素直になれない貴女へ!喧嘩した彼と仲直りするとっておきの方法

素直になれない貴女へ!喧嘩した彼と仲直りするとっておきの方法のイメージ画像

「彼氏とまた喧嘩しちゃった」「何ですぐに喧嘩になっちゃうんだろう」とお悩みの女性はいませんか?

その喧嘩の原因はもしかしたらあなたの態度によるものかもしれません。

喧嘩の火が大きくならないうちに、彼とできるだけ早く仲直りする方法をお話したいと思います。

やっぱり大切なのは距離感!一度時間を置いてみる

shutterstock_123520309

「少しでも早く仲直りしたいのに、距離や時間を置けってどういう事なの!?」と思われるかもしれませんね。

距離や時間を置くと言っても何週間や何か月も置いて下さいと言っているわけではありません。たとえ数時間でも数日でも、とにかくお互い冷静になれる距離と時間を作って下さい。

焦って早く仲直りしようと、彼に必死で謝罪しても彼にその気持ちが伝わらない事も多いです。それは、彼自身も自分の気持ちが整理できていないのに、貴女の謝罪を受けとめられる心の準備ができていないのです。

仲直りを早くしたいがために焦れば焦る程、かえって彼との仲直りを遠ざけてしまいます。

弱気になってはダメ!仲直りできると自信を持つ

彼とできるだけ早く仲直りするためには、お互い冷静になって自分の気持ちや考え、相手の気持ちなどをじっくり考える事が必要です。そのために、時間や距離を空ける事は必要なのです。

早くしないとますます悪い事になってしまうかもと、そんな風に不安に思ってしまうかもしれません、あるいは、その間の彼の態度や言動が気になってしまうかもしれません。

しかし、そんなものは一過性のものにしか過ぎません。上手く仲直りできれば、喧嘩を乗り越えて二人の関係は更に強くより良いものになるでしょう。

そのためには、目の前の事に囚われて焦るのではなく、何があっても絶対に彼と仲直りできるという自信を持つ事が大切です。この自信さえもてば貴女は冷静に判断できるようになり、彼との仲直りにも近づくでしょう。

それから、喧嘩の根本的解決を目指している人にはちょっと不満かもしれませんが、とりあえず難しい事は飛ばして仲直りしたいと考える人には、彼をそっとしておくのは効果的だと思います。

何故なら、男性の中には喧嘩をした時にほとぼりが冷めるまで女性を放置するという考え方の人もいるからです。喧嘩の原因や解決の話をする事を避けたがります。

小難しい事が苦手なんですね。彼女の方は喧嘩して色々悩んでいたのに、彼の方から何事もなく連絡が来たという話もよくあるケースです。

急がば回れということわざのように、僅かでも時間と距離を空ける事が仲直りへの近道です。

喧嘩した原因を考える

shutterstock_186647474

では、彼と距離と時間を置いている間に、貴女はまず何をするか…それは、何が原因で喧嘩になってしまったのかをよく掘り下げて考えてみましょう。

何に対して怒ったのか

例えば、彼の連絡の頻度が少なくて、それを貴女が不満に思って彼に話して喧嘩になってしまったとします。その時に、貴女は彼と喧嘩をしたい、彼に不満をぶつけて彼を不快にさせたいなどそういう気持ちはなかったですよね?

欲を言えば、自分がしてほしいように彼が連絡くれたらなあという気持ちはあるかもしれません。でも根本的には、彼から連絡が来なくて寂しい不安などそういう気持ちを彼にわかってもらいたかっただけのはずですよね。

つまり貴女は、彼に対して怒っているわけではなくて、彼に自分の気持ちをわかってほしい余りに感情的になってしまったわけです。

そして彼も、貴女に対して怒っているわけではなくて、貴女の気持ちを受け止めきれない自分に対する憤りや、貴女の本意がわからずただ責められているのではないかという気分で感情的になってしまうのです。

それはどのような原因での喧嘩の場合も同じです。確かに価値観の違いでぶつかる事も多いですが、喧嘩にまで至るには感情的なぶつかり合いが生じる事がほとんどです。

喧嘩になるのは、相手にわかって欲しいという気持ちがお互い強すぎるから起こるのです。感情のぶつかり合いなので、仲直りするためにはその感情の動きをよく考えてみる必要があります。

では何故、彼にもっと連絡が欲しい、寂しいと伝えているだけなのに喧嘩になってしまったのか…そこをよく考えてみましょう。

彼が短気で、「じゃあ俺が悪いのか?」となってしまったり、「これ以上無理言うな」と貴女の態度に彼が呆れて、それに貴女が反応してしまい喧嘩になったなど色々あると思います。

でも基本的には、最初が肝心です。大抵喧嘩になる場合のほとんどが、伝え方捉え方に問題があるからです。

伝え方捉え方を見直す

特に素直になれない貴女は、そういう自分の伝え方をしっかりと見つめ直す事が必要です。

自分が素直になれないあまり、その分彼にわかってほしいと期待をし過ぎて、負担をかけてこなかったかなど思い当たる事はありませんか?それが積りに積って、彼と衝突する原因になってしまったという事も充分に考えられます。

貴女が彼に不満を伝える時は、彼に対してわかって欲しいという気持ちが強すぎる余りに、彼が責められているという捉え方をしてしまうような伝え方をしていませんか?

あるいは、彼が貴女に不満を伝えた時に、彼の本意をよく理解しようとせずに、彼の表面上の言葉に反応して感情的になってしまうような捉え方をしていませんか?

自分のそのあたりを、よく見直してみて下さい。彼が一方的に感情的になって、喧嘩になってしまったという女性もいらっしゃるかもしれません。でも喧嘩は一人ではできません。

貴女の伝え方捉え方次第では、喧嘩を避ける方法はいくらでもあるのではないでしょうか?仲直りするためには、同じような事が原因で喧嘩を繰り返さないようにする事も大切ですよ。

仲直りにはお互い準備が必要

shutterstock_115061443

ここまでお話した中で、貴女は喧嘩の原因や、自分と彼の気持ちなど色々と冷静に見られるようになってきたのではないでしょうか。

繰り返さないために素直になる

また、仲直りするためには、喧嘩の原因となった伝え方や捉え方をよく考えるという事が大切だという事もわかっていただけたと思います。時間と距離を置いた事で彼自身も冷静になれて、貴女と話をする余裕が出来てきたのではないでしょうか。

そうなると、仲直りの準備は整いました。後は、貴女から彼に接触を試みるだけです。素直になれず自分からは行けないという貴女は、もう一度よく考えてみて下さい。

同じ事を繰り返さないためには、自分を見直さなくてはいけない事や、そして、自分を変えていかなければいけない事を…

まずは簡単なメールから

自分から彼に連絡するならば、まずはメールがいいと思います。ただし、ここで気をつけていただきたいのは、男性のほとんどは長文のメールを苦手とする傾向があります。

特に喧嘩のあとに相手から送られてくるメールなどは、あまり良い内容ではないのではないかと疑って、あまりメールの内容に目を通さないという事もありえます。

あくまでも、メールの内容はできるだけ簡単にした方がいいと思います。

「この間は感情的になってごめん、あなたが落ち着いてからでいいから、話せたら嬉しい」など、簡単な謝罪と彼に対する配慮を添えてあげてはいかがでしょうか。

勿論、メールに彼から気持ちを伝えるような長文の返信があって、仲直りできそうならばそのままメールでも構いません。ただ、大切な事は会って直接話した方が効果的だと思います。

メールよりも直接話すほうが、自分の本意がよりわかりやすく相手に伝わります。特に伝え方や捉え方を見直した貴女ならば、彼に上手に伝える事ができるのではないでしょうか?

彼とできるだけ早く仲直りするためには、冷静になって自分の気持ちを整理する事や彼にも考える時間を与えてあげる事、そして自分と彼の気持ちを上手に伝える捉える事が大切です。

彼と笑いあって過ごせる日々が、貴女にまた来る事を願っています。