喧嘩するほど仲が良い?仲良しカップルの秘密は仲直りの仕方!

839

どんな仲良しカップルにも喧嘩はつきものです。喧嘩するほど仲が良いとは言いますが、仲良しの秘密は喧嘩する事ではなく、喧嘩した後の仲直りの仕方にありました。いったいどのように仲直りすれば仲良しカップルになれるのでしょうか。

仲直りのタイミング

shutterstock_275073494
仲直りは出来るだけ早くしましょう。とはいえ、喧嘩した直後は口も聞きたくないし、顔さえも見たくないほど怒りが心頭していることもあります。

怒ったまま何か別の予定をこなしたり、怒って帰ってしまったり、最終的に睡眠に逃げてしまってはいけません。イライラが続くと本来の怒っている理由とは関係ない相手の嫌なところや腹が立った出来事を連想し、イライラを雪だるま式に大きくしてしまいます。

そうならないためにもできるだけ早く、せめてその日のうちには何かしらの仲直りのアクションを取っておくことが大切です。


仲直りのアクション

shutterstock_185767937

仲直りするためには謝ることです。「ごめんなさい」ということです。幼稚園で学ぶようなことなのですが、これに勝る仲直りのアクションはありません。

ただし「ごめんなさい、私が悪かった。」でストップしてください。「・・・でも~」と続けると相手を責める言葉があふれて更なる喧嘩が勃発します。

逆に相手が「ごめんなさい」と謝ってくれた時は「いいよ。私のほうこそごめんなさい。」と返してください。間違っても「そうよ、~」と相手の非を責めたててはいけません。

喧嘩するたび仲良くなるために

shutterstock_186774263

喧嘩別れという言葉もあるように、喧嘩には負のイメージがつきものです。できれば避けたい喧嘩ですが、喧嘩の後の対処と仲直りの仕方次第ではメリットも生まれます。

喧嘩の原因を分析する

「ごめんなさい」とは言ったものの、心の中はまだ怒りに満ちていたり、嫌な気持ちのままであることは少なくありません。なぜ怒ったのか、なぜそんな気持ちになっているのか冷静に分析してください。

喧嘩中に不満をぶつけていてもそれは相手を傷つける攻撃にしかなっておらず、不満の内容や、どうして怒っているのかが正確には伝わっていないことが多いのです。感情的にならずに、一度問題を冷静に分析してみてください。

穏やかな気持ちになって伝える

「私は、あなたが○○したことに対して怒ったの。私は○○されるとすごく嫌な気持ちになってしまうの。だからこれからはこういう時には△△して欲しいと思う。」という具合に穏やかに話しましょう。

案外、きちんと説明なければ、相手がなぜ怒ったのか、どこに腹を立てているのか、どうして欲しいのかわからない男性は多いのです。女心はわかってもらえないのです。言わなくてもわかってくれる人はそうそういないのです。

怒った原因と、理由そして解決策まで提示してあげる、そこまでするくらいのおおらかさをもって伝えましょう。

喧嘩をきっかけに成長する

嫌なことがあるとつい感情的になって喧嘩になってしまうものです。でも原因と理由、そして解決策を優しく提示すれば、相手は理解してくれ、その後は実践してくれるものです。

これを繰り返すうちに、お互いがお互いを理解し、嫌なことはもう繰り返さなくなり、お互いに成長できます。

喧嘩するごとに愛が深まる

この方法で仲直りすることによって、相手の嫌な部分をうまく矯正していけます。より自分好みの男性に育てていけるとも言えますし、逆に彼の指摘を素直に受け入れていけば、彼にもっと愛される自分にもなれるのです。

喧嘩をしない仲良しカップルにもなれる

shutterstock_123744373
喧嘩を繰り返していてもこのように仲直りすることを繰り返していたら、そのうち、自分の感情も冷静にコントロールできるようになります。

感情的になって相手を傷つけてしまう喧嘩をする前に、嫌な気分になる原因と理由と、どうしてくれたらうれしいのかを伝えることができるようになります。
些細なことでの喧嘩はほぼなくなってゆくでしょう。

相手は自分とは違う人間なので相手の行動にイライラすることもあるでしょう。自分ではわからない理由で相手をイライラさせてしまっていることもあるはずです。喧嘩の仲直りの基本は「ごめんなさい」ということ。そしてきちんと喧嘩の原因と怒った理由、今後はどうして欲しいのかを穏やかに伝えること。相手を理解する努力をし、改善できるところをその都度よくしてゆくこと。それが仲良しカップルの秘密です。