結婚して良かったと思える男の特徴チェックシート

結婚して良かったと思える男の特徴チェックシート

日本の離婚率は3組に1組、という調査結果を厚生労働省が発表しているのはご存知でしょうか。えーっ、3分の1の確率で離婚しているの?!と愕然とした人もいると思います。

実はこの3組に1組という数字を出した算出方法では、正確な離婚率として発表するにはまだ不完全と言えるかも知れません。

その年に離婚したカップル数を、その年に結婚したカップル数で割っただけの数値なので、実際に前年度までに結婚しているカップルの数が計上されていないからです。

とはいえ、私たちが子供だった頃より確実に「離婚」は身近な存在になりつつあります。結婚した友達のうち、少なくても一人は離婚経験者であったりすることも、現代では驚くことのない状態となりました。

せっかく結婚したのに、離婚をしてしまうのはなんだか勿体ない気がしますよね。どうせなら失敗することなく、幸せな結婚生活を送りたいものです。そこでポイントになってくるのは、何と言っても旦那となる相手選び。

今回は結婚して良かったと思えるような男性の特徴を挙げてみました。これから結婚を控えている女性は是非チェックしてみてください。

違う価値観や意見を理解しようとする姿勢を持つ男

長い結婚生活で必要不可欠となってくるのが、これ。様々なシュチュエーションで、夫婦間や周囲との意見の相違が出てきます。

たとえば子育ての方法や、老後の貯蓄、お互いの実家や親族との付き合い方など、何を方針として生活をしていくのか、結婚前では想像もできなかった内容で夫と口論になることもしばしば。

そんな時、俺流ばかりな考えの持ち主が伴侶であるとかなり女性に負担がかかります。自分が折れるか、長いバトルを経て旦那が折れるまで耐えるか、どちらかを強いられることになるからです。

一方で物事を多面的にとらえることができる建設的な男性の場合、少なくても強引に「絶対にこうしなくちゃいけない!」という意見を押し付けられることなく、物事をどのように進めていけばよいのか建設的な話し合いをすることができます。

このような理知的な男性は結婚相手としては一番の理想かも知れません。もちろん女性側もそれに甘えるだけでなく、自分本位な考え方を捨て、相手や周囲に配慮した考え方をしたいものです。

物事に対して許容範囲が広い男

理解がある男と多少関連性があるように思えますが、許容範囲が広い男性というのは「様々な物事をさしてストレスなく受け入れられるキャパがある男性」という観点なので、頭で理解しようとする男性と違い、感覚的に「それもいいんじゃない?」と受け入れられる男性のことを指します。

一見「ゆるい」印象を与えがちな男性でもありますが、きちきちっと完璧を求める男性より心の余裕を感じさせるような言動も多く、結婚生活を送る上でストレスレスで過ごせるパートナーの特徴とも言えるでしょう。

相手の行動に対する許容範囲が広いため過干渉されることがないこのタイプの男性は、たまに「私に関心がないのでは?」と心配になることもありそうですが、結婚後も自分らしい生活を送りたい人にとってはベストな相手ではないでしょうか。

一途でなくても、身持ちが固い男

カップルや夫婦の喧嘩の原因になる最もポピュラーな理由の一つは、やはり浮気。人間とはどんなに魅力的なパートナーを手に入れても、やはり新鮮なものに魅力を見出してしまう生き物です。

それは男女問わず仕方のないことかもしれません。本能的に子孫繁栄のためのプログラミングに基づいた行動を起こしているのですから、相手のことをいくら大切に思っていてもより有能な種を残せる相手はいないか、目移りしてしまうことも。

特に男性の場合はより多くの種を残しておきたいという動物的な本能が女性より強いことが多く、結果浮気をするはめになり女性を悲しませることもしばしば。だからこそ結婚相手には身持ちの固い男性を選んでおきたいものです。

モテるタイプ、モテないタイプに関わらず、たとえ内心(あの子かわいいなぁ)などと思っていても、いざその子からアプローチされた時にリスクを考え踏み止まれる理性の強い男性であれば、余計な心配はせずに結婚生活を送ることができますよね。

以上、結婚してよかったと思える男性の特徴3つをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

「なんだか、刺激がなくてつまらないんじゃない?」と思った人もいるかも知れませんが、そもそも結婚生活に必要なものは刺激ではなく、お互いが心の安定を感じることができるベース作りではないでしょうか。

もちろん波瀾万丈な人生でもOKという逞しい女性もいるとは思いますが、彼との生活がこの先ずっと続いたら…という想定を一度冷静に考えてみることをおススメします。