本当にこの外国人男性と結婚してもいい?見極めポイントのまとめ

本当にこの外国人男性と結婚してもいい?見極めポイントのまとめ

外国人男性との結婚って実際のところどのくらい大変なんでしょうか?文化的背景を共有している日本人男性との結婚と比較すると、やっぱりいろいろお互いに譲歩しなければいけない項目が多いのが事実だと思います。

いざ外国人男性と実際に結婚してみて「こんなはずじゃなかった・・・」と思わないために、価値観の確認をしておきたい項目をまとめたいと思います。

生活の根幹になる部分なので、ぜひちゃんとお互いに確認しておきたい宗教観

日本人にとっては宗教はあまりなじみがないものかもしれませんが、外国人男性の中には宗教が生活および人生観の根幹を占めている人が少なくありません。

会話の中にどの程度宗教の話題や宗教に影響された考え方が出てくるか、宗教的な施設にどの程度足を運ぶのか、彼の家族も同じ宗教を学んでいるのか、また、彼女や妻にどの程度自らの宗教観を共有してほしいと考えているのか。

こういったことを細かく見ておく、そして必要であれば話し合うことがとても大切だと思います。


家族との付き合い方に常識があるなんていう考えは、まず捨てましょう

親と同居するかしないか。伝統行事の際は常に家族と一緒に過ごすのか過ごさないのか。家族との関わり方というのは国によっても違いますし、個々の家族の習慣的なものでもあるので、「常識的に、結婚したら親とは一緒に暮らさないだろう」とか考えてはいけません。

まず真っ白な気持ちで、相手の家族に対する付き合い方を観察し、お付き合いが真剣になってくれば、お互いの家族とどういうふうに付き合っていきたいのか話し合う必要があります。家族を大事に思う気持ちはお互い様なので、できるかぎり譲歩しつつ、これは譲れない、というところを事前に自分で整理し、冷静に伝えるようにしておきましょう。

案外クセモノの、ペットに対する感覚

ペットを室内で飼うか、室外で飼うか。将来的に、どの程度の数のペットが欲しいのか。ネコ派かイヌ派か。ペットは家族の一員なので、意外にこのペットに対する感覚や希望が合わないとストレスになります。

ペットとの関わり方というのは、その人が幼いころからどのように動物と接してきたかということがすごく影響するので、普段の会話の中でもペットに対する今までの関わり方や将来像を話し合っておくことが大切でしょう。

家計のやりくりはやっぱり大事!金銭感覚

お金は幸せな結婚生活の十分条件ではないけれど、必要条件ではあります。お金に対する考え方、何に対してお金を使いどこを節約するのか、といった価値観が共有できていないと、お互いにストレスがすごくたまってしまいます。

残念なことにお金に対する態度というのは、変えようと思ってもあまり変わらないもの、というのが私の印象です。いざ結婚となった時には相手のお金の使い方にちゃんと自分が納得しているかどうか、きちんと考えて、その上で結婚に踏み切るべきだと私は思います。

一番大事だと思われる4項目を並べてみましたが、いかがだったでしょうか?もちろん個々人価値観はそれぞれなので、全てが完ぺきに折り合いをつけることは難しいとは思いますが、「だいたいのところは理解しあっている」ところまではいっておかないと、結婚生活は厳しいものになると思います。

結婚生活は恋愛と違って「生活」という現実の積み重ねなので、ある程度冷静にお互いの価値観をチェックしておくことをオススメします。