大好きな彼氏とのケンカ!円満に仲直りするための対処法7選

大好きな彼氏とのケンカ!円満に仲直りするための対処法7選のイメージ画像

彼との付き合いが長ければ、それだけ慣れ合いにもなるし、言いたいことも言い合うし、時にはケンカになることもあるでしょう。大好きな彼氏が相手でも、よくある状況なんです。

でも、仲直りの仕方って意外に難しいですよね。ケンカのきっかけ、原因など、状況によってわだかまり方も様々ですからね。つまらないケンカが原因で別れることになるケースは多いのも事実。

後悔しないためには、「大好きな彼氏とどうしても仲直りしたい」という気持ちが大事です。そこで、悩める女性のために、彼氏との仲直りのコツ、対処法をお教えしましょう。

1.ケンカの原因を思い返してみる

彼氏の地雷を踏んで怒らせたのなら、その場で謝って彼の頭が冷えるまで辛抱するのが鉄則ですが、ケンカに発展してしまったのなら話は別です。

お互いがカッカしていてはその場で終息させるのは難しいですから、一人になって、どういう経緯でケンカすることになったのか、冷静に原因を思い返してみるといいでしょう。

原因がわからなければ対処の仕様がありません。ですから、仲直りのためにはこれが最も大切な工程になるんです。

まずは、相手の言動からばかり究明しようとせず、自分の言動と交互に探っていきましょう。原因を思い返すコツは、記憶の新しい部分から遡っていくことです。例えば、こんな感じです。

私が○○○と言った。なぜなら彼が□□□と言ったから。
彼が□□□と言ったのは、私が△△△と言ったから。
私が△△△と言ったのは、彼が×××と言ったから。

思い返しながら分析すれば、「彼が腹を立てたあなたの言葉」、「あなたが腹を立てた彼の言葉」、このそれぞれが浮かび上がってくるはずです。

もし、あなたが彼の機嫌を損ねる発言に思い当たらないのなら、次のポイントを参考にもう一度思い返してみてください。

  • 「ダメだなあ」「ダサい」「バカじゃない」など、彼のプライドを傷つける言葉
  • 彼の趣味、趣向について否定的で、けなすような言葉
  • 彼の交友関係や、特定の仲の良い友人を悪く言うような言葉
  • 彼とほかの男性を比較するような言葉

知らず知らず意外な言動が彼の機嫌を損ねて、他愛のない会話が徐々にケンカに発展することもあります。思い当たる言動があったなら、彼に後日謝ることとして頭にとどめておきましょう。

2.冷却期間をおいてみる

あなたの言動が発端であったにせよ、彼の言動が発端であったにせよ、ケンカの後には冷却期間をおいてみるのも一つの方法です。

彼もあなたもケンカの直後に連絡は取りにくいでしょうし、どのみち音信不通の状態になるでしょうから、その間に頭を冷やして冷静になることです。

男性の場合は、仕事など日頃のストレスから機嫌が悪くなり、ちょっとしたことで腹を立ててケンカの原因になることが多々あります。その場合にも冷却期間は有効です。

初めのうちはお互いに意地を張っていても、本当に好きな相手であれば、時間とともに寂しさが募っていくはずです。きっと彼も同じ思いでしょうから、意外に彼の方から連絡してくるかもしれません。

3.メールやLINEで様子をうかがう

何日間か冷却期間をおいて彼からの連絡がないようなら、あなたの方からメールやLINEを使って様子をうかがってみましょう。

あくまで様子をうかがうことが目的なので、長々と言葉をつづる必要はありません。「あれから元気にしてる?」「もしかして、まだ怒ってる?」程度の内容でいいんです。

彼からの返事があったら、それがどのような内容であっても、あなたから謝りましょう。それもほんの一言でかまいません。くどくど蒸し返すのは逆効果ですから「こないだは、ゴメンね」くらいがいいでしょう。

4.男性は子供、女性は大人

女性のあなたには、日頃から意識しておくべき男女の違いがあります。それが、男性の幼児性です。何歳になっても男性には子供のように幼稚な性質があります。

ちょっとしたことでも腹を立てたり、意地を張ったりするのは、女性であるあなたへの甘えの意識でもあります。ケンカの原因が自分の方にあるとわかっていても素直になれません。

そこで女性のあなたが大人として振る舞えれば、仲直りへの道のりはずっと近いものになるはずです。ここは自分の感情を抑えて、こちらから歩み寄ってみるのが解決への近道になる可能性が高いと言えます。

5.悪かったことは素直に謝る

ケンカの原因は、どちらか一方だけが悪いと言い切れない場合が多いものです。ケンカの原因を自己分析して、自分にも悪い部分があったのなら、それについては素直に認めて謝ることが大切です。

先に述べたとおり、男性は子供のようなものですから、なかなか自分からは謝ろうとしません。そこで、女性の方から「ごめんなさい。私も悪かった」と言葉で伝えることです。

そうすれば、よほどのことがない限り、彼の方からも歩み寄ってくるはずです。ここで間違ってもしてはいけないのが「でも、あなたにも悪いところがあった」のような追求をすることです。

余計な言葉を続けることなく、かれからの返答を待ちましょう。意地を張っていても、彼の方だって仲直りしたい気持ちは一緒のはずです。そのきっかけを作ってあげることで、きっと素直な気持ちを返してくれるはずです。

6.仲直りしたら空気を変える

さて、とりあえず仲直りができたところで、まだ何か硬い雰囲気が残ったりしますよね。ケンカの後にはどうしても重たい空気が漂うものです。

そんなときには二人の気持ちをリフレッシュするためにも、あなたの方からアクションを起こすことです。たとえ無理してる感がいっぱいでも、話題をまったく別のことに移しましょう

おすすめなのは「ああ、安心したらお腹へったよお」と言って、半ば強引に彼を連れ出すことです。これまで辛かった気持ちをちょっぴり伝えつつ、あらためて甘えることもできるんです。

7.会うときは険悪さをなくす努力

なんとなく仲直りする方向にはなったものの、お互いにまだ釈然としない気持ちを残したまま再会することになった、なんてこともありますよね。

こんな場合にも大人な女性の力を発揮することがスッキリへの近道です。子供な彼はきっとケンカの余韻を引きずっていますから、すぐに以前のように振る舞うなんてできないでしょう。

もちろん、あなただって同じ気持でしょうけれど、ここは努力して乗り越えなければいけません。まずは明るく「この前は、ごめんね」と短く謝りましょう。状況によっては、それすら必要ありません。

彼がギクシャクしていようとも、かまわず以前と変わらない態度で接することが理想的です。仮にまたケンカの話がぶり返されるようでも、笑顔で余裕のある気持ちで、彼の話に耳を傾けましょう。

彼が理屈屋で、納得のいくまで話したいというなら、決して声を荒らげたりせず、落ち着いて自分の気持ちを丁寧に伝えることが大切です。

辛抱することが信頼につながる

ここまで読んでくれた方は、辛抱するのは女性の方ばかりで、ずいぶんと負担が多いと感じることでしょう。しかしこれも、大好きな彼との仲直りを目的とすればこその辛抱なんです。

これらは決して、一方的に彼に譲歩するということではなく、彼からの信頼を勝ち取るための手段です。ケンカをしてもケロッとしてくれる、何でも言いたいことを言い合えるという安心感を与えるんです。

男女ともに言えることですが、最終的には『お互いの居心地の良さ』を求めるものです。とくに男性はそう考える傾向が強いと言われます。

くよくよと考えがちな男性に対して、まずは女性の方から手を差し伸べることで、男性からの信頼を得られます。これが「大切にしたい女性」だと思われるためのヒントであるとも言えるでしょう。