる色々なことが未来の自分への力になるはずです。

一人で頑張って気ままな人生も快適でしょう。仕事で地位を築きキャリアを重ねていく優越感も必要でしょう。あなたが人生で培ったものは全てあなたの財産です。

培った財産は多い方が良くはないですか?その財産の中に「結婚」という二文字があってもいいと思いませんか。今を見ることも必要ですが、10年、20年先のことも考えた上であなたの幸せを導き出してくださいね。