後悔のない決断をしよう!幸せな結婚生活を運んでくれる男の特徴

1

結婚にメリットを感じないとする20代〜30代の男女が増えていると言われる中、それでも多くの人が結婚に幸せを求め、永遠の誓いをたてています。

実際の結婚生活は甘いだけのものではありませんから、既婚者の愚痴を耳にする度、独り身の幸福を感じることもありますが、毎年、年を重ねるごとに、結婚や出産という二文字が頭をよぎる・・・なんて女性も多いことでしょう。

今回は、「勢い」や「タイミング」だけでは、なかなか結婚に踏み切れないそんな女性たちに向けて、幸せな結婚生活には欠かせない男性の特徴についてお話したいと思います。

女性のタイプ別にみる幸せな結婚を送れる男性の特徴とは?

3
正直、今の時代、あなたが相手とどのような関係性を築きたいかによって、男性に求めるものは変わってきます。よって昔のように結婚相手に対して皆が同じ条件を求めることは少なくなったのではないでしょうか。

仕事を続けたい女性、専業主婦になりたい女性というシンプルなものから、男性に家事の分担を求める女性、経済力を第一と考える女性など。それぞれのスタイルによって、結婚相手に求めることは随分違ってきます。

お互いのバランスをうまく保つために、それぞれの女性別にうまくいく男性のタイプを見ていきたいと思います。

我が道をゆく!バリキャリ女子には・・・

収入はよくないが、母性が強く、女子力が高いタイプ

このような男性は、高収入を得ることができるバリキャリ女子にぴったりのパートナーとなるでしょう。キャリアやお金への執着は低いが、家事能力などの女子力が高く、男女の逆転に抵抗を感じないタイプ。

省エネで堅実な考えの持ち主なので、もちろん将来設定は頭にありながらも、あまり欲にとらわれないスローな考えの男性。男らしさや、ガツガツ感は求められないが、その分、安らぎという名の幸福を与えてくれる相手にはなります。

キャリアには興味なし!主婦になりたい結婚願望のかたまり女子には・・・

家事はノータッチ!安定した経済力を保てるタイプ

専業主婦を選ぶとなれば、経済的に男性に頼らざるを得ず、今後、子供を持つことなどを考えれば、男性にそれなりの経済力があることが必要でしょう。

男性が多忙なため、家事などの一切はすべて女性が引き受けることになりますので、その面をどう捉えるかが幸福度に大きく影響するかもしれません。

しかしながら、キャリアなどに未練もなく、自己実現といった類いについてもそれほど関心がないとするとすれば、至ってシンプルな幸福な形を求める女子のタイプかもしれません。よって男性側も男としてシンプルに経済力を保つことが最優先事項となるでしょう。

今の仕事は続けたい!すべてにフェアを求めたい女子には・・・

まさに草食系!マメで器用な男友達タイプ

友達タイプの夫婦という表現がふさわしいかわかりませんが、要はお互いそれぞれ経済的にも自立しており、ライフスタイルなどの考えも共有できるパートナーシップを築けるような男性がよいでしょう。

各々の時間、また二人で過ごす時間を大切にしたいという考えが根幹にあるケースが多く、自立した男女として対応な関係を根底に持つため、男性が家事や育児の役割分担が必要。男性には高収入より、安定性と低リスクが必要かもしれません。

それでもやっぱりいざと言う時、助けられる男性の特徴

4
それぞれの女性の特徴に合わせて、男性のタイプを挙げてみましたが、それでもやっぱりどんな状況でも持ち合わせていたら、女性がとても幸せになれる男性の特徴とはどのようなものか見ていきましょう。

最低限の家事ができること

あなたに何か起きた時など、料理も全くできず、家事一切ができないとなると、非常に辛いものがあります。自分のことくらい自分できちんとやれるという自立心が男性側にあれば、結婚生活も随分負担も軽く、助けられるものになるでしょう。

困ったときに向き合ってくれる強さがある

話を聞かない、都合が悪くなると逃げる・・・。男性のよくある行動かもしれませんが、困った時に、面倒がらず、向きあい、話し合いができるということが夫婦間でいかに大切なことか、結婚生活を過ごすにあたり感じることになるでしょう。

相手を尊重できる優しさや思いやり

夫婦は二人で一つなんていう表現はありますが、所詮他人が二人ともに生活をすることに過ぎません。時間とともに薄れる男女の恋愛関係は、家族愛へと変化していくものではありますが、それでも相手をひとりの独立した人間として尊重し、思いやる気持ちを持てることは、二人の良好な関係を継続する為に、とても大切なものです。

愛情を示してくれること

女性は、嘘でも「キレイだよ」と言われるだけで満足な生き物ですし、あえて言葉に出し、行動で示すことは、女性が愛されていることを全身で感じることができ、さらにはキレイでありたいと思う原動力にもなります。

つくづく思うのは素直に感情を言葉にすること。このような愛情表現はある意味、結婚生活で幸福度を高めるマジックであるように思います。

焦りは禁物!時間をかけても巡り会いたい結婚相手

2
結婚には適齢期があるように言われますが、それはやはり人それぞれです。もちろん将来子供を持つことを考えれば、女性にはリミットは存在します。

しかしながら、現代ほど選択肢も多く、自分を満たすものがあふれていれば、なかなか結婚という縛りのある生活を選びことを躊躇しますし、安易に選んだところで、己れの未熟さがゆえ失敗することもあります。

結婚とはそれなりの覚悟が必要になるわけですから、結婚の二文字に焦って、後々後悔するなんてことがないよう、男性をしっかりと見て、一体自分はどのような結婚生活を望んでいるのかを考えてみるのもいいかもしれません。

多少婚期が遅れたとしても、年を重ねたからこそ得られる幸福も確かに存在しますから、適齢期にこだわらず、自分にとっての幸せを運んでくれる男性を探してみましょう。